スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

白酒をボトルキープ? 

5月の中旬、父親とその友人の方が北京に来たとき、近所の行きつけの餃子屋に行きローカル中華を食べ、来燕記念に白酒(さすがに「二鍋頭」〔50°越え〕は無理だと思ったので、38°の「京酒」にした。京酒は比較的飲み易い)をオーダーしたものの、「きっつい酒だなぁ」ということで1人1杯飲んでビールとなぜか紹興酒に。

 

殆ど飲まなかった白酒は持って帰ろうと思っていたのに、うっかり忘れてしまった。

 

「きっとお店の人が飲んじゃうよ」

 

ま、それもよし。

 

その後、この店には何度も行ったのだけど、何故かこの期間は仕事がらみの食事会が多く、父親を連れて行ったフロア席の方ではなくて、個室もあるほうの店(同じ店だけど2つに分れている)ばかり行っていた。

 

きのう、久しぶりにフロア席の方で餃子を食べていたら、オーダーを取りに来た女の子(我々がリャンリャンと勝手に呼んでいる子)が

 

「今日は白酒飲まないの?」

 

と言うので、

 

「そういえば先月頼んだね」

 

と言うと、

 

「あの時白酒忘れて帰ったでしょ?まだ取ってあるよ」

 

と言って、持ってきてくれた。

 

え???1ヶ月以上保管しておいてくれたわけ?

 

瓶には「日本人」と書いてある。

 

「名前知らないから“日本人”って書いておいた。どの日本人のかわからなくなるといけないから、“長髪”とも書いておいた」

 

なるほど、瓶にはそう書かれている。

ちなみに“長髪”は相棒のことである。(わたしよりも髪が長いってどういうこと?!)


070626_01.jpg
ちょっとわかりにくいが「日本人」「長髪」と書かれている

 

いやー。感動した!

 

前回の垂れ幕にも感動したけど(あれを書いたのは我々が勝手にミドリと呼んでいる女の子。今回と同じお店)、今回の「白酒保管」にも感動しました。

この店の常連の日本人客は多しと言えども、白酒をボトルキープをしているのは我々ぐらいだろう。

 

リャンリャン曰く、「あっちの店の方にいるのを見かけたけど、いつも渡すのを忘れた。でも、またこっちの店にくるだろうから、その時渡そうととって置いた」とのこと。

 

紛失したらどんなものであれ絶対に出てこないと思われている中国で、名前も知らない日本人の飲み残していったお酒の瓶を1ヶ月も保管しておいてくれるなんて、めっちゃ心に沁みました。

 

この店には、定期的に感動させられるので、本当に参ってしまいます。



スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

感動ですね。

以前私も、こっちのカフェで、以前、どこに座って、何を食べて、何を着てたか、服務員に言われたことありますよ。

あなどれません、中国人の記憶力。

「日本人・長髪」って!(爆)

あぁ、あそこのゴハンが食べたいぃぃぃ
体内の北京濃度が日に日に落ちてきていて、ちょっとした危機感を感じる今日この頃です。

>xiaomiさん
中国人の記憶力は本当にすごいと思います!
このお店の店員さんも、我々がいつ何を食べたかすっごくよく覚えています!
暗記教育の効果が出ていますね!

>ヨシダさん
北京濃度って・・・!
最近連日37度。炒めた料理が胃に厳しくなってくる季節です・・・。

これだから、中国(人)が止められないっすね。

心がホンワカしましたぁ。

感動したけど・・・・
大爆笑させてもらったよ!!
良いなぁ~~、人情的で。

>ジウさん
そうなんですよ~!心がホンワカするんですよね♪

>わははらら
そうなの!人情的だよね~。
中国人って良くも悪くも人間くさい感じがするんだよね!そこが結構好きだったりして。

すごい~。そんな事が起きるんですね!!
感動!!そして行きつけの餃子屋があるなんてカッコいいわ~e-266

長髪がともこさんの事じゃないってのがウケました(^^)

>ネコバカさん
近所にローカルの、安くて美味しくて、そこそこ綺麗目なお店があると便利です!(日本から来た人も慶んでくれるし、お財布にも優しいです♪)

相棒、今やわたしより長髪です・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/35-b6bfee6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。