スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

不夜城★香港・マカオの旅 その4~金魚ストリート・尖沙咀雑貨屋篇~ 

12月31日(月)

またまた昼頃起床し、旺角にある金魚ストリートを散策。


20080105160329.jpg
ビニール袋に入れられて金魚が売られています


20080105160340.jpg
通りはほとんど全部金魚屋さん


20080105160348.jpg
市場もあったり。


20080105160355.jpg
市場の上の食堂。
美味しそうだったけど、衛生面を気にしてここでは食べず。


金魚ストリート界隈を見てから、昼食は「茶餐庁」と呼ばれるローカルなお店へ。
定食屋、といった感じで、丁度12時過ぎだったこともありすごい人でした。



20080105160402.jpg
なぜか出前一丁が大人気!
本店は「正貨」(ニセモノもあるのか?!)採用、と偉そうに書いてあるけど
出前一丁だろ・・・?!
(その後、北京に戻ると「香港製」と大きく書かれた出前一丁が売っていました)


20080105160408.jpg
定食についてきたレモンティー。
分厚いレモンが5枚くらい入っていて酸っぱかった!
これ、香港式?!


20080105160415.jpg
焼きそばみたいな麺。
量が多い!


20080105160427.jpg
〔保の下に火〕仔飯という香港の釜飯


一応人がたくさん入っている店に入ったのですが、味はまぁまぁって感じでした。
香港の日常に紛れ込んだ感を味わうにはいいかも。人気の茶餐庁に行けばもっと美味しい料理が食べられたのかもしれません。

値段も1品25~35HK$したので、これって香港でのマクドナルドのセットメニュー価格と変わらない値段。北京だとマックはその辺のローカルレストランよりは確実に高いので、我々としては「茶餐庁、安くは無いな」という印象でしたが、それは北京で植えつけられたマックに対する高級感の影響だったのかもしれません。

とりあえずローカル飯でお腹いっぱいになったところで、相棒と解散。
旅行においては相棒とわたしは見たいものが異なるため、よく別行動をする。
相棒はどこに行ってもご当地博物館に行きたがるため、今日は香港歴史博物館へ。
わたしは尖沙咀のショッピングセンター巡り。

まず目指したのは佐敦にある「K.Y.Network」という日本人が経営しているウェッジウッドのお店。「驚きの価格で手に入る」という言葉につられ、行ってみる事に。

結果としてお店は見つかったのですが、大晦日のせいかお休みでした。
ビルの中の1室なので、見つけ難かっただけに、せっかく辿り着いたのに残念!


《K.Y.Network》
尖沙咀柯士甸道130号嘉碧大廈5楼A室
Tel:2369-4699


次の目的地は尖沙咀のオーシャンターミナルの中にある《maymayking》という雑貨店。
ネットで見たところ、オリジナルのキッチュで可愛い雑貨がある、ということで見てみる事に。
場所はオーシャンターミナルの中のLCXというエリアの中のXplusというコーナー内。
ここは香港や海外の新しいデザイナーやブランドを取り揃えているコーナーということで、見ているだけでも楽しいエリアでした。
ここに着くまではティーンっぽい服の売り場が続くのでなんとなく・・・では行かないコーナーだと思いますが、雑貨好きの方にはオススメのコーナーです。

しかしながら、《maymayking》ではとくにわたしの琴線に触れる商品は見つからず、オーシャンターミナルを出て、そのままペニンシュラへ入り、ペニンシュラブティックを覗く。
今まで日本人観光客に殆ど会わなかったのですが、ペニンシュラの中は日本人だらけでビックリ。アフタヌーンティー、大人気ですね。
ペニンシュラブティックでペニンシュラのXO醤を買ってみようかな、と値段を見たら280HK$で、引く。しかしながら売り切れていたので迷うことも無く引き上げたのですけど、「ごはんですよ」程度の大きさの瓶1つで280HK$というのは如何なもんでしょうかね。しかも売り切れてるし。


20080105160436.jpg
尖沙咀を歩いていた「ちょい悪」な欧米人
こんな服、どこに売ってるの?!


ペニンシュラでもお呼びでないわ、と歩を進め、かつてバックパッカー時代に何度かお世話になった重慶マンションへ。昔食べたのと同じ場所にカレー屋がいて、同じ店かな、と思ったり、重慶マンションってこんなにインド人だらけだったっけ?と思ったり。
尖沙咀のこんな一等地に「これ」がある、というのも、香港らしいと思いました。


20080105160446.jpg
ここでは脳裏に金髪のブリジット・リンが浮かび上がりました


その後再集合し、船に乗ってマカオへ。
行ったらすぐに乗れるのかと思ったら、大晦日だからか1時間後の船しか取れず。

船は想像以上に綺麗で快適!

で、マカオに到着!!!
船着場からいきなりカジノが見えます!
マカオ、キターーーーーーー!!!


20080105160453.jpg


このときは良く分らなくてタクシーでホテルまで移動したのですが、殆どのホテルが空港までの送迎無料バスを運行していました。少なくともカジノがあるホテルにはバスが出ているので、それに乗って最寄まで移動すればタダでホテルまで行けます。
マカオのホテルは密集しているので、歩いてもたいした距離じゃない感じ。
タクシー乗ってもリスボア周辺だと10分少々だけどね。


ホテルに荷物を置いたら、いざ、ベネチアンリゾート・マカオへ☆(つづく)



スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/101-03f65b2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。