スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

南鑼鼓巷雑貨屋散策/後海のカフェ 

「九門小吃」で腹ごなしをしたあとは、南鑼鼓巷へ。

12年前とは当然のこと、ここ1年でもどんどん変化している。
数ヶ月ごとに、いや、店単位だったら1ヶ月見ないうちに新しい店がで来ている感じ。
ここは今後、どうなっちゃうんだろう・・・。
もはや、観光地。

中央戯劇学院から南鑼鼓巷に出る道の左角にレストランがある。
今は小奇麗な雲南料理レストランになっているけど、12年前は「小売部」、つまり売店だった。
何でも売っていたので、通称「セブンイレブン」と呼んでいたので、新しい留学生が来ると、「セブンイレブンがあるんですか!」と驚いていたのだが、もちろん当時そんなものは無い。

その売店のオーナーが色の黒いオヤジで、いつも前のファスナーが開いていたので、我々は「セクシーブラック」と呼んでいた。我々が留学して1年後ぐらいにセクシーブラックの売店がレストランに変わった。
留学生からボッたくった金でレストランを開いた、と当時噂されていた。
そのレストランにも何度か行った。
当時は四川料理屋で、開業当時我々はセクシーブラックにいろいろと料理や接客のアドバイスをしたりしていた。
この日、雲南料理屋は閉まっていたので、これがまだセクシーブラックの店なのか確認できなかった。
でも、まだ彼がいたとしたら、なんとも今の南鑼鼓巷には似合わないオーナーだ。
というか、本当は南鑼鼓巷はセクシーブラックのような住人の場所だったのだけど。
この店をまだ売っていなかったら、いまやセクシーブラックも一財産持ちだ。

昔からこの通りは南鑼鼓巷だったけど、その名前を敢えて呼ぶ人もいないような普通の胡同だった。
それが今やこんな看板がかかる観光名所となってしまった。

bcd_08.jpg
bcd_09.jpg
道沿いにはこんなお洒落な店も。
この店は「三棵樹」(三本の樹)という名前だった。

ちょうど行った日はTravel i Counter & Original Souvenir Shop 『ARUYO』のオープンの日だった。 オーナーは日本人の方。
中国風の柄のついた可愛い雑貨のほか、日本で売られているアクセサリーなども置いていて、お洒落な中国人客もターゲットにしている様子。
 
bcd_18.jpg
中国の古装を可愛くデザインしたメモ帳(上)と
ポストイット(下)

bcd_17.jpg
中国人の若いデザイナーが作ったという毛○トウ語録のパロディー手帳

他にも可愛い雑貨・変わった雑貨を売っている店が続々とオープンしていた。
北京にはアートな雑貨が無いな、と思っていたけれど、やっとこの場所に生まれてきた感じ。

『ARUYO』から更に北に行った場所にある『grifted』というお店でわたしは心をわしづかみにされた!

bcd_14.jpg 
毛○トウ柄の傘!

top080306.jpg
図柄のアップ!

bcd_15.jpg 
毛○トウ柄のバック!

top080306_01.jpg
図柄のアップ!

この図柄に心を引かれ、購入しつつも、一抹の不安が・・・。
お店にいた女の子(ナチュラルに綺麗な感じの子。現代風でアートっぽい感じで、南鑼鼓巷に似合っている感じ)に、

「これ、北京で外で持ち歩いて大丈夫?」

と聞いたら、笑って

「没問題!」

と答えてくれましたが、
何かあったら怖いので、中国国外で使用したいと思っています。
bcd_16.jpg
これも購入。
これはBeijingTシャツだから北京で着ても問題ないね。
(台湾もちゃんと入ってるし←大陸で着るにはコレ重要。)
 
この柄のTシャツ、夏に中国来たことある人なら笑えるね!→コレ

南鑼鼓巷を更に北へ進むと、『布履〔Cloth Art〕』というお店があった。
ここはオリジナルかな?の赤と青の布で作ったぬいぐるみやキッチン用品が置いてある。

bcd_19.jpg
ミトンを購入。

このお店はダーシーさんのブログでぬいぐるみのネズミが紹介されていたので興味があったのだが、ぬいぐるみも可愛かったし、オリジナルキッチン用品も素敵だった。(ミトンのほかに、ランチョンマットになるナプキンとか、テーブルクロスもあった。ぬいぐるみは像や枕になるパンダも可愛かった!)

+++

南鑼鼓巷を出て、煙袋斜街へ。
屋上にテラスのあるカフェでひと休み。
眼下に後海、反対側には鼓楼・鐘楼が見渡せる絶好のポイントで風に吹かれながらジュースを飲む。

bcd_21.jpg
テラスからみた景色
写真に撮るとボロい感じだけど、実際はかなり趣があってなかなか良いよ。

休憩が終わったら、煙袋斜街を抜けて後海へ。

bcd_11.jpg
夕暮れの後海はなかなかの風景です

後海・前海沿いを散策。

+++

夕食は友人のリクエストにより羊肉しゃぶしゃぶの『東来順』へ。
王府井のマクドナルドの近くにある店に行ったら満席ということで、もうひとつの店舗に連れて行かれた。もう1つの店舗、というのはあのスポーツデパートの横かな、遠いな、と思っていたら東安市場5Fにあった。ここ、意外に穴場かも。

(ちなみに、東来順の緑の制服を来て、「東来順」と書かれた赤いたすきがけをしたデカイにーちゃんが「貴賓歓迎!東来順!」みたいなことが書かれたプレートを掲げて我々を5Fの店まで先導してくれた。結構恥ずかしい。)

大人6人、子供1人だったので、大鍋で注文。
こんなデカイ鍋が来た。
背が高すぎて立って取るしかない。
しかも、深いので下のほうに沈んだ具が取れない!

bcd_12.jpg

でも、さすが東来順、美味しかった。(肉美味しいし、ゴマダレも美味しいのかな?)

買い物も満喫!食も満喫!


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

ほほぉ

griftedいいですねぇ。
毛沢東グッツに魅かれました。ってことで、真似させて下さい。いやぁ、これはいい!!

ARUYOもグッツ充実してきたみたいですね。
またチェックしに行かねば。。。w

>ダーシーさん
南鑼鼓巷は日々店の感じが変わっているようで、コマメにチェックしないとわからなくなってしまいますね!
ARUYOも要チェックだし、griftedも、かなり面白い店ですよ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/156-c3cb6654

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。