スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

【龍潭公園廟会】煮え煮え昆虫宴とチベット族のアクセサリー商編@北京 

昨日に引き続き、龍潭公園廟会レポート。

「見世物小屋の地壇、昆虫宴の龍潭。」

これがわたしの廟会の印象。
毎年これの定点観測のために廟会に行っていると言っても過言ではない。
龍潭では今年はチェロスの屋台がでるなど洒落っ気が出始めているが、昆虫宴が出ているうちはまだ安心である。(←何が?)

いきなり昆虫宴だとキツイので、まずはハートウォーミングなメルヘン画像から。

090202_longtan_23.jpg 
ペロペロキャンディーは中国語で「棒棒糖(バンバンタン)」
漫画に出てくるようなキャンディー、日本ではもうあまり見かけないね。
売っているのがオジサンではなく、
猫耳の女の子だったりしたらもっと萌え~たのに。

090202_longtan_24.jpg 

090202_longtan_22.jpg 
新疆の羊肉屋さん
ここのお兄さんたちがえらい陽気で、歌いながら、踊りながら
羊肉串を売っていた。
しゃおりんさんのブログ『北京メディアウォッチ
にもこのお店の写真が出ている。

090202_longtan_26.jpg 
文字通り、羊の丸焼き。
メェ~・・・。


ってことで、羊の丸焼きでウォーミングアップできたところで、本日メインの昆虫宴の画像に行くが、この手の画像がダメな人は見ないでください。
いないと思うけど、何か食べながら見ている方は、先に食べちゃってください。
かなりキテるから、苦手な人は止めておくか、薄目にして見てください。

じゃ、行くよ。

253

253

253

090202_longtan_21.jpg 
「泰(タイ)国」って、人のせいにしてんじゃねーよ、って感じですが。
タイ人も虫食べるけど、中国人も普通に食べてるじゃん。

では、行きます。


253

253

253

253

090202_longtan_18.jpg 
左手前:蚕の幼虫 左奥:ムカデ
右手前:サソリ 右奥:黒いサソリ

090202_longtan_15.jpg 
奥の黒いサソリ、超デカイ。
こんなにデカイのは珍しい。
写真を撮るわたしの横でおばさんがサソリと蚕を1本ずつ買って食べていた。

090202_longtan_16.jpg 

090202_longtan_20.jpg 
ムカデは珍しい。
蚕とサソリぐらいなら王府井の屋台街でも売っている
比較的メジャーな食品。

090202_longtan_14.jpg 
一応食品画像なので、公共のモラルにはギリギリ反していないか、と。

+++

この昆虫宴の店、1つじゃない。
毎年何店舗か出ていて、買って食べている人も結構いる。
蚕・サソリぐらいなら普通の屋台でも見るけど、ここまで昆虫専門で売っている昆虫宴屋台はやっぱり龍潭廟会名物だろうな。

入口の装飾が予算なさげな地味な感じだったことは昨日書いたが、もう一つ、今年の龍潭廟会で気がついたことがあった。

チベット族のアクセサリー売りの人たちがめちゃくちゃ多かったのだ。

090202_longtan_28c.jpg   090202_longtan_28b.jpg

090202_longtan_28a.jpg  

北京では観光地や大きな市場の近くに行くと、道に直接黄色い布を敷いてチベットのアクセサリーを売っているチベット族の人たちがたくさんいる。
しかし、廟会の店は屋台なので、このような路上販売者はいないのが通常だ。

龍潭も去年まではこのような人たちはいなかった。

しかし今年は、この場所だけじゃなく、会場の至るとことに結構な数のチベット族が来ていて、みんなアクセサリーを売っているのだ。
上記写真でも警備の人の目の前で売っていることから、当然違法ではなく、公然と売っている。

これは何だろう・・・。

あくまでも推測だが、不景気で屋台の数が例年ほど集まらなかったのではないだろうか。
確かに見た目でも屋台の数は今までより少なく、空いているスペースが目立った。
その空いているスペースをチベット族のアクセサリー商たちに格安で貸したのではないだろうか。
何も無いよりは、埋まっている方が格好がつくから、と・・・。

やっぱり今年の春節は不景気なのだ。

+++

090202_longtan_29.jpg 
順路に沿って歩いていくと、最後のエリアは書籍・DVDエリア
中関村から出店している店が多い。
こういうエリアも龍潭の特徴。

090202_longtan_27.jpg 
昔ながらの電気紙芝居。

090202_longtan_30.jpg  
牛の飴細工屋さんも。

そうそう、どこの廟会でもアラレちゃんに出てくるのとそっくりのうんこのおもちゃ(?)を持った人たちを見かけ、「何じゃあれ?」と思っていたのだが、しゃおりんさんのブログにその説明が書かれていて、非常に納得!

090129_didan_07_a.jpg 
これ。@地壇廟会
(朝陽公園でも龍潭でも売られていた)
アラレちゃんに出てくるうんこと同じような顔も描かれている。

あれは、「牛屎」 [niu3shi3(牛糞)]と「牛市」[niu3shi4(強気な相場)]を掛けた、今年の縁起物なのだとか。
なるほど~~~~~~~~~~~~~~~。
これでスッキリ!
さすがしゃおりんさん、博識です!

 

今年は寒さもそれほどではなく、例年のように足が凍えるような事態にもならず、比較的快適に廟会散策をすることができた。

龍潭公園廟会は2月14日までやっているらしいので、気になった方は行ってみては?
(龍潭公園は天壇公園の東側。)

過去の関連記事:
【2009年廟会】
朝陽公園廟会@北京 
【地壇公園廟会】参拝編@北京 
【地壇公園廟会】煮え煮え見世物小屋編@北京 

【過去の廟会】
北京の廟会1*おかしなグッズ篇 
北京の廟会2*ゲテモノ屋台篇 
北京の廟会3*『双頭姑娘』篇 
北京の廟会4*チベット寺院 雍和宮篇 

+++

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

やられました。昆虫宴。
ノックアウトです。
キュー、バタン!

地球上で最も残忍な雑食動物はニンゲンな気がする。

〉つるるん姐さん

中国人はそれほど興奮しないんですよ、これ見ても。
慣れでしょうかね。
欧米人も生け作りみたら興奮しそうだ門なぁ…。
見慣れているわたしも、ムカデにはギョッとしました・・・!

〉てーびどーさん

残忍ですよね~・・・。

虫とか犬とか、もう喰わなくったって良い!って思うんですけど。

っていうと、鯨で反撃されそう…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/346-8faea5b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。