スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

読書 

気持ちがザラついているとき、不安定なとき、刺激の強いモノを精神的に摂取したくなる。

自分が不安定なのに、或いは不安定だから、か、不安定なものが欲しくなる。

日本にいるときにはホラー映画だった。
ホラー映画が流行っていたこともあり、ホラー映画ばかり見ていた。

最近は本。

春節以降、めまぐるしく忙しく、息つく暇のないほどのスピード感だったが、だからこそ、寝る前の少しの時間本を読む。
一日のうち、一瞬でも日常から離脱することで、リラックスできる感じがする。たとえ、その時間睡眠時間が減ったとしても。

そんな時間を集めると、結構な数の本が読める。
(ちなみに、わたしは本やマンガを読むのがとても遅い。基本、音読のスピード)

最近読んだ本;
本



『半島を出よ』(村上龍)を読んでから龍作品に飢えて読み続けた。


『昭和歌謡大全集』


『五分後の世界』


『希望の国のエクソダス』



『愛と幻想のファシズム』


『イン・ザ・ミソスープ』

送ってもらったり、持ってきてもらった龍本が無くなってしまったため、とりあえず龍作品はここまで。


本その他


『悪人』(吉田修一)←泣いた・・・。貸して下さったJさんに感謝です!


『ホームレス中学生』(田村裕)←『東京タワー』並みに思ったとおり。こういう本が100万部売れるのか、と思うとなんとなくツマラナイ。


『人のセックスを笑うな』(山崎ナオコーラ)←期待していなかったけど面白かった。映画のほうも見たい。


『わたくし率、イン 歯ー、または世界』(川上未映子)←面白かったし、この人が芥川賞とるのは理解できた。今のところ、他の作品を読みたいとは思わないけど。今の気持ちとは合わないってことかな?

本
来週、友人が来るのでまたちょっと持ってきてもらう予定になっている。楽しみ。

【北京百景】

080325_01.jpg

080325_02.jpg

080325_03.jpg

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/153-8bc74cd9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。