スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

お粥と腐乳@北京 

ダイエットも兼ねて…というか、1回朝ごはんをお粥にしたら、「胃がなんか楽~♪」ということに気が付き、朝粥生活が続いている。

消化が早いからお腹が空くんだけど、次の食事までに胃が空っぽになる感触が気持ちいい。そして何といっても作るのが簡単!炊飯器のおかゆモードにセットしておくだけ。
おかずは基本的に前日の晩御飯の残り物。
それが無いときには、ネギと卵のオムレツとか、5分ぐらいでできそうなものを食べている。

お粥も、北京風の雑穀のお粥にすると、バリエーションも増えて楽しい。

081208_01.jpg 
玄米のお粥

中国では玄米って一般的には食べないみたいで、普通のスーパーの雑穀コーナーには売っていないのだけど、xiaomiさんより「楽活城に売ってるよ!」という情報を得、入手。

有機玄米(中国語で玄米は「糙米(cao1mi3)”」)2.5Kgで38元。黒竜江産。
*ちなみに、この“糙”って字、「粗雑である、大雑把である、きめが粗い」という意味らしい。

作り方は前回と同じで、玄米カップ2分の1に水カップ4を入れて、炊飯器のおかゆタイマーにセットしておくだけ。
一晩つけておくことになるせいか、硬くもなく、ちょっと玄米の香ばしさが残る、美味しいお粥になった。

 
081208_02.jpg 
ねぎのお粥

相棒が風邪気味の時に作ったお粥。

これはねぎが溶けたらいけない、と思い、炊飯器ではなく鍋で作った。

材料は、もち米2分の1カップ、ねぎ半本、生姜みじん切り5gぐらい。

もち米を洗ったら材料を全部鍋に入れて、水カップ4.5を入れ、鍋に蓋をして約40分煮る。
焦げ付かないようにときどき混ぜるのと、吹きこぼれに注意!

(できあがり直前に酢を少々たらしても美味しいらしい。)

ねぎの甘みと生姜が風邪に効いている感じがするし、もち米のもったり感に体が温まる感じがする。
風邪を引きかけたかな?って時に食べると体が温まっていいと思う。
ちなみに、もち米は中国語では「糯米(nuo4mi3)」。
これは普通に売っている。

 
081208_06.jpg
小豆のお粥

これも炊飯器。

分量は、いつもどおり、白米カップ4分の1、小豆カップ4分の1、水カップ4で、お粥タイマー。

小豆そのもののほんのりとした甘さが美味しい。
小豆は身体を温める食品で、血を造り、血液の循環をよくするというので、特に女性にはおすすめのお粥。
夏はむくみを取るのに緑豆のスープをよく飲むけど、冬は小豆が良いみたい。

+++

北京風のお粥は塩を入れない。

塩味はおかずや漬物で取るのが習慣らしい。

日本だったら梅干しやおかかになるけど、北京だったら、こんなのを常備しておくと便利かも。

081208_05.jpg 
左;腐乳(fu3ru3) 別名:醤豆腐(jiang4dou4fu)
右:ザーサイ


「腐乳」、確かに見た目、キショイ。しかも、「腐った乳」って名前もちょっとイヤだ。
これは豆腐にカビを生育させた後塩漬けにし、酒、塩、麹、香辛料からなるもろみに漬け込んで発酵させた食品。赤いのは紅麹を使っているからだとかで、他に黄色や白いものもある。
わたしが購入したものは白酒に漬けこんでいるので、ちょい白酒臭い。(紹興酒に漬けたものもあるらしい。今度は紹興酒バージョンを買ってみたい。)
ちなみに、「臭豆腐(chou4dou4fu)」とは別物。

これ、中国のホテルでは朝食時、お粥コーナーの脇に置いてあったりするので見たことがある人は多いと思うけど、いかんせんこのビジュアル。食べるのは気が引ける。

でも、これ、食べると美味しい!
発酵食品好きなら、きっとハマる!
わたし的にはチーズっぽいこってり感が大変気に入っている。
これだけで酒のつまみになる!らしい・・・。(わたしはアルコールを飲まないのでわかりませんが。)

これを「酒盗」に例えた人もいるし、よく沖縄の「豆腐よう」と似ているとも言われている。
ちなみに、「豆腐よう」はこの腐乳がルーツではあるらしいけど、もろみに漬け込む前にカビ付けを行う腐乳に対して、豆腐ようではカビ付けがないことが大きな違いなのだとか。
(つまり、細かい製法は多少違うけど、味は似ているはず。)

これ、すっごく塩辛いので、ガッツリ食べると後悔する。
箸の先にほんのちょっと(3m㎡ぐらい)ずつ取って食べるのが正解。

先ほども書いたけど、北京のお粥は塩が入っていない。
お粥は塩が入ると瞬時に米が締まり、シャバシャバになってしまうのだとか。
なので、とろみの好きな北京っ子は、蓮華の縁にほんの一口分だけ腐乳を乗せて食べるらしい。
ここまでやると、粋だね。
今度、北京っ子のお粥の食べ方を観察してみよう。

ザーサイは日本でも売っている、あのザーサイ。
こちらでは塊状態のものも安く売っているけど、わたしは面倒くさいので、既に千切りになっている小分けタイプ(1袋1.4元ぐらい)を使っている。

081208_03.jpg 
腐乳コーナーに立っていたら、おじちゃんがさっとこのメーカーの
ものを買っていったので、迷わずこれにしたけど、 ちょい白酒臭い。
次回は紹興酒バージョンを試したい。
(しかし、ちょっとずつしか消費しないから、
この瓶を使いきるのはいつのことやら。
あ、でもコレ、お鍋のタレに入れたり、
炒めものに調味料としても使えます。)
1瓶 4.5元 (安っ!)
唐辛子入りもあるので、買うときには注意して!
(このブログを見て買う人がいたら、の話ですが。)

081208_04.jpg 
機内食でよくくれるメーカーのもの。
ザーサイって美味しいよね。
1袋 1.4元

+++

081208_07.jpg 
我が家もやっとクリスマス☆ツリーを出した。

+++

お粥情報はこの本↓を参照しました! 


 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/282-5daf3023

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。