スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

「鳥居みゆき」を検索しまくっていました 

コトの始まりはR1グランプリの結果をYahoo!ニュースで読んでいたときだった。優勝したなだぎ以外の芸人、知らないなぁ。チェックしなきゃ。決勝進出の6名の中に女芸人が1人。早速YouTubeでR1の決勝ネタをみたところ、正直「なんだ?これ???」と思った。決勝進出インタビューを聞いても「なんだ?このキャラ作り・・・・」としか思えない。ただ、なんか引っかかる。決勝ネタはわかんなかったけど、このネタに行き着くまでのネタに興味が湧いて、このなんかひっかかる女芸人・鳥居みゆきを検索しまくった。
で、見つけたのがこのネタ『妄想結婚式』。






なんか、頭をガツンとやられたような気がして、この日から家にいる時間はYouTubeとニコ動で「鳥居みゆき」の動画を検索しまくる日々が続いた。

たぶん、今現在Upされている動画は全部見たと思う。

いろいろ検索して分ったこと。
この芸人さん、今26歳で芸歴8年ってことは18歳の時から芸人をやっているらしい。
小野真由美が注目されたきっかけになった「アコム」のCMの最終選考に残るぐらいの美形。
前述の『妄想結婚式』のネタもそうだけど、鳥居みゆきのネタは倫理的にかなり危く、地上波では放送無理、ってことで美形にも関わらずライブが主な活動になっていた模様。
ブレークのきっかけは去年の10月ごろ、インターネット放送Gyaoで放送されたカンニング竹山とのやり取りがすごくて、放送後ニコ動にアップされ、1ヶ月で30万ヒットしたことから地上波に出るようになったらしい。いまや「伝説」と呼ばれている動画だそうだが、わたしもこれ見て、「神」を感じました。いや、マジ、スゴイです。やりとりが。
(Gyao見たいのに、海外からの接続はできないらしい。残念!)

【カンニング竹山との面接動画】




その2 その3

いまや木下さん(←これたまらなく好き!)が出てくる「まさこ」ネタはたぶん日本ではメジャーネタなんじゃないかと思うんだけど、「数子」や「麻衣子」も秀逸で、鳥居みゆきのスゴイことは、どのネタもTVでやっているんじゃなくて(「まさこ」も木下さんネタの全部は地上波無理じゃないかなぁ)ネットの動画で広まっているってことなんだよね。なので、こんな北京のはしくれに住んでいるわたしまで同じネタを見ることが出来る。

鳥居みゆきを知ってすごくショックで、何がショックって、8年間もこんなネタやって生きてる人がいるという存在自体がショックだった。鳥肌が立った。やっぱそうだよね。こういうネタやる人なんだよね。TVなんてどうでもいい芸人さんなんだ。

「まさこ」ってすごく完成度の高いネタだと思うんだけど、ここまで普通、辿り着けないと思うんだよね。8年間も続けられるっていうのは、好きという気持ちが経済的な問題とか、そういう現実的な問題に勝ち続けなきゃできないことで、たぶん芸人さんとか役者さん、芸術家っていうのはそれしかできない人がなっていくもんなんだろうな、とか、いろいろ考えてしまった。才能っていうのは初めから「ある」んじゃなくて、続けられること=才能なんだな、と改めて思ったりして。いやー、「まさこ」が生まれたこと自体が奇跡のような才能だと思う。

わたしなんかは無難な人間なので、やれと言われたことは一応要求されたレベルまでできるんだけど、できてしまうからやってしまって、只凡人なので一般レベル以上にできる、ということもなく、まぁ、いわゆるソツの無い仕事しかできないわけで。使う側には便利な存在だけど、自分的にはとってもツマラナイ。わたしは戦後の民主主義教育の悪い成果品だ。或いは典型的な日本人労働者。

ツマラナイ、不自由だ、という環境は、まさに自分が作り出している、ということを、こういう人を見ると思い知らされてしまう。

そういう状況で鳥居みゆきを見ると、まさに神。突き抜けている。

願わくばTVで消費されてしまわないことを祈って。
まぁ、こういう芸風の人に流行りもブームも無いんでしょうけど。
大衆が勝手に持ち上げて、勝手に飽きるだけ。

鳥居みゆきの検索を引き続き続けるとともに、最近は「世界のナベアツ」の検索を開始している。彼、わたしと年が同じらしく、やっぱわたしから見ると神。(この人もR1決勝進出してる。やっぱ決勝出る人はスゴイなぁ。)


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

私は芋洗坂係長が、テンションの痩せていた方だった、ということが衝撃でした...。

v-7ヨシダさん
確かにそれも衝撃でした!
YouTubeで見たとき、「芸歴長そうな人だな・・」と思ったけど、まさかテンションの人だったとは!!!でも、それ知ってかなり納得できました。芸がこなれてましたもんね。

初めてコメントさせて頂きます。
貴ブログを大変興味深く拝見しております。
鳥居美由紀のネタでは、妄想葬儀が一番好きです。ネタというか、アートの域ですね。
昨年10月から、日本を離れて生活しており、大好きなお笑いから遠ざかっておりましたが、これを期に、報告書作成そっちのけで、毎日you tubeにて、新しいネタをチェックしたいと考えております。
因みに、好きな芸人は鳥肌実です。

週末おのじと二人でこれ見て大爆笑。
1時間くらいみちゃいましたよ。
おのじ曰くよい週末を終えることが出来てよかったらしいです。

v-39賢治さん
コメントありがとうございます。
YouTubeの正しい鑑賞法としては、まず報告書を作成した後送付、証憑等の送付の必要がある場合にはこれも送付ののち、ゆっくりとご鑑賞下さい。

鳥肌実って、芸人、だったんだ・・・。

v-39あいこぽん
おのじさんにも好評で嬉しいです。
お2人仲良いようで、これも何より!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/139-0451fd8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。