スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

北京で手作り豆腐に挑戦◆炊飯器で蒸しパン 

日本のお豆腐屋さんで美味しい豆腐を食べ、「こういうの、いいなぁ」と思い「にがり」を買って持ってきた。

早速、豆腐を作ってみた。

作り方はネットで検索。

わたしはここ(http://ayur-indo.com/tofu.htm)とここ(http://joho2.info/kateisaien/2008/05/_3.html )のレシピ(?)を参照した。
他にもこういうサイト(http://www.leafpedia.com/pedia/mp12315/)もある。
作り方としては結構シンプル。
技術とかコツとかタイミングなんかが重要なんだろうな。
あとは素材。

まず最初は大豆をふやかすことから。

1.最初はレシピ通りに作ってみることにしているので、大豆300gを6カップ(1200CC)の水につけ、一晩置いておいた。

080607_tofu_01.jpg
真ん丸い大豆が細長くなる

2.次に数回に分けてミキサーで砕く。

080607_tofu_02.jpg
この状態を「生呉(なまご)」と呼ぶらしい。

3.大き目の鍋に8カップ(1600CC)の水を煮立たせ、そこに生呉を投入。その後は弱火で木べらで静かにかき回す。沸騰後10分ほど煮る。

080607_tofu_03.jpg
この段階ではまだ「おから」と「豆乳」が混ざった状態。

4.にがり10gを100CCのぬるま湯で溶かしておく。

5.生呉をこし袋にあける。袋の中に残るのが「おから」、ボールに出て行くのが「豆乳」。
この段階で豆乳としては完成。
(すぐに豆乳の表面に膜が張りますが、これが「生湯葉」。つまみ食いしたら美味しかった!)

こし袋は日本から持ってきたさらしのものを使ったが、中国でなら、不織布袋(お茶っ葉入れ用の倍ぐらいの大きさのものが漢方素材を煮る用でスーパーで売っている)でも代用できるかも。

080607_tofu_04.jpg
おから完成
これは後で大活躍します

080607_tofu_05.jpg
豆乳完成

6.こし袋の中の豆乳を菜ばしを使ってしぼる。とても熱いのでゴム手袋など着用して作業する。

7.豆乳を75℃~80℃にする。

8.豆乳の中ににがり液100CCを木べらをそえて少しずつ投入。その後、静かにかき回す。

080607_tofu_06.jpg
10分ぐらいすると凝固してくる

080607_tofu_07.jpg
こんな感じになってくる

9.ザルの上に布を置き、豆腐をしゃもじですくってザルに入れる。

080607_tofu_08.jpg
ザルの下にボールを置き、水をきれるようにしておく。
布は四隅を内側に折り、上に水の入ったボールを置いてしばらく水をきる。

10.水がきれたら出来上がり!

080607_tofu_09.jpg
型がないので不恰好だけど、それも味?!
おかかとねぎと醤油をたらしていただきました。
大豆の味が濃くて美味しかったです!

こうなってくると型も欲しくなるな・・・。
(商品詳細については画像をクリックしてください)

 
材料を入れて電子レンジにいれるだけで豆腐ができる容器。420円らしいです。



豆腐用の木型。2200円。東急ハンズでも売っているらしい。欲しい・・・。


手作り豆腐セット。2940円。まずはこれで材料を揃えるというのも手。 


にがり。にがりって北京で手に入るのかな。ちなみに中国語では「盐卤(yan lu)/卤水(lu shui)」というらしい。


同じく、にがり。

+++

 豆腐とともに、「おから」も主役!

「卯の花」も作りました。ミキサーで砕いただけなので目の粗さが心配だったのだけど、立派なおからになっていて、美味しく出来ました!

080607_tofu_10.jpg
写真にすると、「おから」の状態と変わらない感じですが・・・
一応調理済みの「卯の花」です。

レシピはこちらを参照↓
レシピ おからの炊いたん(卯の花♪) by uronn

+++

「卯の花」を作っても、まだおからが大量に余ったので、蒸しパンにしてみた。

080607_tofu_12.jpg
炊飯器で作ったおから入り蒸しパン チョコチップ入り

炊飯器を使ってのレシピで、材料を入れ込んでスイッチを入れたら出来上がり!

レシピはこれ↓
レシピ 炊飯器orレンジで♪おからの蒸しパン by akiaki

*材料*
生おから150g
ホットケーキミックス50g(←これも大量にキッチンに在庫があった)
卵1個
牛乳150ml~
塩 小さじ4分の1

これ、超~~~簡単で、しかも美味しかった!

冷やした方が美味しい、と書いてあったので、わたしも冷蔵庫で冷やして食べたのですが、確かに生地が締まって美味しくなる・
初日はレーズンを入れて、2日目はチョコチップ入り、3日目はレーズン&チョコチップで作った。
チョコチップバージョン、ヤバいほど美味しかったです。

ちなみに、おからは日持ちがしないかな、と思い、翌日までは冷蔵庫で保存、それ以降は冷凍したけどちゃんと使えました。

+++

おからがなくなってしまったけど、炊飯器蒸しパンの味にハマってしまったわたししは、そば粉で作れないかな、と思い、挑戦してみました。

080607_tofu_13.jpg
炊飯器で作ったそば粉蒸しパン レーズン入り

まぁ、それなりには出来たし、味も悪くは無かったけど、おから蒸しパンにあったしっとりさがなくて、ぱさぱさ気味・・・。
やはりおからのしっとり水分がミソみたいです。

材料を変えて再挑戦してみます。

にがりが無くても、豆乳までなら簡単に出来るし(以前も豆乳までは作っていた)、その段階でおからもできるので、おからのヘルシーレシピ、使えますよ。
(ちなみにミキサーは大中電気で199元にて購入したもの。ミルもついていて、桜海老を粉末にしたりもできるので、フル活用しています)

いや~、大豆って本当に「捨てるところナシ!」ですね。
こんなに食べ方を考えた昔の人は偉い!

(ところで、豆腐や豆乳を大量消費している中国では、「おから」は食用にしないんでしょうか?見逃してる?)



スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/177-74b1a47b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。