スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《第3届中国宋荘文化芸術節》に行ってきました 

2007年11月18日日記

中国の雑誌を見ていたら北京の郊外の宋荘という場所に画家村があるとか。
北京のアートスペースは大山子だけじゃなかったのか!行ってみたい!
・・・と思いつつ、それがどこかよくわからないままでした。

なのでみどりさんのブログ《第3届中国宋荘文化芸術節in北京》と書かれていたとき、
「絶対に行く!」と心に決めたのでした。(→宋荘画家村ホームページ

宋荘画家村は大山子と違いとても広い村一つだと伺い、当日はみどりさんにご案内いただいて、念願の宋荘画家村を見学することができました。
画家であるご主人様にもお忙しい中お付き合いいただき、本当にありがとうございました。

【アクセス】
宋荘画家村、場所は通州区にあります。
なので、まずは国貿(中国国際貿易センター)向かいのバスターミナル(高架の下)から通州行きのバス(938支9/938支9专)に乗ります。(バス停名は「大北窑西」)
※938は支線が多いので他の番号に乗らないように注意!

バスに乗るときに「到小堡吗?」 とバスの人に聞いてから乗ったほうがいい、と事前にアドバイスをもらいました。「小堡」というのは画家村の地名だそうです。

画家村のインフォメーションセンターのようなものがある場所のバス停は「商业广场」で、この場所のメイン美術館である宋荘美術館へ直接行くには「商业广场」を過ぎて「美術館」というバス停で降りたら目の前に美術館があります。

ちなみに、宋荘はめちゃくちゃ広いし、タクシーは白タクしかなくて値段交渉して走ってもらわなくてはいけないので、「行ってから考えよう」と思うと、着いてから途方に暮れるかもしれません。
我々もみどりさんに案内してもらわなかったら美術館までも辿り着かなかったでしょう。
「先達はあらましきことなり」とはまさにこのことです。


071124_01.jpg
国貿バス停から見えたCCTVビルの現在の様子
2つのビルは無事に繋がるのでしょうか。



【宋荘美術館】


071124_12.jpg


なんでも大きいのが中国。
この美術館も中がとても広くて、作品がゆったりと展示されていました。
今回は文化芸術節期間中とあって最近日本の美術館にも来ているような画家の絵も展示されていて、非常に面白かったです。期間後半だったとは言え(20日まで)、見に来ている人が少ないのが勿体無い!


071124_11.jpg
中はこんな感じです。とても広い。

071124_07.jpg

071124_08.jpg
方力鈞

071124_09.jpg
方力鈞

071124_05.jpg
岳敏君

071124_04.jpg
岳敏君

071124_10.jpg
張曉剛

071124_03.jpg
1F正面にあった大きな作品

071124_06.jpg
こんなポップアート的なものも。

071124_13.jpg
帰りに振り向くとものすごい煙が出ていました。火事か?!



この美術館からメインストリートの方に徒歩15分ぐらいいくともう一つ美術館がありました。



071124_14.jpg
原創芸術博覧中心


ここは倉庫を改造した美術館のようで、雰囲気が良かったです。
みどりさんのご主人の作品も展示されていました!


071124_15.jpg
本当に民工がいるのかと思った!
炭鉱事故をモチーフにした作品でした。
生々しくてちょっと怖い・・・

071124_16.jpg
中は広い!お子さんが走っても没問題!


今回はこの地域のメインとなる美術館2つを見ましたが、それだけでもかなりお腹いっぱいな感じになります。
村にはいたるところに個人画廊があるのですが、点在している感じです。
今この地域には2000人のアーティストが住んでいるそうです。(やはり規模がデカイ!)
まだ開発が始まったばかり、という感じで、メインストリート周辺は道も整備されていましたが、地域内を移動する足も白タクしかなく、周囲はそのまんま「農村」です。
でもここもきっと5年以内には大山子のように洒落たカフェなんかができたり、北京市内からのアクセスも良くなったりするんだろうな、なんて思いながら歩きました。

宋荘、思っていた通りとても面白かったです。
案内してくださったみどりさん、本当にありがとうございました!



