スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

桑の実のおかゆ@北京 

先日、桑の実でジャムを作ったことを書いたが、その後、道端で桑の実売りのおじさんを見かけず、「桑の実、どこで手に入るんだ~!」と思っていた。

桑の実関連記事;桑の実でコンフィチュール@北京 

ら。

市場で発見!

090324 (5) 
籠入りで、1籠15元。
前回道端のおじさんから買ったのは半斤10元で、
この倍ぐらい入っていた。

…と思ったら、京客隆でも発見!

090324 (6) 
桑の実は中国語で「桑葚(sang1shen4)」
スーパーでは1斤当たり36元の価格で売られていた。
やはり割高は割高だけど、
ちょこっと食べる分にはこの量で充分。
BHG(SOLANA内)でも売っていた。
「楊梅」と一緒の場所に売っているので、商品タグは「楊梅」になっていたけど。
この時期だけ出てくる桑の実に対する愛が無いなぁ。

「スーパーでは見かけない」なんて書いてしまったが、アリマシタ。

さっそく市場で買って帰り、ウー・ウェン先生の著著『北京のやさしいおかゆ 』に載っていた「桑の実のおかゆ」というものを作ってみた。
(夏のお粥として、「北京の女の子の大人気のお粥の一つです。娘のころは桑葚の季節には、これが土日のお昼の定番でした。」と書かれている。 )

090324 (7) 
今回買った桑の実
(葉っぱが1枚入っているのが可愛い。)

本には、日本では桑の実はなかなか手に入らないので、ラズベリーのおかゆとして作り方が紹介されている。もち米のおかゆを作り、最後にベリーを投入、2~3分煮たら良い、というもの。

もち米のおかゆだと太りそうなので、普通の白米+雑穀のおかゆに桑の実を入れてみた。

090324 (9) 

あんまりフォトジェニックじゃなくて残念だけど、意外と美味しかった。

桑の実があまり甘くなく、おかゆに入れて少し煮ると酸味が出て、その酸っぱさがおかゆとよく合う感じ。
毎日食べたいというものでもないけど、季節ものとして、グリンピースご飯とか、栗ごはんとかみたいに、「桑の実粥」を食べると春が来たんだなぁ・・・そういう季節のアイコンとしての食べ物なのだろう。

なので、わたしもそういう気持ちで食べた。

相棒は気色悪がって食べなかったけど、甘くないので想像しているより美味しい。
あくまでもわたしの味覚での話だけど。(←相当守備範囲広し。)

090324.jpg 
旬のイチゴと桑の実ジャムでダブルベリーヨーグルト♪

+++

桑繋がりで、同仁堂で乾燥した桑の葉(漢方薬の一種)を買ってきて、和えものに入れた。

090324 (8) 
見た目、ただの葉っぱ。
・・・というか、本当に干しただけの葉っぱ。
50g数元(あやふや)@同仁堂

前回の薬膳教室で習った「窩笋豆腐絲(窩笋と豆腐絲の和えもの」を復習。

関連記事;薬膳教室で蛙料理@北京 

これに、習ったレシピ通り、桑の葉を入れた。

桑の葉の効能→「疎風散熱」「清肺潤燥」「平肝明目」。感冒に効き、肺を潤し、肝臓と眼に良いとか。手に入らない場合には、ミントや香菜でも代用可能。

水に戻して使用するので、食べるときには特にもしゃもしゃしたりはしない。

090324 (10) 
窩笋(うぉすん)の食感と、豆腐絲の味が気に入っている

花粉症なのか、風邪なのか、学校でも鼻をすすっている人がたくさんいるので、風邪をうつされないように気をつけなくっちゃ。

+++

090324 (4) 
今年は柳が芽吹くのが早い気がする・・・。
例年は、枝が緑に染まって、だんだん芽吹くのに
今年は急に気温が上がったからか、パーっと芽が出た。
北京は桜は楽しめないけど、柳が一斉に芽吹く姿、結構好きだな。

090324 (3) 
桜は開花したのに、梅はまだこんな感じ。

+++

090324 (2) 
2009年3月21日「京華時報」より。

清明節前に摘まれる緑茶は「明前茶」と呼ばれ、収穫量が少ないので非常に価値があるのだけど。

「呉裕泰」という大手お茶屋さんでは、“西湖龍井”という有名な浙江省の緑茶が
5600元/斤(500g)で売られているらしい。 (5600元:約78,400円!)

5600元/斤って、50gでも560元(約7,840円)!
お茶1杯淹れるのに3g使うとすると、1回のお茶で約34元(約470円)。
お店で飲むならまだしも(いや、1杯34元ってかなり引くけど)、茶葉でこの値段って・・・。

価値があることはわかるけど、ここまで来るとお茶そのものの価値ではなく、ただのブランドと化しているような・・・。完璧贈答用だな。

新茶は飲みたいけど、もっと素朴なやつでいい、というか、素朴なやつが、いい。




スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

桜!

桑の実、そそられますね~。
ところで玉淵潭公園の桜を何年か前に観にいきましたが、けっこう見ごたえがありましたよ。撮影用有料貸し出し和服&和風唐傘(←!?)で盛り上がる女の子達も可愛かったです。
でも、今年は武漢で同じシチュエイションの和服コスプレの女の子達が公園を追い出されるという事件があったそう。玉淵潭公園の貸し出し和服、今年も出るでしょうか?

〉zhaoさん

田中角栄が植えたという玉淵潭公園の桜、3年前だったかな?見に行きました!
北京だと桜と言えば玉淵潭公園になるようですね。
わたしが行ったときも、和服&和風唐傘で女の子たちが盛り上がっていました。
武漢でそんな事件があったんですか。なんでだろう・・・。
玉淵潭公園の貸し出し、今年もやっているのか気になりますね。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/397-f1610bfc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。