スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

【過去日記】木船で帰る 

10月6日(金)

長い旅行も最終日。

9時アモイ発の飛行機に乗るので、ホテルを7時ごろ出なくちゃいけないのだけど、電気自動車は8時からだとか。
重いリュックを背負って島半周はちとつらい。
で、フロントのおねぇさん(可愛かった!)に聞いたら、ヴィラの前からアモイ港まで直接船を出してくれるとのこと。

しかも1艘60元で。

電気自動車で移動すると1人30元、その後船でアモイに渡ると1人8元かかるから、船をチャーターした方が安い!
(ちなみに連絡船はアモイ→コロンスは無料、コロンス→アモイの時に1人8元かかる。それにしても10分ぐらいしか乗らないのに8元は高いね)

で、朝フロントに行くと、「木船のお客さんですね」とフロント。

えっと・・・今、「木」っておっしゃいました?

不安な面持ちでベルボーイに付いていく。
船着場には我々が予想していたモーターボートの姿は無い。

1095.jpg


え、まさかその漁船みたいな船?

はい、これでした。
大きな船が横を通ったらざぶんと浪を頭からかぶりそうな木船でした。

危険を感じたので、荷物は操縦席へ入れてもらう。
我々の座っている椅子はお風呂用のプラスチックの椅子みたいな軽いやつでテーブルも可動式。揺れたら海に落ちる。
超危険。


1096.jpg


1097.jpg
問題の木船 椅子もぐいぐい動きます


1098.jpg
朝焼けにくもるアモイの街

1099.jpg
船着場

ま、結局無事にアモイ港につき、その後順調に飛行機の乗り(15分前に出発!)、北京に戻ってまいりました。

1100.jpg
空港に行く途中に書いてあった「統一中国」のスローガン


お茶農家で単叢を飲む


円楼に宿泊する


という2つの目的も無事達成し、美味しいものの食べまくり、美味しいお茶も各地で購入でき、大満足です。


国慶節万歳!


【完】



スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/37-a7e8078b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。