スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

不夜城★香港・マカオの旅 その5~ベネチアンマカオでカジノ篇~ 

12月31日(月) ~夜の部~

タクシーでベネチアンリゾート・マカオへ。

これもあとで気がついたことですが、マカオ島のほうにあるサンズ(金沙)とベネチアンリゾートは同系列であるため、サンズ-ベネチアン間は無料バスが運行しています。
なので、これに乗って移動すればタダでベネチアンまでいけるという寸法。
(ベネチアンからホテルに帰ってくるときのタクシーも30分以上待ったので、たぶんこのバスで移動したら良かったのだと思います。サンズからリスボアまでは徒歩20分くらいかな?マカオはとにかくタクシーがつかまえ辛いので無料バスを上手く利用するのが賢いと思う。)

マカオ島とタイパ島を結ぶ白くて長い橋を渡る。

ベネチアンリゾート、超~~~でかいです。
タイパ島のほうは何もないので、この巨大さが特に目立ちます。
ベネチアン周辺は高層ビルらしき建築が続いていたので、3年後ぐらいにはこの辺はものすごいことになっていることでしょう。

タクシーを降りると、既にゴージャス☆


20080105160502.jpg
タクシー乗り場
外なのに、ゴージャス!


20080105160512.jpg
ベネチアンリゾート内。
この先はカジノなので18才以下は入れません。
大人の遊び場なのよ~ん☆


20080105160519.jpg
中はこんな感じ。とにかく巨大。


20080105160526.jpg
室内に河とゴンドラ。
一言で言えば、お台場のヴィーナスフォートです。
あれをそのままでっかくした感じ。


20080105160534.jpg
さりげなくベニス風のキャスト(?)が歩いています。


20080105160542.jpg
広場。
念のため言っておきますが、これ、ホテルの中です。


ホテルの中に川が流れていたり、ゴンドラが浮いていたり、ベニスの人が歩いていたりで道に迷いつつ、まずは腹ごなし。

ホテル内聖馬可広場にあるポルトガル料理レストラン《Madeira Portuguese Restaurant》へ。着いたのは9時過ぎだったけど、ここも約20分待ち。


20080105160548.jpg
マカオ料理の一つだという「アフリカンチキン」
何時間も漬け込んだというチキンは柔らかくて美味しかった!


20080105160554.jpg
子牛の骨付き腿肉を煮込んだポルトガル風の煮込み料理
食べ難そう・・・と思ったら、肉が骨からほろほろ取れて、柔らかい!
ソースもお肉もめちゃ美味しかったです☆


20080105160603.jpg
「木糠布甸」と中国語では書かれていた、マカオの伝統的なデザートだとか。
上にかけられているビスケットの粉が“木糠”っぽいから?
味はティラミスっぽく、濃厚で美味しかったです。


《Madeira Portuguese Restaurant》
ホテル内聖馬可広場 2408A舗
Tel:853-2882-8312
平日 11:30~23:30/週末・休日前 11:30~深夜00:30
年中無休


腹が満たされたところで、カジノへGO!


20080105160611.jpg
カジノ内は撮影禁止のため、2Fからこっそり。
向こう側に東京ドームより広いカジノが広がっています。


あまりの広さに圧倒され、最初は内部を散歩。
ドレスコードは特にないので、緊張するような雰囲気ではありません。
マカオのカジノ、年中無休の24時間営業だとか。すごいね・・・。
ちなみに入場料無料で、ゲームをすればドリンクも無料です。(ソフトドリンクだけど)

ここでやっていたゲームは、バカラ・ブラックジャック・ルーレット・大小ぐらいかな。
最低掛け金がバカラ300HK$、ブラックジャック200HK$、大小100HK$で、ルーレットは25・50・100HK$とあったため、まずはルーレットをしてみる事に。

やり方は見ていればわかりますが、まずテーブル毎のディーラーに現金(HK$)を渡すと、その台で使えるコインをくれるのでゲームをします。
台が変わるとコインも変わる為、ゲームを移る時には一旦ディーラーにコインを返し、お金と等価の現金コインに替えてもらい、次の台に行きます。
次の台で現金コインを台のコインに替えてもらってゲーム再開ができる、という仕組み。
クレジットカードも台毎に使えるみたいなので危険!
最後に現金コインを換金コーナーに持っていくと、現金(HK$)に換えてくれます。

ルーレットをやってみてわかったこと。
最低掛け金は25HK$ですが、このゲームは10枚以上置かないとまず勝てないんだな。
なので、結局1ゲーム300HK$近く使ってしまいます。な~るほどね。

最初は負けていたんだけど、だんだん掛け方が分ってきたころ、カウントダウンが始まった。海のほうでは花火とかあげていたのかもしれないけど、カジノ内にいたら何も見えない。ステージにいるバンドがカウントダウンを始めて、その瞬間はディーラーも手を止めてみんなでカウントダウン。

Happy New Year!

カジノで迎えた2008年て・・・。

新年1発目。
相棒がわたしの誕生日である「10」に掛けたところ、ドンピシャで「10」に止まった。
コインがザーっと相棒のところに置かれたところで相棒は終了。

わたしは次の回に、では・・・ということで相棒の誕生日の「2」に掛けたところ、これまた次は「2」にドンピシャ!
コインがザーっとわたしの前に積み上げられた。

ここが引き上げ時。

新春初カジノは、2人で本日の夕食+ホテル分ほど勝ち、うほうほ気分で帰りました♪

2008年は博打の年だな。


20080105160621.jpg


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/102-5cd52004

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。