スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

まったり土曜日の夕食レシピ 

ひさびさのまったり休日。テーマは「何もしない」!。

昼過ぎ起床、昼食が遅かったため、7時ごろに買出しに出かけそれから夕食の準備。

ゆっくり作ったので結構満足度の高いものが出来ました。
(去年の10月以来の自炊なのでたくさん作ってしまった!)

【ひじきのサラダ】


080113_01.jpg


日本から乾燥ひじきをたくさん持ってきたのに、自炊をしないものだから賞味期限もとっくに切れたパックがあまりまくっている。
勿体無いので使う事に。
基本的にはクックパッドのレシピを参照。
これに大好きな《鳥小屋食堂》のねぎしおサラダの雰囲気を加味。
かにかまじゃなくて、きゅうりを入れました。
ガンガン量、イケます。

【切り干し大根】
同上。台所の戸棚に山積み。これは相棒が担当して作成。ニンジンと油揚げがあれば意外に簡単に美味しくできます。

【唐揚げ】

080113_02.jpg


結構自信作。
大きめに切った鶏肉に豆板醤・醤油・みじん切りのにんにくで下味をつける。
その後、唐揚げ粉ではなくて、片栗粉で揚げると居酒屋風に表面がパリパリになります。
早く味を染み込ませたかったら肉をフォークで突きまくると良いかと。

【麻婆豆腐】
四川省成都の《陳麻婆豆腐》店で買った麻婆豆腐ペーストを利用。
これ、すっごく美味しい!
同じものが確か北京の新光天地の地下にも売っていたような。
職場の近所の中華料理屋の麻婆豆腐も大好きで、それは豆豉(大豆の粒入り味噌のようなもの)入りなのがポイント。そこでペースト+香港で買ってきた辛くない豆豉も投入。
まじで旨かったです。


20080106221416.jpg
豆豉(右)


あとは鍋で炊いた白米と味噌汁。

最初の頃はパナソニックの炊飯器を使っていたのだけどなんかご飯が美味しくない。
昔、中国で生活していた時炊飯器が無かったのでセラミックの鍋でご飯を炊いて美味しかったのを思い出し、その後土鍋を購入、鍋で炊く事にしています。
鍋で炊いたほうが断然美味しいです。保温はできないけど、中国製の炊飯器の場合保温機能も良くないし、冷蔵・冷凍して解凍すればよいだけなので、もううちでは炊飯器はお蔵入りです。
(その後、日本で米炊き用の南部鉄鍋をゲット。鉄鍋でご飯炊くと美味しいですよ~。お米の質がちょっとぐらい悪くても炊き方でカバーできます!あ、お水は軟水の蘇生水使ってます)

*鍋でご飯を炊く方法は「鍋  ご飯  炊く」で検索をかけるとたくさん出てきます。基本的には「10分強火、15分とろ火、10分蒸らし」でOK。あとは鍋のクセによりどの時間で火を調整するか、だけです。簡単ですよ。

+++
年末に切れたコーヒーを上海のアルトコーヒーさんに注文。本日届く。
焙煎したての豆はやっぱり美味しい。
挽いたあと、お湯を注いだ時の膨らみ方が全然違う。
1回目はコーヒーメーカーで入れて、2回目はハンドドリップで。
ハンドドリップの方がずっと美味しかった。
やっぱり手間はかけないといけないのね。

一緒に注文した「地球食」というチョコレートも届く。
自分で注文したものだけど、こういうものが一緒に届くとプレゼントみたいで嬉しい。
チョコレート、味がしっかりしていて美味しい。

コーヒー、チョコレート、お茶・・・嗜好品は美味しくないと悲しくなるから、出来る限り満足できる味のものを口にしたい。
スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメント有難うございました

今も開いてみたけど、ゆーちゅーぶ、開けるよ。★ともこ食堂(?)はいつも美味しそう。唐揚げがいつも上手にできないので、ご教授いただきたい!

>みどりさん
ゆーちゅーぶ、開けました。もしやKS党の圧力?!とビビッていたので、安心しました。
感想はみどりさんのゲストブックのほうに書かせていただきます。
うちの料理は超簡単ですよ。失敗しようのないレシピしか採用していませんので。
唐揚げ、片栗粉を使うとカリっとなるかもしれません。(というか、うちのもたいしたできばえではありませんが・・・^^;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/113-572d5819

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。