スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

空港線に乗りました@北京 

日本から友人が遊びに来てくれていたので、見送りに空港に行き、ちょうど1週間前に開通したばかりの空港線に乗ってみた。

成田などのイメージで、なんとなく地下から発車するイメージがあったので、2Fのフロアにそのまま電車が入ってくるのは意外だった。
でも、そのまま高い場所から外の景色が見られるのは、北京の空の玄関としてはなかなかよいつくりだと思う。

しかし。

ネットニュースなどで「ビニールハウスのよう」「暑い」と書いてあったのだけど、行ってみて納得。
気温が34℃ぐらいあった本日など、まさにビニールハウス状態。蒸し風呂。外より暑いぐらい。

08070026_01.jpg 
見た目は現代建築っぽく綺麗だが、
ガラスの天上は温度を溜め込み、
まさにビニールハウス状態。
一番むこうの方は電車が入ってくるためそのまま外に繋がっている。

08070026_02.jpg 
片道25元(375円)。
ちなみにリムジンバスだと16元(240円)、
タクシーだと電車の終点の東直門までだと約80元(1200円)。
バスは大きな荷物があるときなど不便が多かったので、
電車の開通は経済的にも非常にありがたい。

08070026_03.jpg 
2Fフロアに直接電車が入ってくる。

電車は15分に1本走っており、わたしはこの蒸し風呂のようなホームで10分ほど待っていたのだが、立っているだけで汗がダラダラ落ちてくる。ここで電車を待つのは15分が限界。それ以上立っていたらのぼせて気分が悪くなってしまいそう。この設計、8月のオリンピックに向けての設計だとしたら、完全に計算ミスだろう。

08070026_09.jpg 
乗ってしまうと冷房が効いていて快適。

08070026_10.jpg 
少々であるが荷物置き場もある。

08070026_11.jpg 
朝のラッシュ時の山手線の椅子のようなシートもある。

この電車は東直門-三元橋-第3ターミナル-第2ターミナルと進む。
なので、第3ターミナルから乗った場合、既に乗っている客がいて座席が埋まっている場合があるかもしれないが、これは第2で降りる客なので、少し待てば先に乗っていた客は全員降りてしまうのでご安心を。

08070026_05.jpg 
第3ターミナル駅を出たところ。

08070026_04.jpg 
外の景色。
成田から都心へ向かう景色よりは良いと思う。

数分走るとトンネルになり、第2ターミナルに着く。
東直門から乗っていた客はここで全員降りてしまうことになる。

08070026_06.jpg 
第2ターミナル。

第2を出発するとき、今度は電車は逆に(つまり後ろ向きに)出発する。
そして、そのまま東直門まで進む。
わたしは最初、進行方向を向いた席に座っていたため、第2以降、つまり全走行距離の半分以上を後ろ向きに進む事になってしまった。
結構これはポイントだと思う。
快適に25元を楽しみたい場合、第3を出るときには進行方向に向かって後ろ向きのシートに座れば、第2以降前向き方向で景色を楽しめる。

電車自体はスピードも速く、快適だった。

便利なものができたものである。

+++

電球7月20日から9月20日まで北京市内の道路にオリンピック専用レーンを設け、同レーンの通行権を持つ自動車を除き、その他の車両及び歩行者の通行を禁止する。【6月27日付北京市公安局通告】
(詳細は北京の規制特集!@オリンピック

08070026_07_olympic_lane.jpg
7月20日から適用されたオリンピック専用レーン。
オリンピック関係車輌しか走ってはいけないレーンだそう。

08070026_08_olympic_lane.jpg 
道にも五輪マークが書いてあるし、こんな看板も出ている。

7月20日から偶数・奇数の車輌規制ができて、渋滞が減ったかというとそうでもなくて、この五輪専用レーンのおかげで車線が一本減った道もたくさんできて、相変わらず渋滞は緩和されていない。
まだ五輪始まっていないんだから、適用しなくても良いのでは・・・?!

また、最近、特に夕食後の時間、タクシーが全然つかまらない。
タクシーの乗車率が異常に高くなっているように感じる。
これは車輌規制が始まって自家用車で食事に行けなくなったため、タクシーの利用率が上がっているためではないだろうか。
今週1週間、友人が来ていた為毎日外食をして、10時ごろタクシーを拾おうと思ったのだが、走っているタクシーに空車が無くてビックリした。
平日の夜10時ごろに、こんなにタクシーが拾えなかったことはかつて無かったように思う。
ま、今までは空きタクが多すぎたので、乗車率が上がることは経済の循環としても良いことなのかもしれないけど。

これから規制終了まで、いろいろなことが起こりそう。

+++
+++
+++

日本初上陸の海外雑貨やコスメ、ファッションのおしゃれな通販サイト:eyeco 

ひとり暮らし応援サイト。KUMIKAGU.com。
セミハンドメイドで組み立てるので、ハイセンスな家具をリーズナブルな価格で購入できます。
 

 

 ヘアサロン検索サイト。
首都圏の人気ヘアサロンでヘアエステ+カットが8800円(税込)で受けられるOZ限定プランを提供しています。

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

この記事はありがたい!

乗ったんですね!記事にしてくれてありがとう♪
ところで、市内まで何分ぐらいかかりましたか?汗だらだらはきついね。

>ソウコさん

市内から行く場合、東直門-T3が約25分、三元橋-T3が約20分でした。T3-T2間は5分強あったので、東直門-T2は30分強、三元橋-T2は25分強となります。
今の季節、T3のプラットフォームがキツイ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/206-37bcebc0

北京地下鉄空港線(エアポートエクスプレス)乗りました in 中国北京

北京市内から北京朱と国際空港を繋ぐ、北京地下鉄空港線に乗ってきました。 既にいろいろな方がネタとして挙げられていますが、この空港...

  • [2008/07/28 09:51]
  • URL |
  • 北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog) |
  • TOP ▲

-

管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。