スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

珈琲生活@北京 

自分の時間を過ごすとき、2つのタイプがあると思う。

お気に入りのカフェを見つけてそこで寛ぐタイプと、自宅を“巣”にして引き籠もるタイプ。

何事においてもインドア派のわたしは、当然後者だ。

“巣”を快適にするためなら出費も労力も惜しまない。

自宅では基本的にはお茶を楽しんでいるけど、食後はまずコーヒーで寛ぐことが多い。

コーヒー豆は日本から焙煎したてのを買ってきて冷凍保存しているが、それが無くなったら上海のアルトコーヒーさんからお取り寄せしている。

北京内でも美味しいコーヒー豆を調達できるのでは、と思い、焙煎したての豆を配送してくれるという業者のものも買ってみたことがあるけど、焙煎が上手じゃないのか、単にわたしの好みに合わないのか、リピートは無し。
(北京で美味しい焙煎したてのコーヒー豆を販売しているお店をご存知の方、教えて下さい!)

日本でも、某ネットショッピングモールで有名なコーヒー屋さんの焙煎したての豆を買ってみたけど、あまり美味しいと思えなかった。 有名な割りに安かったんだよね。
他のお店で買ってみたところ、豆はそこよりもずっと高いんだけど、やっぱり美味しい。
う~ん・・・味は値段に比例する・・・。

わたしの個人的な考えとして、日常品は経済性も重視するけど、嗜好品は美味しさ第一主義。

嗜好品って、要は寛ぐためのアイテムでしょ?
それをケチったら寛げないじゃん。
必須アイテムではないだけに、クオリティーは落とせない。
クオリティー落としてまでは要らない、というのが嗜好品じゃないかな。

今までは平日はコーヒーを淹れる時間もなかったので、日本で豆を600g買ってきたら3か月ぐらいはもったのだけど、仕事をしていない今、毎日飲むので1kgの豆が1か月で無くなってしまった。

なので、アルトコーヒーで豆を購入。
自分で注文したものだけど、届くとやっぱり嬉しいね。

081213_01_coffee.jpg 

081213_02_coffee.jpg 
豆が綺麗。

最初はアルトコーヒーの野村さんに習った方法でハンドドリップをしていたのだけど、途中から機械に頼りだして、日本から電動ミルと比較的高機能のコーヒーメーカーをハンドキャリーした。

このようにして、自宅内カフェ環境も万全となった。

ちなみに、カフェオレ対策としてエスプレッソマシンもハンドキャリー済。
(わたしはエスプレッソは飲まないんだけど、美味しいカフェオレ作りたいばかりに・・・!4気圧の簡単なやつです・・・。)

気が散るので音楽は要らない。
(わたしは音楽を聞かない派。だからi-podとかも持っていない派。)

静かな部屋の中で、淹れたてのコーヒーやお茶を飲みながら、読書やネット三昧。

是極楽也。
(毎日こんな生活が送れるかと夢に見ていたけど、現実はなんだか忙しくて、結局週末しかこんなふうに過ごせていないのは計算外。)

081213_03_coffee.jpg 
セブンイレブンのチーズケーキ(1個9元)、結構イケる!
カロリーに注意して半分しか食べないけど、
IKEAのブルーベリーソースをかけたら同じだ!
(でも、これ最高にHappy!)

○○

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コーヒーカップも素敵

自分の時間を豊かに過ごすことを知ってる人って格好いいです!

余談ですが最近中国人にもブルーベリージャムが人気になってきて材料のブルーベリーが品薄になってきたとキューピー工場の人が言ってました。。。

>peaさん

杭州だと美味しいコーヒーも手に入りそうですね!

そうか!確かにパン食やケーキ文化はここ数年ですごい速さで浸透していますね。ジャムの消費も半端な量じゃないんですね・・・。
こういう現象、マグロだけじゃないのですね~。

ありがとうございます!

うわ、見つけてしましました・・・上海の野村です!
喜んでいただけているようで嬉しいです♪
1ヵ月1kgも飲んでいたなんて驚きでしたよ(笑)
これからも中国のコーヒーライフをお手伝いできるように頑張りますね!


>nomuraさん

あ!見つかってしまいましたね・・・。勝手にリンク貼っていてスミマセン!
アルトさんのコーヒーには本当にお世話になっています。
焙煎したてのあの香りが箱の外まで匂ってきて、箱が届くと本当にワクワクします。
また、ハンドドリップも練習します。
機械に頼ると美味しい淹れ方、忘れそうなので・・・。
今後とも宜しくお願いいたします!

中国・青島で4年暮らし、おいしいコーヒーに巡り合わなかった、今は北京で生活をしていますが、北京でもおいしいコーヒーがありません・・・お茶の国だからですかね、しかしお茶については、中国人が繊細な味覚を持っているので、コーヒーについても可能性があるのではと思いましたが・・・
だからいつも日本からmコーヒー「昨年焙煎技術世界4位」を持って来て飲んでます・・・本当においしいですね

  • [2009/12/10 15:15]
  • URL |
  • 人間万事塞翁が馬
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

〉人間万事塞翁が馬 さま

コメントありがとうございます!
ホント、美味しい珈琲にはなかなか出合えないですね。
お茶も、北方には正直、お茶文化は根づいていない、と思います。
わたしも日本から持ってくるか、上海のアルトさんから買っています。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/287-5636b801

北京でアルトコーヒーが…

ネットサーフィン~!どこを辿っていったのか、いくつかリンクを辿っていくうちに、「おぉ?」なんとアルトコーヒーを紹介して頂いておりました(イエイ!)珈琲生活@北京http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/blog-entry-287.htmlはいはい、北京のあの方でして、わざ...

  • [2008/12/26 13:39]
  • URL |
  • 上海にうまいコーヒー広めるぞっ!上海コーヒーソムリエ☆hicafe |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。