スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

野球日韓戦観戦記/竹島問題の旗@北京オリンピック 

オリンピック観戦2種目目は野球。しかも日韓戦。燃える。

この日は前日から最近稀に見る良い天気。
(噂ではこの週末は陸上やマラソンがあるため人口雨で金曜日あたりから晴れるように操作したとか。)

08080016_01.jpg 
早い時間にCCTV新社屋の前を通りかかった。
かなり完成している様子

08080016_02.jpg 
こんなにクッキリ見えるなんて、かなり空気がクリアな証拠!

前回の柔道以上に気合を入れて、顔やら背中やらに応援のボディーペインティング。

08080016_03.jpg
相棒は顔に
左「がんばれ!」右「ニッポン!」

08080016_04.jpg 08080016_05.jpg
わたしは背中に「がんばれ!ニッポン!」
顔には国旗、胸のところにも国旗!

気合を入れて出発!

野球の応援は人生で3回目。
初野球応援は甲子園。高校時代、野球部が春の選抜に出場し、しかもリハーサルでも本番でもくじで「1」を引いたので選手宣誓もして、第1試合に出場。負けて一番最初に帰ったんだけどね。
それと、東京ドームを見るためだけに行った9年前のオリックス×日ハム戦。
イチローを見たことぐらいしか覚えていない。

今回の会場の五棵松は地下鉄の駅のすぐ側。
オリンピックチケットを持っていると、地下鉄とバスは当日無料で乗れる。なんだか特権ぽくて嬉しいので、もちろん地下鉄を利用。

五棵松は野球とバスケの会場になっているので、駅から会場までの間が大混乱。

今からバスケや野球の応援に行く人、応援が終わって帰って来る人、ダフ屋、チケットが欲しい人・・・。
なぜかこのエリアには警官もボランティアもいないので、混雑したい放題。

大衆をかきわけて、会場入り口へ。

前回来た時にはスモッグがひどくて見られなかったバスケ会場を正面に見る。

08080016_06.jpg
バスケ会場。
昼間は金色。暗くなると電飾で色が変わる。

08080016_23.jpg 
野球会場の入り口で渡されたリストバンド。
バスケ会場の観客と区別するため?

今回の席は外野だった。会場はVIP席はガラガラだったけど、内野・外野ともに8割以上は埋まっていた感じ。試合開始前から韓国の応援団の声が激しい。

韓国は団体で来ているのか、応援団が固まっていて、すごく組織的な応援をしている。
一方、日本は内野席の一部に大きな応援団がいて(たぶん日本から来た応援団)、それ以外はまばらなので、人数の割にはまとまった応援にならず、声では負けてる感じ。

思っていたより球場が狭いので、外野がすぐ真下に見える。思ったほど内野までも遠くない。

08080016_07.jpg
外野席後方の巨大スクリーンで試合の模様が映し出される。
日本チームの入場。
先発は和田。

08080016_08.jpg 
プレイボールの午後7時。
天気もよく、空がとても綺麗。
 

08080016_09.jpg 
だんだん暮れていく空。
気温も暑くも無く、涼しすぎず。
風もあり、虫もおらず。
超快適!
ビール(わたしはコーラ)&ポップコーンでナイター観戦。最高!

08080016_10.jpg 

 08080016_11.jpg
スクリーンで選手の紹介もされる。

08080016_12.jpg 
だんだん暮れていく。

08080016_13.jpg 
途中、福娃(フーワー)が出てくる休憩タイムがあった。
野球や格闘技関係の福娃はパンダの迎迎(インイン)なので、
インイン1人しか出てこなかった。
スクリーンの方では他の福娃も応援。

08080016_14.jpg 

以前、ワールドカップの時、北京のとあるバーでの応援映像を見ていたら、阪神のユニフォーム来て応援している虎キチがいたので、今回も絶対阪神ファンいるよ・・・と探してみていたら・・・

08080016_15.jpg 
やっぱりいた!
阪神ファンに間違いないが、なぜか「稲葉さ~~~ん!」と稲葉(日ハム)を応援。
外野席の真下ライトに稲葉がいたからか。

写真に撮れなかったが、阪神ユニフォーム着用の応援者もやはり数名いた。あと、ヤクルトユニフォームも。

うれしかったのが、欧米人の日本チームサポーター。
ただ観戦に来ているのではなく、日本サポーターとして参加してくれた欧米人が結構いた。
たぶん、アメリカ人。イチローとか松井の影響か。

わたしの周囲の応援は、最初はそれほど盛り上がっていなかったのだけど、前の席に子供が2人いて、その子たちが「ニッポン!(チャチャチャ)」と応援したので、それに乗ってあげる形で応援したら、その輪が広がっていく感じでその辺一体の日本人たちが声を出し始めた。

後半は、後ろの席の日本人サポーターの人が「かっとばせー!あらい!」などと音頭を取ってくれたので、その人に続く感じで声出して応援した。

08080016_18.jpg 
日本人以上に気合の入った日本サポーターの外国人。
このほか、胸に日の丸のシールを貼ってる欧米人や、
新井がホームラン打ったときにハイタッチをしに来てくれたアメリカ人など、結構いた。
韓国サポーターの欧米人ももちろんいた

新井がホームラン打ったとき、二つ前の席にいたおじさんが握手をしてくたので、わーっと拍手して、周囲の日本人や外国人とやたらめったらハイタッチなどして喜んでいたら、後ろの席のおじさんが、「今の握手の人、『ニュースゼロ』の村尾さんですよ」と教えてくれた。

