スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《雲飛象咖[口厘]食屋》@北京 

建外SOHOにあるJAPANESE CURRYの店《雲飛象咖[口厘]食屋》でランチを食べた。

090215_yunfeixiang (2) 
挽肉カレーのランチセット 25元
ご飯が小さく見えるけど、これは皿が巨大だから。
かなりたくさん入っているのでお腹いっぱいになる。
お浸し、味噌汁、烏龍茶ゼリーが付いてくる。

090215_yunfeixiang (3)
オムカレーセット 30元
卵がのっているとテンションが上がる!

090215_yunfeixiang (4) 
別途注文した傳氏シュウマイ 20元
中にもち米かな?が入っていて食べ応えがある。美味しい。

日本人の方が研究を重ねたカレーということで、インドカレーともまた違う、スパイスがたっぷり効いた美味しいカレーだった。
甘口、中辛、激辛を選べるが、中辛でも結構辛い。
Coco壱番のカレーが日本の典型的な一般カレーだとすると、雲飛象のカレーは、吉祥寺や下北沢、あるいは中央線沿いの中野や高円寺、阿佐ヶ谷あたりの商店街の裏側にある、バンドや芝居をやっている人に人気のカレー屋さんの味のイメージ。
店主のこだわりで作っています!という、そういう味。

スイーツも充実していて、これもすべて日本人の方のオリジナルレシピだとか。
(ランチセットについていた一口ゼリーもオリジナルの烏龍茶ゼリーだった。ゼラチンの食感が手作りっぽくて、器も可愛くて、こういうところが高円寺あたりのカレー屋を髣髴とさせるのだ。)

いわゆる「和食」じゃなくて、わたしたちが日本で生活しているときに気に入って通っていたお店という位置づけの店ってまだ北京には少なくて、ここはそういうお店の一つのように感じた。


090215_yunfeixiang.jpg 
店の中はこんな感じ。
1時半~2時半の間に行ったので、ランチのピークタイムは終わっていた。

090215_yunfeixiang (5) 
看板が可愛い♪

今度はスイーツも食べてみたい。

+++


《雲飛象咖[口厘]食屋》
朝陽区東三環中路39号
建外SOHO1号楼3F303
Ph:5900-2795


+++

 

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/364-8a6d4100

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。