スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

DVD鑑賞雑記 

最近見たDVDの感想など。

+++

《誰も知らない》

1988年に発生した巣鴨子供置き去り事件を題材として、是枝裕和監督が15年の構想の末、満を持して映像化した作品。
主演の柳楽優弥が2004年度のカンヌ国際映画祭において史上最年少及び日本人として初めての最優秀主演男優賞を獲得していたので、見たいなぁと思いつつ、何故か見ていなかった。
友人に頼んでDVDを送ってもらい、やっと見ることが出来た。


柳楽優弥くんも気になっていたのだが、YOUが母親役というのがとてもとても気になっていた。
そう来たか・・・と思って。

映画を見て、この監督スゴイ!と思った。
YOUの使い方がスゴイ。


YOUって生活感の無い感じなのに、この映画では見事4人の子供の母親に見える。
いかも、如何にも全部父親の違う子供で、その子供を放っておいて新しい男のところに転がり込みそうで、悪気がなさそうで、そこをウェットになりすぎずに表現できているYOUがスゴイと思った。
これ、母親がすごく嫌な感じの印象が残ると、映画全体のイメージが変わってしまうと思うのだよね。

 
YOUって、小泉今日子以来の掘り出し物女優じゃない?


柳楽くんが良いというのはカンヌが言っているのでもういいとして、一番下の女の子がとっても愛らしくて、久しぶりに子供を見て可愛いなぁと思ったね。
あの子は可愛い。


この映画のコピーに、「生きているのはおとなだけですか?」と書いてあって、ドキリとした。


子供を置き去りにして親が逃げてしまうのは
立派なネグレクト(育児放棄)で、幼児虐待と同義だと思う。この世界は大人だけが生きているわけではないし、子供は大人のおもちゃじゃない。ペットでもない。《誰も知らない》を見ていると、子供も大変だよなぁ、いや、子供だから大変だよなぁ、と思った。


すごく重いテーマを描いているのだけど、淡々としていて、子供から見たら現実ってこんな感じなのかもしれない、と思ったり。


(とても良い映画だったけど、その後柳楽くんがカンヌのプレッシャーからか病んでしまったのが気になる。)


《誰も知らない》映像は
こちら

+++

《アフタースクール》

一時帰国していた時、新聞の映画コメント欄で5つ星中満点の5つ星が付いていたので、すごく見たかった映画だったので、これも友人にDVDを送ってもらって見た。


最高

最高に面白い。


5つ星、納得。


大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人が出ていて、このメンズが良いね~。
特に洋ちゃんの使い方が上手くて、純粋な観客はまんまと監督に騙されたよ。


この素晴らしく面白いストーリー、内田けんじ監督のオリジナル。
最近は小説やコミックの原作物が多くて、原作負けしている映画が多い中、これだけ凝ったオリジナルストーリーで楽しませてくれる映画は本当に楽しい。


《アフタースクール》予告編は
こちら


+++

《人のセックスを笑うな》


原作がとても好きで、映画の主役が松山ケンイチくん&永作博美と知り、これは映画も期待できる!と思って、これも友人に送付をお願いしたもの。


普通、原作モノって映像を見るとがっかりすることがほとんどだけど、この映画は良かった!
原作とはちょっと違うけど、恋する切なさが凄くリアルに描かれていて、見ているだけで胸がキューーーーーン!となってしまう。


“恋”ってこんなんだよなぁ・・・っていうのを、松ケン見てたらすごく感じる。


切ねーーーーー。


映画と原作、別物だけど、どっちもいい。


みるめくん役が顔だけの某J事務所の若い男の子なんかじゃなくて良かった。


猪熊さん役やあがた森魚っていうの、これ以上ないぐらいヒット。


ちなみに、わたしの大学のゼミの先生、大学の先生になる前に高校だか中学の教師していて、あがた森魚に教えたことがあるって言ってたな。
関係ないけど。


この監督、センスいいなぁ。

「だって触ってみたかったんだもーん。」

名セリフだーーー。

う~ん・・・原作、もう一回読もう。

《人セク》予告篇はこちら

+++

《腑抜けども、悲しみの愛を見せろ》

《人セク》で「永作博美いいなぁ」と思ってふと我が家の在庫DVDを見たら、この映画にも永作が出ているのを見つけ、見てみた。
サトエリ主演に期待して買ったものの、ずっと見ていなかったのだ。

いやいやいや・・・面白かった。見て正解。

永作はやっぱり面白かったけど、「どうなの?」と思っていたサトエリがすごく良かった。
性格悪そうで、頭も悪そうで、救いようがなさそうで、ルックス抜群で、でも病気な感じで、この役はサトエリ以外に考えられない。


古い話で恐縮だが、《セーラー服と機関銃》は薬師丸ひろ子の最後の「カ・イ・カ・ン☆」、このセリフのときに 彼女が可愛ければあとはどうでも良いと監督が言っていたのを読んだことがあるのだけど、女優というのはそういうものなのだと思う。
どのシーンも綺麗である必要はない。
大事なシーンでだけ綺麗で、他のシーンでは不細工で良いのだと思う。
その一瞬が綺麗になれる人のことを女優と呼ぶのだと思う。


そういう意味でも、この映画のサトエリは相当不細工だったけど、それがまた良かった。
妹役の佐津川愛美もスパイス効いていて良かった。
この子、本当はかなり美少女だよね。
そう見えないのが、また良かった。


ストーリーもホラー入っていて面白いし、久しぶりに見た永瀬正敏も良かったし、とてもキャスティングの良い映画だった。
明和電機(弟)が出ていたのには笑った。


《腑抜けども、悲しみの愛を見せろ》って、語感が《君よ憤怒の河を渡れ》に似てない?
つか、《君よ憤怒の河を渡れ》って何ですか?って話だが、中国在住者には《追捕(zhui1bu3)》と言えば「あ~…」となるだろうか。
中国で最初に上映された日本の映画がこれで、この映画により高倉健と中野良子は中国中で有名となり、今でも相手が日本人だとわかると「《追捕》を見たか?中野良子を知っているか?」と言う中国人がたくさんいるのである。


40代以上の中国人だと知らない人がいないぐらい有名な《君よ憤怒の河を渡れ》だが、わたしはこの映画を見たことがある日本人には未だかつて会ったことがない。
わたしも見たことがない。(特に見たいとも思わないが。)
中野良子も知らない。
我が愛する原田芳雄様が出ていたということは最近知った。
高倉健より原田芳雄のほうがカッコいい。
声、最高に渋いし。


“追捕”とずっと聞いていたが、その原題が《君よ憤怒の河を渡れ》などという長いタイトルだと知ったのもかなり後のことだ。


まぁ、どうでもよいことだが、《腑抜けども、悲しみの愛を見せろ》という長いタイトルを見て思い出しただけのことである。


《腑抜けども、悲しみの愛を見せろ》公式サイトは
こちら

+++

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/366-c1f19af7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。