スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

6月8日は端午節。 

日本では端午の節句と言えば5月5日だが、中国では節句は旧暦を使うので、今年は6月8日。

中国では端午節には「粽(ちまき)」を食べる。日本の和菓子のようなちまきではなくて、所謂中華粽のほう。

この中国の粽もいろいろと地方色がある。わたしが最初に食べた端午節の粽は、白いもち米の中に棗(ナツメ)の実が入っていて、しかもその粽に砂糖をたくさんまぶして食べるもの。これは中国北方の粽らしいが、正直あまり美味しくない・・・というか、個人的には好きではない。
瀋陽にいるとき、端午節の前日にいろんな人からこれをもらい、消費に困った記憶がある。

なので、中秋節の月餅には萌えるわたしも、端午節の粽にはイマイチ萌えが入らなかったのだが、一緒に仕事をしている中国人スタッフに、「台湾肉粽は美味しいですよ」と教えてもらったので、今年はそれにトライすることにした。

スーパーに行くと、先週は無かった粽コーナーができている。

手作り風・冷凍・真空パック・・・いろいろ種類も多い。

具については、ナツメ&あんこタイプ、「嘉興風」と書かれたもの(原料を見ると、味付のもち米の粽の中に豚肉が入っているタイプらしい)、そして「台湾肉粽」があった。日本人が「中華粽」として認識しているのは具材的にも台湾肉粽のようなので、比較する必要性も考えられないことから、台湾肉粽1種類のみを購入。ちなみに、1個1.99元(約30円!中国の大手冷凍食品メーカー「龍鳳」の冷凍のもの)

080607_super_02.jpg
手作り(風?)粽
競うように買われていた。
@北京のヨーカ堂

080607_super_03.jpg
真空パックの粽(個別包装)
1個3.8元(57円)とちょい高め。

080607_super_04.jpg
冷凍粽。

080607_super_05.jpg
手作り用の材料も売っている。
ちゃんと葉っぱ(?)も売られていた。
(でも、どちらかというと売れているのは完成品のほう)

080608_chimaki_01.jpg
こちらは街中の路上で売られているちまき。

080608_chimaki_02.jpg
炎天下、外で売ってて傷まないのかな・・・。
こんなに売れるのかな・・・といろいろ心配。

080608_chimaki_03.jpg
うちで食べたちまき。
冷凍の「龍鳳」の台湾肉粽。

080608_chimaki_04.jpg
1個1.99元だったけど、美味しかったです。
(日本の回転飲茶〈←ってのがかつてあった〉レベルぐらいは美味しかった!)

+++

【おまけ画像】

080607_super_01.jpg
魚売り場になぜかサメが・・・。
肉って美味しいの?アルコール臭いとか言いません?
あるいは、中国では端午節にサメを食べる習慣があるとか・・・?!

ヨーカ堂@北京

 



スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/178-a3d52372

中国端午節の粽(ちまき) in 中国北京

端午節の本日、アイさん(お手伝いさん)が粽(ちまき)作って持ってきてくれました。 日本で端午の節句と言えば5月5日ですが、中国では旧...

  • [2008/06/09 15:28]
  • URL |
  • 北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog) |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。