スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

飛んできたペットボトルとその後*パラリンピック@北京 

パラリンピック一日目。

早速女子バスケ日本VS中国の応援に同僚と相棒の3人で行ってきた。

080907_01.jpg 
会場の北京科技大学
後者の前に白い毛沢東像が建っている。

080907_02.jpg 

この試合のチケットは自由席だったので、一つ前に行われていたブラジル×ドイツの試合も観戦できたことから、ブラジル・ドイツの試合中に会場に入り、終了直後に見易そうな席を確保する、という作戦にて、自由席エリアの最前列ど真ん中、という席をゲットできた。(ちなみにブラジル・ドイツはドイツの圧勝!)

この席だと、中国人サポーターを一身に背負うわけで非常に勇気がいるのだが、去年の車いすバスケアジア大会のとき日本は中国に圧勝していたことから、日本圧勝を見込み、こんな男らしい席を確保したのだった。→【過去日記】車椅子バスケを観戦してきた 

080907_03.jpg 
周囲は全部中国人という超~アウェイ席。
右端のカメラ目線の赤い鉢巻の男の子が後半登場する男の子。

試合開始15分ぐらい前に日本チーム入場。
まばらな拍手が起こる。後方からは「あれ、日本人?中国人そっくり!」という声が聞こえてきた。
日本人を見たことが無いのか?!
続いて中国チームの入場。
会場は割れんばかりの拍手!
完全なるアウェーの洗礼を受けた瞬間だった。

080907_04.jpg 
試合開始前の日本チーム。
がんばれ!!!

日本の圧勝かと思っていたら、どっこい、先制点は中国が入れた。
中国、めちゃ強い!
去年の試合は、中国は男子チーム、日本は男女混合チームだった。
混合チームにするぐらいだから日本の女子は強い、と思っていたのだが、それはそれで当たっていたと思うけど、中国、実は男子は弱くて女子は強い?!
予想と違うぞ!

点の入れあいが続き、第1セットは2点差でかろうじて日本の勝ち。
試合終了1秒前のシュートが決まる、というドキドキの試合だった。

080907_05.jpg 

第2セットはやはり2点差ぐらい(3点だったかな?)で中国の勝ち。
やばいぞ、日本!

日本の応援団は手前の自由席エリアではない場所に日本から来たらしい大きな応援団が一ついて、あと我々から見て右翼サイドにも1つ、やはり日本から来たらしい応援団がいた。
あとはパラパラ個人的に日の丸を振っている人がいたが、中国人サポーターを恐れてか、端っこの方に座っている日本人が多かった。
なので、ときどき右翼サイドから「ニッポン!チャチャチャ!」の応援が聞こえると我々もそれに乗って声を出していたが、2コールぐらいすると「中国!加油!」の声にかき消されていた。

第3セットはなんと43-43で同点!きゃー!

080907_06.jpg 
43-43!

第4セットの前に5分程度の休憩があったのだが、このときちょっとした事件が起きた。
休憩中、ノリノリの音楽がかかり、各所で音楽に合わせて五星紅旗や日の丸が踊っていたので、我々もなんとなくノリノリで日の丸を振っていたら、突然後方から中身の入っていないコーラのペットボトルが飛んできた。 あきらかに我々を狙って投げられたものだった。(頭上を通ったので当たりはしなかった)

一瞬シーンとする我々の周囲。

ちょうど通りかかったボランティアが当惑したようにそそくさとペットボトルを拾って去っていった。

そして試合開始。

試合後間も無く、日本選手のフリースローがあった。
相棒が選手に大声で「がんばれ~~~!」と叫んだ。
そしたら、すぐ後ろにいた女の子が日本語で真似をして「がんばれ~!」と叫んだ。
同時に、すぐ後ろにいた「中国加油」と書かれた赤い鉢巻をした男の子が「それは『加油』の意味?」と中国語で聞いてきたので「そうだ」と応えると、「加油~!」と中国語で応援してくれた。

日本人選手のフリースローに、中国人が「がんばれ!」と応援してくれた。

今日の試合では、日本選手がフリースローをするとき、中国人サポーターは「ウ~~~」という低い声を出してイヤな雰囲気を作っていて、それがすごくイヤだった。
それぐらい、中国人サポーターは日本人選手に対して試合妨害とも言えるような応援をしていた。

なのに、このとき、少なくとも2人の中国人は日本選手を応援してくれた。

これは、ペットボトルを投げた中国人がいた事に対しての、彼らなりの「ごめんなさい」だったのだと思う。

ペットボトルが投げられた瞬間は、わたしもムカーッときて「中国人最悪!」と一瞬思ったのだけど、この応援を聞いて、当たり前だけど、みんながみんな心無いわけではなくて、そういう態度を恥ずかしいと思っている中国人もたくさんいるのだ、と知り、なんだかほっとした。

