スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

VELO TAXIに乗った@有楽町→東京駅 

見たことが無い乗り物を見ると、乗ってみたくて仕方が無いわたし。

銀座を歩いていたら、こんな不思議な自転車タクシーに遭遇。

081005_10.jpg 

乗りたいじゃん・・・。

有楽町の駅前で客待ちをしている自転車タクシーを発見。
丁度東京駅前の丸善まで行きたかったので、値段等聞いてみた。

料金体系は、初乗り50m¥300/人(子供¥200)、その後10m毎に¥50(子供¥30) 。

いやー、こんな平和的に、紳士的に料金交渉(交渉してないけど)したの初めて。
自転車タクシーやバイクタクシーに乗るのっていっつも中国だったりタイだったりベトナムだったりで、結構喧嘩腰チックに「騙されるな!」的精神で交渉してたからね。

「丸善までだったらいくらぐらいになります?」

と聞いたら、だいたい1人1000円ぐらいとのこと。高いけど、でも乗ってみたいし、この日はかなり歩いて疲れてもいたので、観光気分で乗ってみることにした。

081005_11.jpg 
これがVELO TAXI

「走行中、お兄さんに話しかけてもいいんですか?」

って聞いたら、「いいですよ♪」ということだったので、道中いろいろ聞いた。

このタクシーは発祥はドイツで、エコ目的に作られたとのこと。
この活動を行っているのはNPO。(正式には「NPO法人 環境共生都市推進協会」)
車体もすべてドイツからの輸入品で、日本には現在150台輸入されていて、有楽町以外の場所にもあるとのことだった。

「今までで一番遠くに行ったのはどこですか?」

と聞いてみたら、そのお兄さんが行ったのは秋葉原で、片道30分以上かかったとのこと。

「遠すぎるオーダーだったら、断ることあるんですか?」

との質問には、

「基本的には断りませんが、営業時間が過ぎちゃうときには時間的に断ることもあります」

との回答。ちなみに、現在の営業時間は午後6時までで、試験的に8時までやることもあるのだとか。

このタクシーで銀座の街を流していると、子供が指差したので、朗らかに手を振ったら、「乗りた~~~~い!」と言ってごねだした。お母さん、ゴメンナサイ。
信号待ちしていたら、結構写真撮られた。

 

ドイツ仕様なので、座席はゆったり快適。
メリィゴゥランドのかぼちゃの馬車に乗っているみたいな気分。楽し~!
いつもの街が違う感じに見える。

目的地へは約20分で到着。

料金は口頭交渉ではなくて、ちゃんとメーターが付いていて、レシートも発行される。

081005_13.jpg 
「一般自動車での移動と比較すると 約378gのCO2が削減されたことになります」
とレシートにちゃんと出てくる!
ちなみに、大人2人で約20分乗って1800円でした。

わたしはモリモリ歩くほうなので、有楽町から丸善までなら元気があれば歩くし、疲れていたらJRに乗るので、タクシーに乗るという選択肢はまずあり得ないから、VELOTAXIに乗ったことでCo2が実際に削減されたのか?というとまた違う議論なんだけど、でも、それはそれで置いておいて、「これぐらいの距離だとこれぐらいのCo2が出るんだな」と実感するのはとても新鮮な体験だった。

VELO TAXIのHPによると、環境教育のイベントなんかへの貸し出しもしているみたいで、こういうカッコイイエコって、いいね。
(北京の自転車タクシーがこうなったらえらい画期的!)

 

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/239-28cc1595

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。