 

[PR] 中国語留学のサポートなら

スポンサーサイト

車椅子バスケを観戦してきた 

『デンソー・あいおい損保杯 WAFCA車いすバスケットボール東アジア交流会』が北京で開催されたため、仕事絡みもあり観戦してきました。

主催のNPO法人アジア車椅子交流センター(WAFCA)は障害者スポーツの普及を目的に毎年、車椅子バスケットボール国際大会を開催してきたそうですが、日中国交正常化35周年を記念して、ということと、来年のパラリンピックを視野に入れ、今年は北京で開催されたということらしいです。

スポーツはTVであってもオリンピックであっても滅多に観戦しないわたし。
車椅子バスケを見るのも初めて。

会場は北京市内から空港の方へ車で40分ほど走った何にもない場所に突如現れる近代的スポーツ施設。ここが来年パラリンピックのメイン会場になるのでしょうか?

会場に着いてすぐに始まったのが韓国VS台湾(チャイニーズタイペイ)の試合。

ちなみに試合は9日から開催されており、本日は最終日であり表彰式も行われる。参加チームは一応ナショナルチームとなっていて、日本・韓国・台湾(チャイニーズタイペイ)・中国からはナショナルチームとパラリンピックチームという2チームが参加。


071111_02.jpg





071111_01.jpg
韓国(白)VSチャイニーズタイペイ(紺)


韓国VS台湾の試合は、韓国の圧勝。ボールの回しかたが上手いのが素人目にもよく分ります。

面白かったのは応援団。今回の大会はあまり広報もしていなかったためか、韓国人の応援はゼロ。というか、3割程度しか埋まっていなかった会場にいたその中の9割はデンソーから動員をかけられた中国人社員。
一応、韓国と台湾両方応援するようにリードされていましたが、得点するととりわけ大きな歓声があがるのは、やはり同胞意識のある台湾の方でした。


071111_18.jpg
会場で風船のような応援グッズが配られた。
これを叩いて応援するのでやかましい。


お昼の休憩を挟んで午後は日本VS中国ナショナルチーム。
午前中には会場の3割程度しかいなかった観客がほぼ満席に。っていっても、デンソーの中国人社員がどんどん送り込まれてきたのですが。VIPも席に着き、午前とは打って変わった盛り上がりよう。

日本のナショナルチームが入場し、観戦していた我々もテンション上がってきます。
偶然にも座っていた場所が日本チームのベンチ後ろ。選手の顔がよく見えます。
ちょいワルっぽくて、カッコイイです。
なぜか日本だけは男女混成チーム。

中国チームも身長が高そうな選手が多く、見るからに強そう。これはどういう試合になるのか?

応援の我々も実は試合前、かなりドッキドキでした。

だって、そこはかつて体験したことのないほどのアウェー環境。

会場の97%ぐらいが中国人、という環境の中で日本VS中国の国際試合が行われるんですよ。
デンソーの社員なので、試合前は「ニッポン!チャチャチャ」という応援も練習していましたが、

いざ試合が始まれば絶対中国チームを応援するに決まってます。

コエーーーーーー!

どんだけアウェーだよ。


071111_13.jpg
日本チーム
手前から二人目の宮島選手は本日のMVPを受賞。
宮島選手の動きはライオンのようで本当に迫力満点!カッコよかったです!
あと、名前が分らなかったけど13番と9番の選手もすごく上手かった!


で、試合が始まりました!


071111_15.jpg
こんなに低いポイントからでもシュートが入るんです!
みんな腕が太い!

071111_16.jpg

071111_17.jpg
フリースローが入ると大きなタオルを床から天井に舞い上げる日本チームベンチ。
これ、日本だけがやってたけど、カッコよかった。
ベンチの応援に一番熱が入っていたのも日本だった。


日本いきなり先制!その勢いで、どんどん点が入ります。
結果を言ってしまうと、最終的に60対40で勝つまで1回も点数は追い抜かれませんでした。日本チーム、超強かったです。で、カッコイイ!


071111_14.jpg
ショッキングピンクの車椅子がカッコよかった!