ペットボトルを投げられた瞬間、実はわたしは怖くなって後ろを振り返れなかったのだ。
相棒と同僚は振り返ったのだが、後ろにいた中国人は一様に「どうしよう」という表情をしていた、と言う。もし、このとき、投げた中国人以外の中国人もニヤニヤしていたり、嘲笑していたら、わたしは心の底からがっかりしたのだけど、現場にいた中国人からは「まずい!」という雰囲気が流れていたので、その中国人の良心に安心したのだった。どこの国にも、心無い人はいる。それだけのことだ。

試合は接戦の末、46-49で日本の勝ち!
最後までどちらが勝ってもおかしくない接戦だった。
スピード感もあるし、スリル満点の面白い試合だった。

080907_09.jpg 
46-49!
接戦の末、日本の勝利!

中国人の観戦マナーを心配していたのだけど、日本選手のフリースローへの妨害とも言えるコールはあったものの、車いすの選手が転倒後、元の姿勢に戻ったときには日中どちらの選手に対しても大きな拍手をしてくれていて、それはとっても良いことだな、と思った。

ペットボトルの一件は、あってはならない行為で、それだけで終わっていたらわたしの中でも「中国人サポーター、最悪!」となっていたかもしれないけど、その後、周囲の人たちが一生懸命フォローしてくれて、その姿勢がとっても嬉しかった。

マスコミの報道では、ペットボトルが日本人に向けて投げられた、で終わってしまいそうだけど、現場には「その後」があることも知った。むしろ、「その後」のほうが大切だと思う。

今回、この日記を書いたけど、読んだ方に記憶して欲しいのは、ペットボトルを投げた中国人がいたことではなく、それを一生懸命フォローしようとしてくれた中国人がいたことだ。
報道されない事実を知って欲しいと思う。

試合後、赤い鉢巻の男の子に「良い試合だったね!」と握手を求めたら、彼も英語で「I Love Japanese!」とリップサービスをしてくれた。

国際試合は、こういう終わり方をしたいよね。

080907_08.jpg 
試合終了後の日本チーム!
カッコよかったよ~!
次の試合も頑張れ!

+++

★日本代表出場選手の名簿について
競技種目別の出場選手名簿(氏名、性別、障害名記載)は、以下のサイトに載っています。


Yahoo Japan (JPCオフィシャルパートナー) パラリンピック出場選手名簿
http://event.yahoo.co.jp/para2008/athlete/index.html


★パラリンピックの競技ってどんな競技?どんなルール?
パラリンピックでは、聞きなれない競技があったり、一般種目と多少ルールが異なる場合がありますが、その競技内容説明の詳細は、以下からどうぞ。


財団法人日本障害者スポーツ協会(JPCオフィシャルパートナー) パラリンピック実施競技説明
http://www.jsad.or.jp/q_a/qa_2.htm#at

Yahoo Japan(JPCオフィシャルパートナー)パラリンピック実施競技説明
http://event.yahoo.co.jp/para2008/para_event/index.html#01

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

上手くいえないけど・・・。

ともこさん、今日の記事を読んですごく心が動かされました。
オリンピック開催中に中国人サポーターから嫌がらせを受けたような記事もどこかで見かけました。
そういうのを読むと「中国人って・・・」って一括りにした言葉が口をついて出そうになります。
でも、そうじゃなんですよね。
「心無い人もいるし、そうじゃない人も沢山いる。」
それは、どこの国に行ってもそうなんですよね。
ワタシも今、色んな人種のいる国に住んでいますが、だからこそ「○○人は・・・。」っていう安易なステレオタイプの捉え方はしたくないって、いつも思っています。

感動しました。

最近、仕事上でも「まったくこの国の人たちは。。。」と思うことが多くあったのですが、人から聞いた話や自分が体験したことを含め、広い「眼」を持たなければならないと、律せられた思いがしました。

ありがとうございました。

>Tessさん

オリンピック中にも似たような記事が出ていて、それを読んだときには私も「ひどい中国人がいるな」と思ったのですが、今回の件で、きっと周囲にはそういう心無い行動をとった中国人を快く思っていない、もっと多くの中国人がいたんじゃないかな、と想像することができました。

やっぱり、現場にいないとわからないことは多いんですよね。

>ジウさん

相手が日本人でも中国人でも、嫌なことがあると「坊主憎けりゃ」的になり勝ちですが、一歩引くと違う面も見えてきたりして、今回の件もペットボトルが飛んできた時点で大騒ぎしなくて良かったな、と思っています。
わたしにとってもひとつの大きな教訓です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/229-e87ab041

北京パラリンピック(北京パラ五輪)陸上観戦 in 中国北京

北京パラリンピック(北京パラ五輪)陸上を観戦してきました。 場所はメインスタジアムの北京国家体育場(鳥の巣)。 北京オリンピック(...

  • [2008/09/14 02:13]
  • URL |
  • 北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog) |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。