スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

贈り物と東方王子@北京 

日本の友達から誕生日プレゼントが送られてきた。
誕生日は10月だけど、それはまぁいいっていうことで。 

北京留学時代の友人なので、留学時代から14年も経ち、当時とは変わってしまい北京に無いものは無い、と言われていても、痒い所に手が届くものを送ってくれる。
本当に有難い。



友人の街で一番美味しいというケーキ屋さんのクッキーも同封されていた。
早速、最近馬連道で購入した、「東方王子」という紅茶を淹れてクッキーを食べてみた。
「東方王子」は雲南紅茶の「滇紅」(海外では「YUNNAN」の名前で人気があるらしい)の上級品のこの店でのオリジナルな名前で、この冬の新商品だった。

090201_present_04.jpg 
東方王子(滇紅)の茶葉
白いうぶ毛で覆われた新芽であるゴールデンチップがたくさん入っている。

090201_present_05.jpg 
茶の色はしっかりとした濃い紅茶色。

090201_present_03.jpg 
久しぶりの日本のクッキー!
美味しく大事に頂きました!

090201_present_06.jpg 
東方王子の茶葉(開いたところ)
長さは約3センチ。
茶葉を粉砕していないので、茶葉そのものの味が楽しめる。

「滇紅」独特の仄かな渋みと野性味のあるしっかりとした味が、上品な甘さのクッキーとよく合って美味しい。
他にもグリコの季節限定商品「春待ち苺」なんていうチョコレートも入っていたのだが、1個食べてほっぺたが落ちるかと思った。まぢで。



中国にもグリコなどのお菓子はあるにはあるが、クッキーとかチョコとか、パーツパーツの部分がまだあまり美味しいとは言えない。
比べると日本のお菓子は、コンビニ菓子でも繊細で優雅だ。



+++


夕食は久しぶりに相棒が厨房に立ち、得意のハンバーグを作成。

090201_present_02.jpg 
まんまるに膨らむのは、強い力で肉をこねるので、
中に細かい気泡が入るため、と見た。
これは憶測だが・・・。

捏ねる段階で力が入るからか、相棒が作るハンバーグは非常に美味しい。



今日は特に、牛肉のミンチが手に入らなかったため、自宅にて包丁で牛ミンチを作ったため、ステーキハウスで食べるハンバーグのような重厚な味わいだった。



料理は男が作った方が美味しくできるんだな。

これからも是非よろしくおねがいしたい。

+++

昨年、相棒が主夫をしていたとき、ケンタロウの料理本をくださる方が何人かいた。
非常にありがたい。

+++


   


  



 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/353-31a23a2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。