スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

薬膳スープに挑戦@北京 

《風姿花伝中日交流文化中心》の薬膳講座で婦人科に効く漢方薬について学んできたことは昨日書いた。

過去日記:「風姿花伝」の薬膳講座に行ってきた@北京

習ってきたことを早速実践すべく、婦人科と言えば“当帰”、“当帰”と言えば婦人科、と言われる当帰を使った伝統的なスープを作ってみることにした。

当帰のスープは上海に旅行に行った時に食べたことがあり、漢方っぽい臭いもそれほど気にならず、「効いてる~~~!」感があったので、自分でもトライしてみたかった漢方薬のひとつだった。(上海ではここで食べた。この店、北京にもチェーン展開して欲しい!!!)

「当帰」という名前の由来は、嫁入りした女性が環境の変化により身体の調子が崩れ、月経が止まり、当時女性の最大の仕事とされていた出産ができなくなった。そこで、夫が医者に相談し、当帰を飲ませたところ、月経が復活し、出産できた。「当然来るものが帰ってくる」の意味で「当帰」と名付けられたぐらい、女性への効果が大きい薬だということだった。
(他にも、「出産ができるようになり、夫が帰ってきたから。」という説もあるようだけど、それはちょっとエゲツナイな。)

当帰は漢方で言う「補血(血を補う)」の作用があるとされている。女性は男性に比べて血の消耗が激しいことから、日常的に「補血」をしないと、月経痛や生理不順、不妊などにつながるのだという。



当帰は温性、同じく身体を温める羊肉と生姜を一緒に煮たスープは中国では婦人病に効くとして伝統的に食されているスープだという。

講座で、「補血対策には“当帰”“何首烏”“桂円”」「冷え性対策には“当帰”“黄耆(おうぎ)”」と聞いていたので、欲張りなわたしは冷え性対策として“当帰”“黄耆”+相棒の若白髪対策として“何首烏”を鍋にぶち込んだ。

「何首烏」の由来は、昔、何田児という身体の弱い人がとある植物の根を煎じて飲んだところ、髪は黒々となり、身体も元気になり、その後親子3代が長生きをした、という伝説があるらしい。「何」は発見者の名前、「首」は頭、「烏」は髪の色を指す。

何首烏も「補血」作用があり、肝臓と腎臓に効く。
中医では、頭髪は腎臓の精から作られると考えられており、腎臓を補うことで、頭髪が黒くなるという。

実は11月下旬頃。ストレスフリーな生活をしているはずのわたしの頭に急に白髪が増えた。
わたしは白髪はほとんど出ない体質なのに、その時期にはなんと眉毛にまで白髪が出て驚いた!

そのとき、ちょうど風姿花伝のMさんにお会いしたので、そのお話をしたところ、寒くなり気候の変化で内臓、特に腎臓が弱っているので腎臓をいたわる食事をしたほうが良い、とアドバイスいただいたことがある。

今まで、ストレス→白髪、と精神論的に考えていたが、最近考え方が変わった。
もっと肉体的に根拠があるみたいだ。
(ストレス→腎臓に急激な負担→白髪、というワンクッションを考えてみよう、ということ。)

わたしと違い、相棒は体質的に若白髪が激しい。
この若白髪、体質的なもので腎臓とは関係ないかもしれないが、しばらく何首烏を食事に取り入れ、変化が出るか観察してみようと思う。

で。

これが作ってみたスペシャル☆薬膳スープ。

081221_06_fushikaden.jpg 

 

出来は・・・10段階で10が「スペシャル美味しい!リピート決定!」としたら、「5」程度か。
まずい、とまでは言いきれないけど、美味しくもない。
素人が適当に作ったら最初はこんな感じだろう。

今回の良かった点は、大根とにんじんを入れたこと。これはよく煮えて出汁も出た感じで、美味しかった。
圧力鍋で作ったので、羊肉からは綺麗な透明なスープが取れたこと。

改良点としては、欲張って入れた朝鮮人参小2本のせいか、若干苦味が感じられたことと、塩味が薄かったのか、味がイマイチボケたこと。

相棒も、「不味くないよ。」と言いながらも、普段はするおかわりは無し。
1杯食べてくれただけでも愛情だろう。
まぁ、吐き出すほどまずかったわけでもないけど、人様にお出しできるような味では無い。

これはもう、毎回改良を加えて進歩していくしかないだろうな。

広西とか広東で飲むスープって、本当に美味しくて、滋味深く、「効いてる~~~!」感が凄いので、あぁいうスープを作りたいものです。

+++

 

 

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

白髪

こんにちは。グルメ会ではどうもお隣を失礼いたしました。中医興味津津です。ストレス→腎臓→白髪についてですが、五行説から考えて「腎」は「水」になります。「水」は寒涼性で水、寒い、暗い、冬のイメージです。人体では腎臓、膀胱、骨、耳、髪、恐といったものに結ぶつきます。よって、恐怖系ストレスから腎臓の機能が悪くなり白髪になるのではないでしょうか。この季節(冬)は無駄な体力(気)を逃さないよう養生をするのがよく、滋養強壮、黒系食べ物(木耳等)がいいそうですよ。←私の解釈ですのであしからず!

>がちこさん

先日はどうもありがとうございました!お話できて楽しかったです。
布市場情報も今度確かめに行ってきます!

白髪の原因、きっとそういうことなのでしょうね。黒系食べ物ですね!
今日、さっそく生きくらげ食べました。黒豆も買っているし、この冬は黒系で行くことにします!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/296-d5e1b579

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。