スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

BIG京客隆◆甜水園店 

超ローカル北京ネタになりますが、朝陽公園南口付近、パームスプリングス横の「生活広場」の更に南方に以前「京客隆」という北京ローカルスーパーがあったのですが、先日通りかかったらそれがBIGに成長していたのに驚きました!


080120_01.jpg
京客隆 甜水園店 4F建てスーパーです


080120_02.jpg
去年10月にオープンしたらしい。


パームスプリングス生活広場には、かつては王府井ヨーカ堂があり、イマイチ規模がハンパだな、と思っているうちに潰れてしまったのですが、やはり京客隆に負けたというわけですね。(ちなみに、北京には「華堂(イトウヨーカ堂)」と「王府井華堂(王府井ヨーカ堂)」の2種類のヨーカ堂があります)

生活広場にはスープマートカフェがあったのにこれも移転かと思いきやなくなってしまいました。ここの牛タンシチューやケーキ、好きだったのにな。
焼肉『松岡』はラッキーストリートに移転しましたね。
やはり、ここ、ハンパに場所が悪かったのでしょうか。(パームスプリングスの客は来ないのですかね)

で、勝ち組の京客隆を視察。

4F建て。ブルース・リーのデザインが気になる『真功夫』や吉野家、KFCも入っていて、わたしの知る限り京客隆の中では最大規模のように思います。

早速中へ。
入り口ではかわいいわんちゃんが立ってお出迎え。


080120_03.jpg


手荷物を無料で預けられるロッカーもあります。


1フロアはかなり広く、1F・2Fが食料品、3Fが生活用品、4Fが衣類・靴・スポーツ用品という余裕の品揃え。フロアが広いので、列の間隔も広く、あのデカいカートを押していてもすれちがう時邪魔にならないのが良いです。

それにしても、食品だけで2フロア使うなんて、中国、食に溢れているなぁ、と思います。
実際、エスカレーターで上がっていく時下を見下ろすと、ズラーッと並ぶ食品の列は圧巻ですらあります。この規模、この品揃え、日本のスーパーの方、視察に来られたら驚くのではないでしょうか。(来ているとは思いますが)


080120_06.jpg
ず~~~~~っと向こうから手前まで全部インスタントラーメン
赤いパッケージが多いですね。
とにかくすごい種類!


080120_05.jpg
これはぜ~~~~~んぶです。
春節前には「飲むんかい!」というぐらいの量の油をみなさん買われます。
ちなみに、油はこれだけでなく、
このコーナーの手前のワゴン4つにも特売のが売られていました。


080120_07.jpg
新発売のスープの広告


080120_08.jpg
日本人的にはビミョーにキモい
中国人的には「美味しそう♪」なんだろうな。
やっぱ、感覚が違う・・・。


同じ種類のものを並べている、ということもありますが、種類も確かに多いですね。
但し、ここはローカルスーパーなので、わたしの欲しいものは微妙に無いのですが。
例えば、朝食に食べている「QUAKER(桂格)」のオートミール(中国現地生産)とか、ダウニーの柔軟剤(輸入品)とか、塩や油をまぶしていない薄皮をむいたピーナッツ(薄皮付きか、皮をむいているのだと味が付いているのしかない)とか。こういうの、カルフールだとあったりするのだけど、こんなに広くても置いてある商品の幅は意外に同じ。

そして、生鮮食品コーナー。
肉はある程度充実していましたが、野菜・果物の品数は少なかったです。店の規模を考えると少なすぎ?!というくらいの規模で、正直ガッカリ。

ここで買った梨を家で食べて見たのですが、味もイマイチ。

野菜と果物は、ヨーカ堂が一番良いように思います。
やっぱり日本のスーパーは生鮮食品に命賭けてるってことですね


各スーパーを比べるとヨーカ堂の果物の味が一番安定して美味しいと思います。(京客隆と比べてちょっと高いけど、それなりの味がしているので納得です)
野菜も、最近のヨーカ堂は半分以上が有機野菜か提携農家の無農薬野菜なので、お値段はちょい高ですが、安心して買えるし、他の店より回転が良いので有機の種類も多く鮮度も高いので、このご時勢もありやっぱ生鮮食品はヨーカ堂かな、と思いました。
(いまや中国人のお客さんもヨーカ堂に来るような客層の人は有機野菜や無農薬野菜を選んで買っています)


中国スーパーもがんばっているんですけど、競争相手がいないので研究がイマイチされていない、というか、わたしが外国人だからなのでしょうけど欲しいものがズレている、面白いモノが無い、って感じなんですよね。

とは言っても、平日はヨーカ堂まで行けず、行けて近くの京客隆なので充分お世話にはなっているのですけど。

(日清のカップヌードル(現地生産)もあんまり売ってないですね。やっぱりカップ麺はカップヌードルが一番好きなので、たまに職場のビルの中にある売店に入荷しているのを見るとまとめ買いしています。北3環のヨーカ堂、望京のヨーカ堂、国展のカルフールには置いていないんですよね。昔あったキムチ味もなくなってるし・・・残念!)


080120_04.jpg
BIG京客隆の肉売り場にて。
遠めに見ていて「あの手前のは肉?雑巾?」と疑問に思い近づき、
雑巾と確認しました。
中国の肉売り場って臓物がたくさん売っているので、
これももしや牛の胃袋?って思ったのですが。






 



スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

餃子屋近くの京客隆で、クノールの「味精入ってません」と明記してあるスープの素(普通のよりちょっと高い)を同僚へのお土産に買いました。

そういえば、どっかのコンビニで「玉米入りヨーグルト」を発見するも、勇気がなくてトライできなかった...。
不味くはないだろうけど...むぅ...。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/116-f6128451

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。