スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《葉桜の季節に君を想うということ》/本の選び方 

面白い本が無いかな?と思ったとき読んでみるのが『このミステリーがすごい!』第1位になった本。

この前一時帰国した際に買ったのが2004年このミス第1位で文庫本になっていた『葉桜の季節に君を想うということ』(歌野晶午著)。

結論から言うと、ヤラレタ!って感じでした。

ミステリーなので具体的なことが書けないのが残念なのですけど、本の後に書いてある「あらゆるミステリーの賞を総なめにした本作は、必ず二度、三度と読みかえしたくなる究極の徹夜本です」という説明は大袈裟ではありませんでした。

この本がどうして“あらゆるミステリーの賞を総なめにした」か、実は3分の2ぐらいまではわからなかったのです。まぁ、普通じゃん!って感じで。

しかしながら、後半の追い上げはスゴイです。まぁ、それぐらいしか言えないので、騙されたい方は一度読んでみてください。

次は一緒に買ってきた同じ著者の『世界の終わり、あるいは始まり』を読む予定。楽しみです。

 

+++

わたしのミステリー読書歴はそんなに長くも深くも無いのだが、気がつくとミステリーというジャンルの位置付けが変わりつつあるように感じる。

ちょっと以前のミステリーと言えば、西村京太郎とか山村美沙と言った、火サスの原作的な内容、列車の時刻表を使ったトリックだとか温泉場での殺人といったものがメジャーだったように思うが、個人的には宮部みゆき、高村薫あたりから社会問題をテーマにしたミステリーが主流になり、本のジャンルの中での位置付けが純粋な娯楽から社会問題を取り上げた作品、という位置にある種“格上げ”されたように感じている。

もちろん、古くは松本清長が社会問題を取り入れたミステリーを書いているが、テーマが大きすぎて身近に感じる話題ではなかったのに対し、カード破産(宮部みゆき『火車』)、裁判所の競売物件と居座り屋(同左『理由』)、深夜にコンビニの弁当を詰める工場で働く女性たちを主人公にした作品(桐野夏生『OUT』)など、最近の女性ミステリー作家が描く社会はイメージがしやすい身近な出来事がテーマで、しかも登場する人物がリアルで身近だ。

という気がしていた中、歌野晶午という作家は男性だけどこういうことをテーマにするんだな、と、なんだかハッとしたのだった。(と書いてハッとして文体で勝手に男性と思っていたけど実は・・・と思い調べてみると、やっぱり男性だった。)

・・・で、検索ついでに歌野晶午という作家を少し調べてみたのだが、新人ではなかった。(ミステリーに詳しくないので・・・)

なんとミステリー界における“新本格第一世代”と呼ばれる作家の1人であるらしい。ちなみに、“新本格第一世代”とは、「意識もしくは無意識のうちに古典の復興を目標として置いており、舞台もまた古典的なものを多く用いた。作品は「本格」であるだけでなく、古典的なムードを纏い、古典作品によく見られた小道具や人物設定などが、微妙な変形とともに登場」する作品を描く作家のことらしい。

ミステリーもなんだか難しいのね・・・。そういう難しいことを考えると読めなくなるので、これからも多分「このミス第1位」を目安に読んでいくのだと思う。(サントリーミステリー大賞も目安にしていたのに、中止になったの?残念!)

わたしが本を買うときの目安は「このミス」の他には、Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞作品の本を立ち読みして感触を探るとか、ヴィレッジヴァンガード(本と雑貨を一緒に売っている本屋)で新作でも話題作でもないけど一癖ありそうな本を探すとかしている。

ヴィレッジヴァンガードで見つけた本で今まで読んだ中で史上最高にくだらない作品だった『六枚のとんかつ』はこの本屋に並んでいなければ手に取ることもなかったであろうと思われる隠れた名作である。ミステリー評論界では“とんかつ論争”まで巻き起こしたと言われるほどの“迷作”。この本が受賞しているメフィスト賞も「一作家一ジャンル」と言ってもよいほど個性的な作品を書く作家が多いので、注目している賞である。

来月休暇一時帰国で日本に帰れるので、本屋に行くのが楽しみ☆




スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

懐かしいですね!歌野昌午。

人間の先入観というのがどんなに当てにならず、恐ろしいものかと思いました。
このタイトルの意味が分かる、ラストは最高でしたよね!!!

僕も最近日本から大量に新作の本を取り寄せましたが、ミステリーというカテゴリーでは括れませんが、吉田修一の「悪人」という本がスゴイですよ!!!

おぉ。さすがジウさん、もう読まれていたんですね!そうなんです!自分の先入観に驚かされるんです!

オススメの本、読んでみます!
ありがとうございます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/40-cd43e80f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。