スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

鳳凰単叢 冷茶 

鳳凰単叢の冷茶が美味しい、という記述を見つけ、作ってみました。

ポットに茶葉を通常の3倍(15グラムぐらい)程度入れ、茶葉が浸かる程度のお湯を入れます。茶葉の拠りがほどけたら、氷を詰めて溶けるのを待つだけ。



070630_01.jpg

 

出来上がった鳳凰単叢の冷茶は、口に入れた瞬間は苦味が走るのですが、その後なんとも言えない奥深い味が広がり、言葉でうまく表せないのですが、「奥深い」味がしました。



この作り方を書いていた文章には「とろみが濃い」とあったのですが、「お茶なのにとろみ?」と思っていたのだけれど、できあがった冷茶には本当にとろみ、と言ってよいような感触がありました。



070630_02.jpg

 

鳳凰単叢の味を評する時、よく「グラマラス」な味、「フルーティーな味」と書かれていますが、苦味のあとに全く別の独特の味が戻ってくるのがこのお茶の醍醐味だと思います。

特に冷茶にしたときには、しばらく置いておくので苦味が強くなり、熱く淹れるときには苦味はそれほど強くなくグラマラスな味のほうが強くなります。
そういう意味では、熱い方が最初からドカンと楽しめるのですが、湿度も高く蒸し暑い日に、ガンと苦味が走り、直後にグラマラスでフルーティーなお茶の味が蘇ってくるキンと冷えたこのお茶は、目を閉じて味を確認したくなるぐらい美味しいです。

麦茶みたいにがぶがぶ飲むお茶ではなく、舌の上で味を確かめながら楽しむ冷茶です。



+++

可愛い茶器を見つけました353


070630_03.jpg


070630_04.jpg





スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

この記述、もしかして私が持っている本と同じかも・・・。「待つことは大人の愉しみ」ってヤツですよね?!とろみがあるなんて不思議ですね~。

茶器、可愛いです♪ 小さい金魚柄なんてあるんですね~。繊細で素敵e-266

アイスティー

 初めまして、鹿児島在住の関西人、りてんと申します。

 この暑いのに汗をかきかき凍頂烏龍を飲みながらネットを見てたら、とっても涼しげなこの記事に辿り着きました。
 以前、神戸に帰った時に奮発して買った鳳凰単叢があるので試してみますね~。

 この金魚の茶器も凄く可愛いですが、ちょっと前のアモイの記事の携帯茶器セットも良いですね~。
 キャンプで使える携帯茶器を探しているので、私もこんな茶器に巡り遇いたいです~。

ネコバカさん
そうですv-353その本です!
写真も綺麗だし、お茶もたくさん飲み方が紹介されているので、何回も読んでいます!
素敵ですよね、この本e-102

どこのお店も同じ柄の茶器を売っている中、これは可愛いな、と思い、衝動買いです!

>りてんさん
初めまして!
ブログを読んでくださってありがとうございます!アモイで買った携帯茶器の他に、本当に茶杯と蓋碗だけのコンパクトな茶器セットも売っていますよ!(北京でも売っていました)

今後ともよろしくお願いいたします!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/38-18a1de72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。