この試合、午前の韓国VS台湾戦と比べてずっとスピーディーで迫力あって、すっごく面白かったです。車椅子がもはや武器にも凶器にも見え(だって相手の車椅子にガンガンぶつけてるんだもん!わざと。欧米チームなんてもっと怖そう・・・)迫力満点でした。

10分休憩中の放送では、負けてる中国チームに対し、
「中国チームは平均年齢23歳で国際試合の経験も無く・・・」
というような言い訳がましいアナウンスが中国語でだけ流れていました。
確かに日本のチームはベテランさんって感じで中国チームは若い感じがしましたけど、
だから何?

最後の表彰式では、1位は韓国、2位日本、3位チャイニーズタイペイと発表されました。
中国2チームも出てて全然勝ててないんですけど、会場にいたのがファンではなくて動員応援団だったので、たいした反応も無く、それはそれで安心しました。

表彰式、ほとんどは英語+中国語で行われたのですが、日本大使館公使のスピーチ(日本語)のとき、通訳は何故か中国語。

おいおい、優勝したのに韓国チームはおいてきぼりかい?

というような、相変わらずのユルユルっぷりには何度も突っ込みをいれましたが、わたし的には初めて見る国際試合、迫力満点で面白かったです。


071111_19.jpg
こんなユルいダンスも・・・。


みなさん、オリンピックのあとは、パラリンピックも待ってますよ~。

☆一緒に観戦した理学療法士の方が「《リアル》絶対に読んでください~!」と言っていたので、入手しようと思っています。(五道口のB3にもあるとの情報有)
車椅子バスケのことを描いたコミックだそうですが、超感動だとか。
《スラムダンク》の作者で、タイ語やスペイン語、英語などでも翻訳されて出版されているのに、なぜか中国語版は出ていないとか。パラリンピックを盛り上げるためにも、出版したらいいのにね。ちなみに、最新刊は7巻だそうです。
 










リアル (1) (Young jump comics) リアル (1) (Young jump comics)
井上 雄彦 (2002/09/18)
集英社

この商品の詳細を見る


【付録;施設情報】


071111_03.jpg
立派な建物ですが・・・

071111_04.jpg
周囲はこんな感じ。マジ何も無いです。
ちなみに、昼食持参。本当に何もないからね。

071111_05.jpg
総合トレーニング場

071111_06.jpg
筋肉トレーニング場

071111_07.jpg
自転車競技場?
鳥の巣っぽい。

071111_08.jpg
盲人球技場

071111_09.jpg
施設の中のトイレ。
ちゃんと手すりがあります。

071111_10.jpg
トイレのドアもバリアフリー。

071111_11.jpg
廊下にも手すり。

071111_12.jpg
車椅子修理室もあります。



 







[PR] 中国語留学のサポートなら

北京ブロガー交流会に参加! 

今年の5月から晴れてブロガーになったこともあり、『 第7回 北京ブロガー交流会 Be-Bloggers 7』に参加してきました。

今回の参加者は約30名ということで、北京のブロガーの方々に会えて、本当に楽しい時間を過ごせました。

以前別の会であったきりだった方、1年ぶりにお会いした方、ずっとMIXIで連絡していたけど会えていなかった方、最近他の会でお会いしていた方、鳥小屋オープニングで会ったばかりの方、そして今回初めての方、いろんな方とお話しできて、また北京で知っている方を増やすことができました。

主催してくださっているきたむーさん(じゃんすさん!)、場所を提供してくださった蔡くんに感謝!です。

今回の場所は、SOHO現代城A座35Fの『和飲輪飲』。
http://www.wainwain.com/

初めて行ったのですが、35Fとなると景色が綺麗!北京って高層ビルがニョキニョキ建ってるんだな、というのが実感できます。夜景も綺麗そう・・・。北京って夜景の綺麗な場所がないので、夜景に飢えたらここへ来よう。
(ここからの夜景はフジテレビの『灯り物語』でも紹介されたそうです)
http://wainwain.blog108.fc2.com/blog-entry-14.html


071104_01.jpg
『和飲輪飲』から見た景色。新光天地が眼下に見えます。


今回の参加者の方の中に、また中央戯劇学院OG発見!お話していて、なんか中戯っぽいなぁ、と思って聞いてみたらどんぴしゃ!でした!
2日続けて中戯卒業生発見です。今日、知り合った方は2001年に留学されていた方だったので、まだ共通の友人は発見されていませんが、もっとお話すれば出てくるような気がします。

やっぱ、北京は繋がる!


