スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

【地壇公園廟会】参拝編@北京 

今日は朝から爆竹が激しかった。
今年は不景気の影響か、爆竹・花火もおとなしめ、という印象だったのだが、今日は朝からかなり激し目。


今日は春節5日目の「破五」なので爆竹鳴らすんだろうなぁ…と思ってはいたのだが、朝からこんな調子とは! (爆竹の音で目が覚めて、以降寝られず起きてしまったよ。激しすぎ!!!)



春節1日目から4日までの期間「米を炊いてはいけない」、「物を割ってはいけない」「掃除をしてはならない」などやってはいけないことがあるのだがそれが解禁されるのが「破五」だとか。



ついでに爆竹を鳴らすと役払いができてお金も貯まるとかで、みなさん派手に鳴らす。不景気だからこそ、今日の爆竹はより派手?! 今日は餃子を食べる習慣もあるとか。



次の爆竹が派手に鳴らされる日は春節最後の15日目・元宵節かな?

 
+++

朝陽公園に続き、老舗中の老舗、地壇公園の廟会に行ってきた。

過去記事:朝陽公園廟会@北京 

二環路と地壇公園の間の川が凍っているので、道があるにも係らず川の上を渡る中国人。
今年は例年より暖かいから落ちるぞ。

090129_didan_28_a.jpg 

090129_didan_01.jpg  

地壇の廟会は周遊型にはなっておらず、どちらかというと中心から外側に向かって放射線状に道が出ているイメージ。
なのでいつも上手く全体を周れないのだが、とりあえず目指すのは中心の「方沢壇」。

地壇は名前の通り、天壇とセットの公園で、故宮を挟んで南北対称に位置し、明・清代の皇帝が地の神を祭った場所である。

「天は円形、地は方形」という古代思想に基づいているため、天壇の祭壇は円形、地壇の祭壇は方形に作られている。

方沢壇の前では素人カラオケ大会が催されていたが、その上、つまり祭壇では線香を上げてお参りできるようになっていた。

線香を買わなければ上には登れないらしい。
我々が行った時には線香はあと2セットのみ。
急いで札を渡し、ラス2の線香を1セット確保する。


090129_didan_02.jpg
金色に塗られ、お経か何か書かれたデカイ線香。
3本セットで30元也。
初詣代りに購入。

090129_didan_03.jpg 
線香に火を付ける場所。

090129_didan_04.jpg 
祭壇

090129_didan_05.jpg 
線香を上げる台の向こうには羊・牛・豚の像が置かれていた。
生贄?

お参りが済んだ後は、廟会散策。
朝陽公園と違い、さすが老舗、すごい人。

090129_didan_06.jpg 


090129_didan_07_a.jpg  
今年の人気グッズ?
うんこ。
(おばさん、そのうんこ、どうするんだろう・・・)

090129_didan_08.jpg 
うんこ屋。
アラレちゃんうんこが何故か大人気。
それ買ってどうするんだ?!
(手前の女の子の客の頭上にあるのも巨大うんこ。)

地壇の廟会が好きなのは、老舗のクラシックな感じが好ましいことと、それに付随して、このような縁日には欠かせない、これがあるから。

090129_didan_11.jpg 

090129_didan_10.jpg 

煮え煮えな見世物小屋。

2006年の同じく地壇の廟会で見世物小屋を見て激しく心を動かされた我々は、毎年地壇に来ると見世物小屋チェックをしている。
正確に言うと、見世物小屋の看板チェックである。
この看板がもはや日本ではお目にかかれない素晴らしくしょっぱい。
東京でも新宿花園神社の酉の市などでは今でも見世物小屋がかかっていると思うが、さすがにこの域ではない。

090129_didan_32.jpg 
【2006年】
2006年当時はまだ手書きだった。
味があって良かった。

090129_didan_31.jpg 
【2008年】
2008年廟会の問題CG写真。
え~・・・・(絶句)である。
これに騙されて入る観客がいたのだろうか。

但し、このショー、内容が大変煮え煮えで、毎年見ると胃がもたれるため、数年に一度で充分である。
2006年に見たきり、07年、08年と看板チェックしか行っていなかったので、ついに2009年、再度この門をくぐることとした。

2009年版、煮え煮えショー、その内容とは!!!

*地壇の廟会は2月1日まで☆

to be continue・・・

過去の廟会関連記事:
北京の廟会1*おかしなグッズ篇 
北京の廟会2*ゲテモノ屋台篇 
北京の廟会3*『双頭姑娘』篇 
北京の廟会4*チベット寺院 雍和宮篇 

+++

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

イタチののろい…

昔、日本の縁日でもよくありましたよね~。「イタチののろい」の小屋とか……。^^;

どこか懐かしい郷愁を覚えて、ついつい入ってしまうもの、それが地壇の見世物小屋ではないでしょうか? かくいう私も騙されて入ったことが1度……。^^;

>しゃおりんさん

「イタチののろい」!!!
イイですね~。入ってしまいそうです。
これはもう郷愁ですよね。
わかっていても入ってしまう…世界共通のお約束ノスタルジーでしょうか。

そうだったのか

10元を好奇心に払うのが惜しくて何年も気になりながら入らずにいた見世物小屋の全貌を明らかにしてくださり、ありがとうございます。
これで見た気になりました。

〉てーびどーさん

10元払って実際に見ても、これ以上の収穫は無いかと思われますので、その10元は東岳廟に使われた方がよほど有意義かと思われます。
世間の役に立てて良かった!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/343-f415df9a

〈フォト特集〉 春節な日々――竜潭廟会へ

       今年の春節 (旧正月) 休暇も、残すところあと1日。 1週間の休みを終えて、多くの会社や機関では明日2月1日から “牛年” の仕事始めとなります。  金融危機による不況だ、不景気だといわれながらも、北京では旧暦の大晦日 (1月25日) から...

  • [2009/01/31 21:02]
  • URL |
  • 北京メディアウオッチ 〔ブログ〕 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。