スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

氷糖蓮子湯 緑豆添え 

「夏バテには緑豆のスープが良いですよ♪」と職場のスタッフに教えてもらい、さっそく作ってみました。

緑豆湯(日本語で言うと「緑豆ぜんざい」)は中国の夏の飲み物で、体内の水分調整をしてくれるので身体の余分な熱を冷ますそです。また、利尿作用があり、血液と体液の循環を活発にさせるので体内の水分調整でむくみが良くなり、痩せる体質になるとか!!!

その上、美肌効果も高く、皮膚に溜まった老廃物を取り除きキメの細かい滑らかな肌にすると言われているそう。美白効果も高いらしい。

これは摂取しないと。しかもかなり積極的に。

しかしながら欲張りなわたしは、緑豆だけでは物足りない感じがしたので、「氷糖蓮子湯(びんたんりぇんずたん)」に緑豆湯を組み合わせてみたら、結構はまってしまいました。

070529_01.jpg
こんな感じ



“総合カキ氷”等マメ系スイーツが好きな方は好きな味じゃないかと思います。(これ、マメたっぷりだよね!)

070318_02.jpg
【総合カキ氷】
緑豆初め、豆たっぷりの巨大かき氷!


060730_02.jpg
【豆系スイーツ】


+++
《緑豆湯》

+材料+
緑豆 100g /湯 400ccぐらいかな?割と適当に。/砂糖 少々(お好み)


① 緑豆を良く洗い、鍋に入れて沸騰した湯を注ぎ火にかける。
② 沸騰したら弱火にして20分煮る。
③ 好みの味で砂糖を入れる。(甘くないのが好きなら砂糖は無しで)

※温かいままでも冷やしても美味しいです。うちのスタッフが言うには、シロップだけ飲んでもOKだけど1日2杯までだそうです。(身体を冷やしすぎるから?)
茹で上が
った豆に牛乳を注いでも美味しいとか。


+++
《氷糖蓮子湯》

+材料+
蓮の実 /乾燥ナツメ/白キクラゲ/桂圓肉(龍眼の干したもの) 等お好みで/氷砂糖 少々(お好みで)


① 上記材料を鍋に入れ、水を注ぎ10分煮る


+++

緑豆湯の上に氷糖蓮子湯のシロップと具を乗せると、なんちゃってチャイニーズスイーツになります。冷蔵庫に冷やしておいて、小腹が空いた時に食べてもGood!
(あんまり日持ちはしないかも・・・)

緑豆は100gでもかなりの量になるので、食欲に自信のない方は50gぐらいでも十分。


+++


【効能】

070529_02.jpg



緑豆・・・身体の余分な熱を冷ます。胃腸の働きを整える。利尿効果が高く、身体にたまった毒素を排出し、肌や血をきれいにする。
    
緑豆そのものはあまり日本では見ないが、“春雨”や“もやし”として日常的に摂取している。


蓮の実・・・消化機能をコントロールし、心を落ち着かせ、イライラを取り除く。



060714_02.jpg
蓮の実

060714_01.jpg
蓮の実(1つ1つはこんな感じ)
蓮の実のシーズン(夏)はお菓子代わりにむしってぽりぽり生で食べます。
スイーツ使うのは乾燥させたものです。



ナツメ・・・動悸、息切れ、筋力強化、不眠、多汗、薬物の副作用緩和など。また、中国には「1日3個ナツメを食べれば年を取らない」ということわざがあるほど、老化防止、美肌効果にもすぐれている。


白キクラゲ・・・滋養強壮、肺機能を潤し、胃を丈夫にし、体内水分を増やし、血液をきれいにし、せきを止める。食物繊維が豊富で美容によい。

桂圓肉・・・果物の竜眼を乾燥した果肉。カリウムが豊富で美容と健康に良い天然ミネラルがたっぷり含まれてる。コクのある甘さがあり、精神をリラックスさせたり貧血に良いといわれてる。 北京では皮付きの「桂圓」
しか見かけないが、中国南方に行くと皮を向いた「桂圓肉」をスーパーなどで入手できる。「桂圓肉」のほうが肉厚で味も良いと思う。(「桂圓肉」を煮物に1,2粒入れるとコクが出て美味しくなるとの報告アリ)

氷砂糖・・・身体の余分な熱をさます。水分代謝をよくする。















スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

緑豆もそうですが、小豆も同様の効果があるですよ。
甘く炊くだけでなく、昆布と一緒に醤油で炊いておくと、ちょっとしたおかずにもなるです。

乙女にはたまらない、なんて素晴らしい美肌ダイエットmenu!
日本でこんなsweetsの記事が出たら
すぐ買いに走ってしまいそうです。

早速パクらせて頂きます!

>ヨシダさん
日本では緑豆じゃなくて小豆の方が食卓で発達したんですね。こちらではアンコは普通にあるけど、そのままの姿だと小豆と緑豆では圧倒的に緑豆の出番の方が多いように思います。産地の違いとかかな?

>mayumiさん
効果の程はまだわかりませんが、緑豆の食感にはまってしまい、もはや主食と化しています。
食べすぎは良くないかもしれませんが・・・。^^;

調べたわけではないので不確かですが、小豆の方が(栽培するにあたって)日本の風土に適してた(容易だった?)のかもしれませんね。
祖母の家(農家)などに行くと、畑の脇に、何かのついでのように小豆や枝豆、青豆が植えられてたもんです。

>ヨシダさん

畑の脇の小豆、見たことあります!
そういえば、緑豆の生えてる姿、見たことないなぁ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/19-2d76048e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。