本日ご一緒させていただいた方、TBさせていただきました~♪(←初めてなのでどうなるのかよくわからないまま・・・)


22きたむーさん22みどりさん22 ジウさん22 ネコバカさん 22


またゆっくりお会いしたいです~238


071104_02.jpg
SOHO現代城外観



 





 

[PR] 中国語留学のサポートなら

繋がる土曜日 2 

労働節明けから通っている中国茶教室であるが、本当は2ヶ月で1ターム終わるので試験を受けて終わるはずが、毎週は出られないので次のタームに取り直したり、一時帰国したりとぐずぐずしていて、中国人の同学たちは次々に入れ替わり、未だに中級茶芸師の資格試験を受けていない。

 国慶節前に、「もう中級はいいから授業は高級に行け」と老師より有り難い電話を頂き、10月より晴れて上級コースに参加しているが、試験は当然ながら先に中級を受けなければならないのが今、最大の憂鬱な問題である。(高級班もわたしの出席率50%程度だし・・・もともと2ターム以上かけて取得する予定なので。)

 中級班のときは週末班(AM10時~PM4時)は20名ぐらいいて、席もツメツメで落ち着かない感じだったが、高級班は6名ぐらいしかおらず、高級班にまで残る中国人は非常にキャラが立った人が多く、ずっと楽しくなった。授業の内容も非常に面白い。ちなみに本日は(AMはさすがに起きられずPMより参加あせあせ)閩北烏龍茶と広東烏龍茶についての講義と、武夷岩茶を3種類「利き茶」しお茶のランクを考える、という内容。大好きな鳳凰単叢の飲み比べもあり、非常に贅沢な時間を過ごした。(午後だけだったのに、お茶を飲みすぎて帰りには胃が痛くなったがたらーっ(汗)

【本日試飲したお茶】(午後の部)
・武夷水仙
・武夷肉桂←個人的に一番好きだった♪
・水金亀
・白鶏冠
鳳凰単叢桂花香
鳳凰単叢芝蘭香
鳳凰単叢蜜蘭香
・嶺頭単叢

*今日飲んだ肉桂はお茶の評価会で賞を受賞した逸品だ、というので購入を考えましたが、前回購入した鳳凰単叢蜜蘭香の方が美味しさでは勝ったように感じたので、購入は留まりました。(鳳凰単叢蜜蘭香はライチの様な味がする、という経験をこのお茶で初めてしました!まさにライチの味がお茶の味の向こう側にうっすらとして、うっとり。)

 今、高級班にいる日本人は2人で、もう一人の日本人のTさんとは中級班から一緒だった。しかし、何故かお互い、北京に留学していた当時の学校の名前を言っていなかった。

 本日判明。2人とも中央戯劇学院だったぴかぴか(新しい)期間がずれているので会っている可能性は無いが、共通の知人が少なくとも3名はいることが判明!
 
 これで、鳥小屋のともちゃん、北京在住スポーツライターのTBさんに続き、同じような時期に中戯にいた人がまた見つかった。

 中戯って、他の大学に比べて留学生がとても少ない。(わたしのときは全部で50人ぐらい。うち日本人は30人ぐらい)それを考えると、その後10年選手で北京にいる人の割合って、非常に高いような気がする・・・と、Tさんと話をした。

 中戯は胡同の中にあって、あんなロケーションのよいところから北京生活を始めてしまったら、北京が好きになって残りたくなるに決まってる!という結論に。あそこは今でこそ南鑼鼓巷としてお洒落エリアになっているけど、むかしから北京らしい良さを残した、映画のセットの中のような素敵な空間だった。

