スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《二月二春餅・家常菜》@北京 

《二月二春餅・家常菜》。

090328_2yue2

 気になるこの名前。

ずっと前から行ってみたかったのだが、何故か行く機会がなく、暖かくなった土曜日(28日)のお昼、ようやくここへ食べに行ってみることにした。

店の名前が「二月二」。

これは“春餅[chun1bing3]を食べる日に由来している。
春餅とは小麦粉をクレープのように薄く焼いたもので、この中に具を包んで食べる。

中国では、春餅は立春に食べるのもとされていて、立春に春餅を食べることを「咬春[yao3chun1]と呼ぶ。(今年の立春は2月4日)

もう1回春餅を食べる日があり、それは旧暦2月2日で、この日は「龍抬頭[long2tai2tou2]:(龍が頭をもたげる日)」と呼ばれ、この日に春餅を食べることを「吃龍鱗[chi1long2lin2]」と呼ぶ。

龍は雨を司る神で、龍が頭をあげると雨が降り、この一年良い天候に恵まれ、豊作になると信じられてきたため、この日を祝う習慣がある。

以上、お店の名刺の裏に書いている“春餅”の解説より。 

また、春節からこの日までは男性は髪を切ってはいけないらしく、旧暦2月2日は理容院が混むらしい。

今年の「龍抬頭」は2月26日であった。
わたしは「食の歳時記」という会に参加しており、これは何をする会かと言うと、中国の歳時記に合わせた食を楽しむ会であり、「龍抬頭」の日もメンバーの皆さんと春餅を食べに行った。
ただ、26日当日はお店が混むであろうということで、前日の25日に鬼街の春餅屋に行ったわけだが、その後デジカメのメディアがクラッシュし、画像が消失してしまったため、今回、そのリベンジとして、春餅をUPしたい。
(前回は人数も多かったので具材も豊富だったけど、今回は2人で食べたので、具が少ないのが残念!)

・・・ということで、「食の歳時記」食事会時に出たウンチクなども交え、春餅のご紹介。

090328_2yue2  (4) 
春餅
5枚入り8元
他に“精品春餅(特製春餅)”もあって、
そちらは5枚入りで14元。
何が“特製”って、春餅に紫などの色が付いているだけ。
2人では足りなかったので、もう1皿お代わりをした。
5枚で8元って、結構強気のお値段。
味は美味しいので、文句は言わないけど。

090328_2yue2  (2) 
百年老湯醤肘子[bai3nian2 lao3tang1 zhou3zi]
豚のもも肉の醤油漬け
16元

醤油漬けの肉を薄くスライスしてある。
これ、すごく美味しかった!
これだけ食べても美味しいし、春餅に他の具と一緒に巻くと味に深みが増して更にGood!

090328_2yue2  (3) 
酸菜粉絲[suan1cai4 fen3si1]
白菜の漬物と春雨の炒め物
14元

酸菜とは中国の主に東北地方で作られている漬物の一種。
冬場に野菜が無かった時代、秋に白菜を大量に買い、発酵させて漬物にしていた。出来た酸菜は鍋や炒め物、スープ、餃子の具などに使う。
瀋陽時代、よく酸菜の鍋を食べた。
酸菜粉絲は粉絲が酸菜から出た汁を吸っていて大変美味。

090328_2yue2  (9)
肉炒扁豆絲[rou4chao3 bian3dou4si1]
豚肉とインゲンの細切り炒め
14元

こちらのインゲンは味が深くて大変美味しいので良くオーダーするのだが、このお店のインゲン炒めはインゲンが細切りになっていて、それがとても美味しかった。
普通はもっと大きく切ってあるのだが、春餅に巻くために細切りにしてあるのだと思われる。

090328_2yue2  (5) 

090328_2yue2  (6) 
春餅の巻き方
具を置く。具は何でもよい。
本当はもやし炒めなどが定番らしい。
もやしが龍のヒゲを表しているらしい。

090328_2yue2  (7) 
春餅は北京ダックのように包まないで、このように細長く巻く。
この細長い形が「龍」を表現しているという。


090328_2yue2  (10) 
食器はこのような衛星管理されたセットの食器。
1人2元取られる。

090328_2yue2.jpg 
店の中はこんな雰囲気。
奥に背もたれのついた6人がけのソファー風席と宴会用の個室がある。
ちなみにトイレも綺麗な方だと思う。
トイレの横に手を洗う場所もあるので、春餅を巻く前に手も洗える。

なんでもっと早く行かなかったんだろう!と、後悔するぐらい、美味しいお店だった。
北京ダックや手巻き寿司もそうだけど、作業が入る食事って楽しいんだよね。
春餅の生地自体美味しかったのだけど、具を数種類ミックスして巻いて食べるのがまた楽しい。
なので、大人数で行って、いろんな具を頼んで、少しずつ入れて巻き巻きするのが楽しい食べ方だと思う。

+++

【二月二春餅・家常菜】
(朝陽公園店)
朝陽区朝陽公園西門南側20号
Ph:010-6460-5986

もう1店舗あるようなので、書いておきます。

(工体店)
朝陽区工体南路吉祥里207号
Ph:010-6552-1440

+++  

【お知らせ】

4月11日に第10回北京ブロガー交流会(Be-BloggersVol.10.0)を開催します!

ブログを書いている方、mixi日記を書いている方、ブログを読んでいる方、
どうぞ、御参加下さい!
(初参加大歓迎!)

詳細はこちら参照

+++ 

 

 

 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

春餅を食べたのは10年前

結婚してまだ子どもがいなかったとき、中国美術館の近くで食べたことを思い出しました。「春餅って知らないだろう?」って。★明太子をZさんにいただき、ともこさんのとこにTBしました。

>みどりさん

「春餅、瀋陽で良く食べましたが、最近北京で食べるのは皮が美味しいように感じます。というか、5枚8元なら美味しくないと怒りますが。明太子、TBありがとうございます!また補給しに行かないと!


美味しかったっす。www

遊びに来ました♪

先日、望京でご一緒させて頂いた者です。(タクシーに便乗させてもらった・・・。)

偶然、私もここのお店で同じメニューをオーダーしました(笑)写真がお上手に撮れていて、私も見習いたいです~!

>ダーシーさん

ここ、気になるけどなかなか行かないお店ですよね!
ホント、美味しかったので、たぶん近いうちにリピートすると思います。

>LeMYさん

先日は遠い中&寒い中、お疲れ様でした!
LeMYさんも激しく食べ歩いていらっしゃるようですね。
美味しいお店情報、また教えてください!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/406-05503424

二月二春餅・家常菜で巻き巻き in 中国北京

お店の前を通るたびに行きたいと思いながら、一向に行く機会がなかった(行こうとしなかった?)二月二春餅・家常菜。 結構前にフリーペーパ...

  • [2009/03/31 01:47]
  • URL |
  • 北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog) |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。