スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

お酢ドリンク、キタ―!@北京 

中国の南方でレストランに行くと、リンゴ酢ドリンクを置いてある店が多い。
コーラやスプライトよりはリンゴ酢ドリンクのほうが健康そうなイメージがあるので、これがある時にはオーダーしている。

わたしはアルコールが飲めないため、レストランではいつもソフトドリンクメニューを見るのだが、リンゴ酢ドリンク、北京ではあまり見かけない。
ゼロではないが、わたしの経験的に言うと、ほぼ無い。

南方ではリンゴ酢ドリンクはポピュラーなようで、3年ほど前でもスーパーでお手軽な値段で各種売られていたが、当時北京のスーパーでは見たことが無かった。
2年ほど前から置いてあるスーパーも出だしたが、値段が高く、200mlほどの瓶入りで5~6元のものや、350ml程度で20元ほどのものしかなく、風呂上りにゴクゴク飲みたいわたしとしては、これはちょっと高くて買えないなぁ、という商品であった。

しかし。

南方で流行るものは、しばらくすると北方にも来る。

わたしは待った。

そして・・・とうとう・・・

キターーー(・∀・)ーーー!!





090423_guocu(1).jpg 
華邦 果醋爽
(“醋”は「酢」の意味)
[リンゴ酢飲料]
750mlで6.8元ぐらい

他のドリンクと比べたら多少高いかもしれないが、リンゴ酢が入っているのだからあんまり安くても、逆に怪しい。
750mlで6.8元ならまぁ妥当な値段であろう、ということで購入してみた。

飲んでみたが、美味しかった。
変わった味のものは好まない相棒も、「うまい。」と言って飲んでいたぐらい、普通に美味しい味だ。
量も多いので、良く冷やして風呂上りにゴクゴク飲める。
これの登場を待っていたのだ。

実はこのジュース、全部で4つの味で展開している。
最初は一番無難そうなリンゴを買ったのだが、美味しかったので他の味も試してみた。

090423_guocu(2).jpg 
左:パイナップル味
中央:サンザシ味
右:レモン味

まず、これはまずはずれないんじゃない?というパイナップルから試飲。

うん、美味しい。
パイナップルの甘さとお酢のさっぱり感が喧嘩せず、上手く共存している。
相棒も、「旨いじゃん。」と言っていたので、たぶん万人向き。

次に、レモンを試してみた。
酸っぱいレモン+お酢って大丈夫かな?と思っていたのだが、それほど酸っぱくもなく、むしろさっぱりしている。

最後にサンザシ味。これは日本人にとってはあまり馴染みの無いドリンクの味なのでどうかな?と思い、最後に飲んでみた。
たしかにサンザシの味がするが、それほどしつこくも無く、お酢でやはりさっぱりしている。
これも、相棒の「旨い。」が出たので、万人向きの味だと思う。

・・・ということで、このシリーズ、ハズレ味は無い。(と思う。)

敢えて好みでランク付けするとすれば、1.リンゴ酢、2.パイナップル酢、3.レモン&サンザシ、といったところか。あくまでもわたしの好みだけど。

汗をだらだらかくような天気になってきたら、キンキンに冷えたお酢ドリンクでシャッキリ!するのもいいかもしれない。

ちなみに、発売元は「楽天華邦(北京)有限公司」(北京市平谷区)という北京の会社。
“楽天”は中国語では“ロッテ”。
やっぱり、こういう新しいドリンクを出すのはロッテとか、そういう“外の目線”が入った会社なのかな?

+++

当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

+++

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/435-8b022663

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。