スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

雪の結晶*クラスメイトは13歳@北京 

北京は今朝、雪。雪

090217_snow_02.jpg 

気温が低かったのと、乾燥しているせいか、降った雪が溶けずにふわっと地面に乗っかって、アスファルトの上を風に乗って滑っている。これは東京では見られない光景。

車の上に積もった雪をよく見ると、肉眼でも結晶の形が見えて、プチ感動。



雪の一粒一粒がちゃんと文字通り「雪印」の形をしてる!

090217_snow_05.jpg 

090217_snow_06.jpg 

090217_snow_07.jpg 

ちなみにこの写真、特別なレンズは使っておらず、普通のデジカメで普通の倍率で撮ったもの。
肉眼でもこんな風に見えたよ。

雪 雪 雪

春節前までの自堕落なネットテツマン生活を反省し(「闘牌王」は怖いね)、春節明けから五道口の語学学校へ毎朝相棒と通っている。
ウチからだと学校までドアツードアで70分。
久しぶりの通学生活だが、地下鉄もそんなに混んでおらず、いまのところ楽しく通学している。


ウチの近所には語学学校がたくさんあるのに、なんでわざわざ五道口まで通っているのかというと、ひとえに学費が安いから。
90分1コマ30元。(都度払いだと36元/90分。10コマ分まとめて先払いすると30元/90分。2006年は16元だったから、これでも高くなった!)
これって、この辺の相場の10分の1近い。


もちろん、個人授業ではなくてクラス授業だけど、わたしはクラス授業のほうが好きだし、何より先生のレベルが高い。
今では中国でも外国語として中国語を教える資格の「対外漢語教学なんちゃら」というトレーニング(資格?日本語教育能力検定試験みたいなもの)があるのだけど、この学校の先生はちゃんとそういうトレーニングを受けているので、教え方が非常に論理的で分かりやすい。
絶対に「中国人はそう言うから、こう言うのだ。」というようなネイティブにしか通じないような説明はしない。
授業の構成もきちんと考えていて、90分の授業が非常に綺麗に流れていく。ちゃんと教案が作れる先生なので、受講していても気持ちが良い。



去年は仕事をしていて五道口まで通う体力がなかったので、近所の語学学校の先生に習っていたのだが、この先生、HSK高級対策用の先生ということだったが、ハッキリ言って全然ダメだった。
HSKの問題の狙いを全然理解していないので、指導ポイントもずれているし、ただ漫然と問題集を解いているだけ。まぁ、去年は中国語の勉強をする時間を無理にでも作らないとやらなくなってしまうので、「勉強タイムの確保」という最低限のラインを守るための学習でよかったので、仕方ないのだけど。でも、あの値段であの先生は、ちょっと厳しいなぁ、と思う。



「対外漢語教学なんちゃら」という資格が出来ていても、まだ学校によっては旧態依然とした「学歴が高くて教養があるので、外国人に中国語を教えたい」というような先生と契約している学校も多く、実際に授業を受けてみないと先生のレベルはわからない。



なので、以前受講してとても内容が良かった今回の学校の、前回と同じ先生の講座を受講している。



授業はとても充実しているが・・・。



20名ぐらいいるクラスメートのうち、わたしと欧米系の男女各1名を除くと、他は全員韓国人。



しかも、韓国人のうち、3名の女の子が異様に若い。



先生も気になったのか、年を聞いていた。



そしたら。



2人は13歳。1人は14歳。



中学生じゃん!げっそり



ひょーーーーーー!わたしが26歳のときに子供産んでたら、この年だよ、と思うと、複雑です・・・。
(しかも、年が倍どころか、わたし、彼女の3倍!!!)



しかし、彼女たち、普通の学校へ行っていないのか?
インターに行っていて、今休暇中??? 



と思って、またまた先生との会話を聞いていたら、22日に韓国へ帰国すると言っている。
今は韓国は冬休みなのか?



先生が

「週末は休んでいるの?」

と聞いたら、

「英語の勉強。」

と答えていた。

中国語も高級レベルなのに、英語も勉強しているのか?
13歳で!
中国で勉強する方が費用が安いから、語学留学に来ているらしい。

韓国の教育熱、恐るべし! 



