スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

名前を説明するのって難しいよね@相棒編 

自分の名前を口頭で漢字で説明しなければならないシーンは、結構ある。あ、これ、日本語の場合の話ね。中国語でももちろんあるけど。

近年は「DQNネーム(ドキュンネーム)」なんて呼ばれている、ちょっとそれはどうなの系の名前の子供も多いみたいで、大人になって自分の名前説明するの大変なんじゃないの?と、非常にオーソドックスな「〇子」系の名前のわたしは思うのだけど、おっとその前に、うちの相棒の名前が大変だった。

バラさないと話が進まないので、本人承認済みの上でバラすけど、相棒の名前は
「峰樹(みねき)」という。漢字自体は特殊じゃないけど、ちょっと珍しいよね。
わたしも付き合って最初のころは間違えて「ミネオ」と呼んでいたぐらいだ。(←テキトーな性格なので。)
うちの父も、相棒が自分の義理の息子になってからも、「ミネキ」が覚えられなくて、「トシキさん」とか、え?誰それ?みたいな全然違う名前で呼んでいた。(これはうちの父子の問題かもしれませんが。新しい家族に対して超失礼。)

そんな相棒が、初対面の方に名前を説明している場面にちょくちょく出くわした。
相棒、かなりの苦戦を強いられている。
以下、実録相棒の苦戦、である。
ネタ臭いと思われるかもしれないが、これはノンフィクションであることをお伝えしておく。

【相棒の挑戦;その1】

質問者;「“ミネキ”さんって、どんな漢字を書かれるんですか?」

相 棒;「“キョホウ”の“ホウ”の字です。」

このとき、質問者の頭の中には、「巨」が浮かぶ。
しかし、「巨」が浮かんだ時点で、「ホウ」のことは忘れてしまい、「巨」と言ったら「乳」という連想ゲームが開始される。
は?「巨乳」さん?

【相棒の挑戦;その2】

質問者の顔を見て、(伝わってないな。)と思った相棒は、次の球を投げる。

相 棒;「えっと・・・“ニョホウ”の“ホウ”です。」

このとき、質問者の頭の中には、「女」が浮かぶ。
しかし、「女」が浮かんだ時点で、「ホウ」のことは忘れてしまい、「女(ニョ)」と言ったら「体(タイ)」という連想ゲームが開始される。
は?「女体」さん?
もう、こうなると、質問者の頭の中はエロスのスパイラスに陥り、何の話をしていたのか忘れてしまう。危険な状態だ。

【相棒の挑戦;その3】

危険な状態を察知し、相棒は更なるチャレンジを続ける。

相 棒;「えーっと・・・、“キリガミネ”の“ミネ”です。」

質問者はエロスの呪縛からやっと逃れるが、ここでも“霧”が浮かぶが、そこから“峰”までがちと遠い。やっぱりまだピンとこない顔をしている。

【相棒の挑戦;その4】

あと一息だ!相棒は渾身の一球を投げる。

相 棒;「あ、そうだ!“ミネフジコ”の“ミネ”です。」

ここで、質問者はやっと頭に“峰”の字を浮かべることができる。
長い道のりであった。
お互い、もうへとへとである。

+++

かのような様子をわたしは何回となく傍観してきた。
そして、一つの結論を得た。

漢字の説明をするときには、その漢字が最初の1文字でないと伝わりにくいのではないか。
つまり、「“子供”の“子”」はわかりやすいが、「“子供”の“供”」は頭に浮かびにくいのである。

そこで、10月の帰国時に、某居酒屋にて相棒の“峰”の字説明対策委員会を緊急開催した。

大事なことはただ一つ。“峰”の字が最初に来る単語で説明すること。

この点においては、「峰不二子」は非常に的確だ。
ただ、唯一の欠点を挙げれば、アニメの登場人物だけに、若干知性に欠ける、という点が指摘された。

fujiko.jpg 
フ~ジコちゃん

ここまで読まれた方は、あの人の名前があるじゃないか!と思うだろう。
そう、あの人。

mine.jpg 
峰 竜太
ミネ リュウタ

え?石原軍団だったの?の「峰竜太」である。この名前なら、知性にも(おそらく)欠けず、日本人ならまず知っている名前であろう。

ただ、この名前にも、唯一の欠点があるのだ。

それは、「峰竜太」と聞くと、その瞬間・・・

ryu.jpg
竜 雷太
リュウ ライタ

同じ石原軍団の連想からか、ゴリさんこと、「竜雷太」を連想されてしまう恐れがある。
はてなキーワード」の峰竜太の欄にはよく竜雷太と間違えられる」、「竜雷太」の欄には、 「よく峰竜太と間違えられる」と明記されているぐらいだ。
この2人の名前は非常に紛らわしいのだ。

そこで、「“峰竜太”と聞くと、“竜雷太”を思い浮かべてしまう」の法則を逆手にとり、今後、相棒は名前の説明をするときに、こう言えばよいのではないか、と結論付けられた。

 

「“竜雷太”の“峰”です。」

バッチシじゃん。

 

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

今日のネタ、面白すぎです。職場でこっそり読んでいて、おもわず噴出しそうになったのをこらえて、非常に不気味なニヤニヤ顔になってしまいました。
今日一日、楽しい気分ですごせそうです。

>ガァ子さん

コメントありがとうございます!
緊張とストレスの多い職場にて、一服の清涼剤(?)になれば幸いです。^^
(却って迷惑?!)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/278-089436a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。