スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

名古屋喰い倒れ日記 その2 

2日目。まず朝ごはんは名古屋名物モーニングから。
名古屋飯ファイル;その5 コンパルのエビフライサンド
事前に入手した情報によると「名古屋人にとっては、コメダがマックだとするなら、コンパルはモスバーガーのような存在」とある。名古屋の双璧を成す喫茶店。これは行かねば。
(ちなみに、コメダのモーニングは特筆することはない、という情報を得ていたため、モーニングはコンパルにした)
これが噂の名古屋のモーニング。

080516_04.jpg
コーヒーの値段で、サンドイッチが付いてくる。
これで380円はお得。

080516_03.jpg
これはモーニングではないけど、コンパル一番人気・名古屋コンサートの際には
ユーミンも必ず食べるというエビフライサンド。
エビがプリプリしていて美味しい!
890円とちょい高ですが、1人では多すぎるぐらいのボリューム。

コンパルも、朝11時までのモーニングにも係わらず、着飾ったおばちゃんの集団が店内にたくさんいました。
ちなみに、11時を過ぎたらランチになる。(結局ずっとお得な感じ)
名古屋に来て思ったんだけど、名古屋の有名なお店って、「コメダ」とか「コンパル」(語源は“金春”らしい)とか、質屋の「コメヒョウ」とか、イマドキ風でない、というか、昭和風というか、名前変えない傾向があるよう。
それがまた、いい。
+++
それから名古屋港水族館へ。
080516_05.jpg
名古屋飯ファイル 番外編;
水族館に行く途中で食べた「八丁味噌ソフト」
味噌とソフトクリームの味が絶妙にマッチング~♪
(↑エドはるみ風に読まなくても良いです)

名古屋港水族館、他の地域ではあまり知られていないかもしれないけど、実は日本で3番目に入場者数が多い水族館なのだとか。
1位は沖縄の「美ら海」、2位は大阪の「南港」、そして3位が名古屋。
行ってみると納得。

入り口入ったとたん、正面の巨大水槽でシャチのクーちゃんとイルカが泳いでいるのが見える。
水槽デカ!
080516_06.jpg
後ろに見えているのがシャチのクーちゃん
この水族館は北館と南館があって、北館はシャチとイルカ専門の館のようで、ここでイルカショーや、日本で初の人工繁殖に成功したというベルーガ(白イルカ)の赤ちゃんのナナちゃんも見られる。
080516_16.jpg
時間が丁度良かったのでイルカショーを見学。
平日でガラ空きかと思っていたけど、小さい子供連れの家族、外国人(中国・香港・韓国・タイなど。結構多い)、修学旅行生が結構来ていて四割ぐらいの入り。

080516_07.jpg

080516_08.jpg


イルカのショーのあとはシャチのトレーニングも見られるし、このショーをやっているプールを下から見られるコーナーもあるので、土日で会場が満席のときには、水面の下からイルカやシャチも見られるという設計。これはなかなか迫力がある。

南館のほうでは、海亀の産卵及び孵化に成功していて、子海亀が水槽の中でたくさん泳いでいるのが見られる。
海亀の産卵予定日には、水族館に泊まって産卵を見ることも可能なのだとか。
ペンギンもたくさんいるし、南館も充分楽しい。

日本の水族館は展示も綺麗だし、楽しく観覧できるように工夫されているなぁ、と改めて思った。
この水族館、入場料は2000円とちょっとお高いけど、ショーや展示をじっくり見れば元は取れるって感じの規模の大きさ。
080516_09.jpg
昼食:水族館の中で
名古屋飯ファイル;その6 きしめん

080516_10.jpg
名古屋飯ファイル;その7 あんかけスパゲティー


その上、徒歩圏にある3つの施設(海洋博物館・展望台・南極観測船ふじ)との共通チケットだと2400円で合計4施設廻れる。(3施設の入場料は各300円)
当然我々は体力の限界に挑戦する覚悟で4施設廻った。

080516_11.jpg
南極観測船ふじ
この船が本当に南極に行ったのだと思うと、ロマンを感じます。
タロウ・ジロウも乗っていたのか?!

080516_15.jpg
展望台
ここの3Fが海洋博物館

080516_12.jpg
展望台から見た水族館
ど真ん中あたりに見えている丸い屋根の場所でイルカショーをやっていました

そして・・・

080516_13.jpg
すぐ前にはイタリア村

080516_14.jpg
閉村の在庫一掃セールが終わった翌日でした。
なんとも侘しいイタリア村・・・

+++
夜は中国関係の友人(日本人)と約3年ぶりの再開。
やっぱり古い友人は3年のギャップを感じないね。
あっという間に時間が過ぎてしまった感じ。
でも、彼女と名古屋で会えてよかった。
連れて行ってもらったのは名古屋コーチンが美味しい、という居酒屋「鳥開」。
初めて鳥の刺身を食べた。
これは新鮮じゃないと絶対にダメだね。
名古屋コーチン、旨かった!
080516_18.jpg
名古屋飯ファイル;その8 名古屋コーチン

++明日は名古屋城。 ++

080516_28.jpg
ご当地キティー
しゃちほこキティー

 



 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/168-9261a0f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。