 それにしても、北京にいるとどんどん繋がるのが面白い。

+++
 
 夜、相棒の誕生会を自宅にて開催。

 唐揚げとシチューとサラダと涼菜だけど。

 唐揚げ、美味しかったのでレシピ公開ぴかぴか(新しい)

 鶏胸肉を切り(うちは大き目が好きなので5等分ぐらい)、豆板醤・醤油・酒・みじん切りにんにくにしばらくつけておく。(よく浸かるようにフォークでめった刺しにした)→片栗粉をしっかりつけて揚げる。

 ま、普通と言えば普通ですが・・・あせあせ(飛び散る汗)


071103_02.jpg

 京客隆で普通の豆板醤、売ってなくありません?わたし、すごく探して、カルフールだったかウォルマートだったかジェニールーだったか、とにかくちょっと遠い場所で手に入れた記憶があります。

 涼菜は棗営路の市場横の半分屋台みたいな惣菜屋で涼皮をテイクアウト。涼皮が独特で美味しいです(3元)。夏はこれで1食済みそうな感じ。うちの近所で手に入る惣菜としてはまぁまぁの味だと思います。(本当は透明の肉厚でモチっとした食感のが好きなんですけど、なかなか巡り逢えない・・・)


071103_01.jpg

夜はケーキ食べながら《パッチギ!LOVE&PEACE》を鑑賞。
 一緒に飲んだ中国紅茶「紅芽」の、パッと華やかでフルーティーな味に気持ちが癒されました。


071103_03.jpg




[PR] 中国語留学のサポートなら

威風堂々 

座右の銘、とも違う。好きな言葉という感じでもない。
どういう関係か、と問われれば、自分の生き方を表す言葉、になるだろうか。

威風堂々》としていたい、というのでもない。
というか、わたしの想う《威風堂々》は元々この言葉が持っている意味とはきっと違う。

威風堂々》という曲があるのだが(この曲)、サビの部分(っていうのか?2分後ぐらいに出てくるメロディー)は一度は聞いたことがあるだろう。この曲、原題を《Pomp and Circumstance(華麗にして荘厳な・・・)》というらしい。

そんで、この原題はシェークスピアの戯曲「オセロ」第3幕の台詞に出てくる「(戴冠式などの)盛儀盛宴」のことなんだとか。しかし、それでは、文学的すぎて分かりにくいため、思いきった意訳をして「威風堂々たる陣容」、さらに短縮して「威風堂々」に落ち着いたとのこと。
江戸時代の蘭学以降の、外来語の日本語訳の歴史の中で、この「威風堂々」が名訳中の名訳と呼ばれているらしい。

・・・なんてことは、本当はどうでもいいんだ。

わたしが「威風堂々」という言葉を想った時、同時に頭の中に広がる風景。

それは、荒野の中の一本道の真ん中で、ボロボロの傷だらけになって、それでも二本の足を踏ん張って立っている少女。(髪はおかっぱ或いはマッシュルームカット;イメージとしては「おかん」姿になる前のサイバラの自画像。或いは高野文子のまんがに出てくる昭和風少女。だってわたしって昭和の少女だもん。)

時は夕暮れ。
引き返すにも引き返せない。
「もう歩けない」と道に臥せって泣きたいけど、泣いても誰も来ないことはわかっている。
ただ、にらみつけるように前方を凝視し、それしか選択肢がなくて歩き出す少女。

それがわたしの原風景だ。

BGMにはエルガーの《威風堂々》が流れていたかもしれない。

(この曲って中華料理のCMに使ってたっけ?なんか油の臭いも感じてしまう・・・)


+++


今日は、相棒の誕生日。バースデー

ハッピーバースデー 相棒。バースデー

ちなみに、《威風堂々》と相棒の誕生日は関係ない。
なんか、こういうことを書いてみたかっただけ。


【わたしの一日】



071102_01.jpg
朝;最低気温は零下だってよ。しかも湿度10%って・・・。


071102_02.jpg
5時過ぎ;夕焼けが綺麗だったのでオフィスからこっそり撮った。


071102_03.jpg
9時過ぎ;帰り道 地下鉄工事中。1年後には跡形もなくキレイになっているのかな?






[PR] 中国語留学のサポートなら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。