この3名、若いもんだから、中国語の発音はネイティブそのもの。
文法の理解も速くて、先生が説明した言葉を速効で覚えて使っている。 HSKで言ったら11級レベルの実力はある。
わたしなぞは、右から左へムーディー勝山の如く受け流しているため、勉強って若いときにするべきなのだなぁ・・・と、そのスポンジのような吸収力のある脳みそを羨むばかり。

彼らの他にも、この学校内で中学生ぐらいの子供を見かける。
親と一緒に通学している子もいて、事務室で何やら交渉?クレーム?している姿も見かける。
この場合、親は中国語を話せないので、子どもが間に入って通訳をして事務員と話をしている。
結構見ごたえのある光景だ。

ウチのクラスメートの中学生も、子供だけで北京に来ないだろうから、親も同伴なんだろうな。
先日、北京にインター留学に来ている韓国人の話を聞いたばかりだったので、韓国人の教育熱は凄まじいんだなぁ、と改めて実感。

クラスメートは親子ほどの年の差のある子供たちだけど、彼らに負けないようにがんばるぞ。
(文法ではすげー負けてますが、唯一作文は勝てている!HSKの作文問題って一応大人向けの問題なので、中学生には語学能力以前に年齢的に答え難い問題が多いんだよね。「大学生が卒業後すぐに起業することの是非について」なんて、中学生はなんて答えたら良いかわかんないよね。)

+++ 

《地球村学校》
五道口校:6253-7736/37
望京校:8472-5313/2432

http://www.diqiucunschool.co.kr/

*韓国語のサイトですが、クリック先は中国語になっている場合もあるので、
試してみてください。
時間割表は、サイト右側の「wangjing」「wudaokou」と書かれた場所を
クリックすると出てきます。
韓国語混じりですが、なんとなくわかるかと・・・。
更新状態は不明なので、詳細は各校に確認してください。

+++

090212_dora_01.jpg 
ドラえもんの被り物を着たネコの看板。
「リアルドラえもん」
怖いよ~泣き顔



+++



 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

リアルドラえもん、大うけ!
そして、その右後方にお手上げで倒れている人形がさり気にホラー。
ところで、これなんの広告? それが気になる。。。。

ほんとすごいですよね、韓国人

うちの息子のところも逆単身赴任母子?みたいなの大勢です。そういう母子とか人民の教育熱を見るにつけ、ああ、アメリカ人ってもう負けてるって思うんですよ。あと、私がいつも負けてるって思うのはうちのアイの食欲!お弁当のあとでっかい焼き芋1本とか食べてるの見るとなぜか負けた・・・って思います(笑)。

>zhaoさん

あ、確かにホラーな人形も写り込んでいる!コワー!

これは「ペットを捨てないで!」という地下鉄の広告です。
生きている猫はおもちゃじゃないよ、ということを言いたかったのだと思いますが、ちょっとホラー杉…。
(不思議なことに、中国人の皆さんはあまりこの広告に注目していないんですね~。中国人的には普通~な感じなのでしょうか…。人形とか、ふつーにホラーな感じのが多いので・・・。)

>陸太太さん

中国の教育も加熱スギぐらい加熱していますよね~。
弁当のあとに焼き芋1本!
そりゃ、負けます…。
よく、食事の前にバナナ1本出されて、「これ食べたら食事入らないよ~」と思うのですが(日本だったら食事の前にバナナなんて食べるな!と言われますよね)中国的には全然アリなんですね。
潜在エネルギー量が違うのかなぁ…。

韓国人母子

息子を通わせた北京の双語幼儿園にもいました!子どもには英・中を学習させておいて、自分はどちらも全然しゃべれない母親とか。よくそれで中国に来たものだと教育熱心ぶりに感心しました。

それと比べると日本人ほど母国語教育にこだわる国民もほかにいるだろうか?と感じてます。
それで母国語のきちんとした大人になっているのだろうか?
日本語って実は世界一難しい言語なのだろうか???

>peaさん

母国語教育をしっかりすることは良いことだと思っています。
言葉と共に、概念をしっかりと根付かせることは子供のころにしかできない作業だと思うので。
でも、今のままだと、その母国語教育も功を奏していないような…。
この辺も、日本はどういう言語教育を目指しているのか、軸足がぶれていますよね~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/359-9f220562

北京!初雪!!

2月17日。北京の街中で、初雪です!春節も終わり、今年はもう雪など見られないだろうなあ・・と、思っていた矢先だったので、家を出た時にちょっとびっくりしました。この冬は、100日以上雨が降らないほど乾燥を極めていたのですが、先週の木曜日は、そんな没有雨期間に終...

  • [2009/02/18 12:26]
  • URL |
  • 北京映像制作奮闘信息 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。