スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

不夜城★香港・マカオの旅 その6~ポルトガル料理 フェルナンド篇~ 

2008年1月1日(火)


20080105173927.jpg
《鼎泰豊(台湾)》て・・・。
台湾人が見たら笑いますよ。


マカオは文字通り不夜城。
深夜でもカジノが開いている関係か、街の中の店も開いているところが多く、セブンイレブンも充実しているので、ついつい夜更かししてしまい、つまり起床時間が遅くなります。

この日も昼前に起床。新年初の食事はポルトガル料理の有名店《フェルナンド/RESTAURANTE FERNANDO》へ。
タイパ島の向こうの方の黒沙湾にある、ということでタクシーで。

香港では想像以上にマンダリン(普通話)が通じて、コミュニケーションに困るということはありませんでした。(返還前にはマンダリンは全然通じなかった記憶があるので、これはちょっと意外でした!)

マカオではマンダリンはほぼ通じない感じ。でも紙に書くとわかるみたいなので、タクシーに乗る前に地名を書いて運転手に見せると問題なく移動できました。

マカオって、地元の言葉は広東語なのかな?通貨はパタカというのがあるのですが、HK$が使用できて、バスもオクトパスが使えたみたい。(これが不思議!)
カジノではHK$しか使えないし、マカオのアイデンティティってなんなんだろ・・・って考えちゃったりしました。 


タクシーに乗り、「黒沙湾」という文字を見せると、運転手さん、「フェルナンド?」と聞いてきた。海のリゾートシーズンオフの今、黒沙湾に行く外国人=フェルナンドの客なんだな。
どんな店なんだろう。楽しみ!

白くて長い橋を渡り、ベネチアンリゾートの前を通る。
この時間もカジノで遊んでいる人がいる、というのが不思議な感じ。


20080105173949.jpg


タイパの中心にある山を越えて黒沙湾に着く。
海が汚い・・・。これでリゾート・・・?!う~ん・・・。


20080105174249.jpg



20080105174129.jpg
《フェルナンド》正面
小さな可愛い店でした。


20080105174006.jpg
奥が深い・・・。
中庭。


20080105173957.jpg
厨房を覗いたら、子豚の丸焼きちゃんが寝ていました・・・。


20080105174148.jpg
店内の様子
ポルトガルの食堂風(行ったこと無いけど。イメージ)で可愛い。
ワインのストックは豊富みたいです。(右端)


20080105174139.jpg
最初に出てきたパン。
白くてふわふわで大きい!
美味しかったです。


20080105174158.jpg
エビの丸ごと炒め
エビが新鮮でプリプリしていて美味しい☆


20080105174208.jpg
ポルトガル風野菜スープ?
ポテトがベースになっていて、大根の葉みたいなのがたっぷり浮いています。
中にはサラミも入っていました。美味しかった!


20080105174216.jpg
グラスワインもこんな感じで。

20080105174224.jpg
いわしの炭火焼グリル
これ、イワシがすっごい新鮮で美味しい♪
バルサミコ酢で食べたけど、醤油でもいいな☆


20080105174232.jpg
チャーハン
ポルトガル人はチャーハンは食べないだろうから、これは中国人向けメニューだな。
まぁ、普通の味です。
上にオリーブが乗っているのがポルトガル風。


20080105174241.jpg
ポルトガル式プリン
固めでカラメルたっぷりです。
ポルトガル料理は量が多いね。


ウマかった!
イワシ、最高!
北京にいると海鮮、特に海魚に飢えるので、こういう新鮮なイワシを炭火で焼いた、というようなシンプルな素材勝負の料理には惹かれます。


《RESTAURANTE FERNANDO》
澳門路環黒沙海灘9号
Tel:853-2888-2264 /853-2888-2531
営業時間:12:00~21:00
休業日:5月1日のみ
クレジットカード:不可 現金のみ


腹がいっぱいになったところで、ようやく観光開始!

マカオ島に戻り、ちょっくら世界遺産とやらを見てみましょう。(つづく)





スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

はじめまして!
ずいぶん前の記事へのコメントですいません。

私も先日フェルナンドに行って美味しかったという記事を書いたので、
他の人のコメントも読んでみたくて検索してきました。
お写真豊富で、あのときの美味しい記憶がよみがえってきますね。
また行きたいなぁぁぁ。

あ、あと全然関係ないけれど、東野圭吾作品、私も好きですよ。
最近読んだ「流星の絆」も、泣けました。
オススメです。

長くなってしまいました。
また遊びにきまーす。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/103-0ea4d14a

21世紀 世界遺産の旅

 世界遺産をめぐる旅が人気だという。時間と金があれば、確かに訪ねてみたい。まだそんな余裕がなければ、まずは本書での旅を勧めたい。 日本の「石見銀山遺跡とその文化的景観」など今年新登録された22件を含む全851件(7月現在)を紹介している。 日本の14件

  • [2008/01/07 20:07]
  • URL |
  • 本ナビ!by Tamecom,不夜城★香港・マカオの旅 その6~ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。