ニュースゼロ放送開始時(2006年10月)には既に北京に来ていた我々は、そういう番組があることは知っていたが残念ながら見たことが無く、村尾さんがそんなに有名人だとは知らず、ただのおっさんとして握手してしまった。握手したとき、カメラが回っていたので、番組で放送されるかも。
日本にいる方、見てみてください。(って、もう放送終わったかもしれないけど。)

08080016_20.jpg 
手前に写っているのが村尾キャスター。
知らないで映していたのだけど、村尾さんは微妙なカメラ目線・・・。

08080016_16.jpg 
気合の入った韓国サポーター。
攻撃時のみならず、守備のときにも応援がうるさいのは如何なものか。

試合結果は、みなさんご存知の通り。
先攻点でホームラン入れたのに、次の回で韓国にホームラン返しをされてしまい、接戦の末、9回の表で3点も入れられてしまった。
その後、9回の裏で日本もノーアウトの状態で1点を入れ、走者も2塁・3塁に出ているため、これは大逆転もアリ?!と、大興奮したが、結局追加点ならず、そのまま試合終了。

08080016_21.jpg
最後の打席で三振におわったG・G佐藤。
 

08080016_19.jpg 

試合は負けてしまったけど、最後までハラハラして、すごく楽しめた。
天気も最高で、外国人も含めた周囲のサポーター達と一緒になって応援できて、オリンピック満喫!という感じの応援だった。

08080016_17.jpg 
満月1日前の月。

最後は負けちゃったけど、しかも野球で韓国に負けるのって結構悔しかったけど、とても楽しい試合だったので、相棒が韓国サポーターにお願いして、国旗をチェンジしてもらい、わたしも韓国サポーターと握手して会場を後にした。

08080016_24.jpg 

08080016_22.jpg 

+++

最後の最後にちょっとがっかりしたこと。

韓国の勝利が決定したとき、サポーター達が立ち上がって喜んだんだけど、丁度わたしの前にいたサポーター数名がそのとき大きな旗を出して一瞬広げた。わたしは裏側から見たので全貌は見えなかったのだけど、韓国語表記のほかに「竹島は韓国の領土です」という日本語が読めたので、はっとしたのだった。

彼らがどういう意図でそんな旗を出したのか不明だが、その旗(結構大きい)は10秒ぐらい出して急いで畳まれて、もう一度出そうとして、周囲の韓国人に何か言われていて、再度出すことは無く、しまわれてしまった。

結局その旗は10秒ぐらいしか出されなかったので、見た日本人はほとんどいなかったと思われるが、偶然目にしてしまったわたしは、急に醒めたというか、「試合に負けて勝負に勝った」(byR1の鳥居みゆき)的な気持ちになった。

野球の試合と竹島問題は関係無いじゃん。勝ったら出そうと思って持ってきていたのか。

 
この試合の前日の女子サッカーも会場はひどい状態だったと聞いている。
15日は終戦記念日で、しかも日中の女子サッカーの試合があるため、秦皇島の会場では、事前に客席の3分の1を地元当局派遣のサクラで埋めるなどの戒厳体制を敷いたとのことだった。

警官ら8000人を配備 五輪女子サッカー、トラブル封印


この記事によると、「前の席にいた中国人男性に応援用風船で顔を小突かれ、日の丸の小旗を折られ、放り投げられた。」と書かれている。国際試合で相手の国を貶めるような態度は応援する者として最低な態度だと思う。しかも、中国は今回はホスト国なのに、その自覚が残念ながら感じられない。(前回の天津での日本×ナイジェリア戦も含めて)

わたしは幸いにも、このオリンピックで前回の柔道戦では周囲のフランス人サポーターと楽しく応援できたし、今回も韓国人サポーターと友好的に試合会場を去れて、オリンピックの醍醐味を味わうことが出来た。だから、最後の竹島の旗は本当に残念だった。

今回のオリンピックで中国が何個金を取るのか知らないが、このオリンピックの意味は金の数などではなく、中国がどれぐらい国際社会に通じる民度をもった社会であるのか世間に晒されるイベントであるのだとわたしは思っている。

後半1週間。閉幕式までホスト国の自覚をもった応援と態度を示して欲しいと思う。

+++

+++中華スイーツのご紹介+++


中国でもそろそろ月餅が売られ始めています。
(気になる中華スイーツの画像をクリックすると詳細ページに飛びます)

【右】【内閣総理大臣賞褒賞のナツメの月餅】 紅ナツメ餡の月餅

【中央】まろやか~!☆20個入り中華ミルクパン
揚げて練乳につけるのが本場の食べ方!
蒸すだけでももちろんOK!
まろやか~です!!☆
20個入りですので、家族で、友達でわいわいいただいちゃってください☆

【左】
【本格中華点心】カスタードパイ 
 


   

+++

【右】横浜中華街 耀盛號の杏仁豆腐
一日数十個しか作れない完全手作りの杏仁豆腐です。

【中央】
よみうりテレビ なるトモ で紹介されました!
美味しい『亀ゼリー』食べてみませんか?
ほんの少しの苦味と蜜の甘い味と香り♪
中華デザート『亀ゼリー』

【右】
横浜中華街大珍楼 五目ナッツ小月餅
しっとりとした生地の中に五目ナッツが入っています。 
 

     

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/222-27b9cb62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。