スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

賞味期限、守ってますか? 

古くは雪印、そして不二家、「白い恋人」「赤福」と賞味期限問題が続いていますが、海外在住のみなさんも、日本から持ってきた食材、賞味期限守って使ってますか?

うちは全然ですってば。

あんまり家事しない、ってのも原因ですが。

とある週末。日本から持ってきたパスタソースでランチをしようと準備していた時。

わたし;「たらこ味といくら味あるけど、いくらで良い?」

相棒; 「いいよ」

ってことで、相棒はいくらに。
実はこれは、味の違いではなく、賞味期限の違いであり、たらこは賞味期限内であったけど、いくらは2006年12月21日が賞味期限。10ヶ月ばかり切れていますが、ま、こんなもん問題ないだろ?と思いつつ、知ってしまった自分が食べるのはちょっと・・・という気がして、相棒が「良い」というのであれば食べていただこう、と。
(この場合、相棒は「いくら」に対して「良い」と言ったのだけど、ま、それはここでは問題にせず)


071031_02.jpg


知らないで食べた相棒は、特に腹痛も無く、平気。
食べた後でさりげなく「賞味期限切れてたけど、大丈夫だったよね」と小さな声で言っておきました。

その後、自分の体調が悪くなった時、脱水症状が怖くて日本から持ってきたポカリの粉末を溶かそうと思って日付を見たら賞味期限は06年2月。
う~ん・・・。外に出ればポカリ的なものは買えるのだけど、行く気力が無い。相棒も不在。


071031_01.jpg


えい!と水に溶かして1杯は飲みましたが、先入観のせいか味が悪い気がして残りは捨ててしまいました。

そのほか、豆腐ハンバーグの素だとか、ふりかけだとか、赴任時(05年8月)に持ってきた食材があまりまくっていますが、貧乏性なのでさりげなく消費しています。(自分も食べてますよ!)

でも、卵や牛乳は、奥のほうから引っ張り出してできるだけ新しいものを買う自分。

パン作ったり料理をしていい奥さんぶっていますが、それだとなんとなく後ろめたいので、鬼嫁的側面もカミングアウトしておきました衝撃

かたつむりかたつむりかたつむり

昨夜から酷くなり始めた背中の痛みですが、その後どんどんひどくなり、寝る頃には横になれない事態に。
風邪気味だし、翌日(つまり今日)は出張なので早く寝たかったのに、横になれない・・・衝撃
横になると背中が伸びるのか、痛くて声が出てしまう。
やばいなぁ。

そのとき、相棒は日本から来ているという友人に会いに外に出ていたのだが、さすがに12時も過ぎているし帰ってきてもらおう、とカエレコールをして戻ってきてもらい、背中一面にバンテリンを塗りたくってもらう。

バンテリン塗布及びそれに伴うマッサージが効いたのか、ある一定の姿勢だと横になれるようになった。
これでダメだったら、寝られないし明日の仕事に響くので緊急外来に行こうと思っていたのだが、どうやら背中のギックリ腰或いは肩こりの酷くなったバージョンらしい。

そして今朝。
「ある一定の姿勢」にはなれるのだが、姿勢の変更に時間がかかる。
同時に風邪も併発し、頭も重い。
午前中は休ませていただいて、午後から出張します、と職場に電話したら、「出張、行かなくて良し。」とのこと。
本人は行く気で体調を整えていましたが、「帰ってきてからもっと悪くなって休まれても困るし」という言い分、もっともです。
往復列車で北京よりも寒い地域への出張につき、行けば背中の痛いのも風邪も悪化するのは必須。
お言葉に甘えて出張はキャンセルとし(代理人でもOKな内容だったため、急遽同僚が行ってくれる事に。感謝です!しかも列車なのでチケットの変更作業が無かったのも幸い。)

ということで、背中にバンテリン塗りたくって自宅休養しています。
明日はなんとか動けそうです。
やっぱ、健康第一! 

 


071030_02.jpg
近所のイヌ。いつもここからソトを見ている。ときどき2匹いる。




[PR] 中国語留学のサポートなら

スポンサーサイト

最近作ったもの♪ 

最近作ったもの


1.ベーグル


071023_01.jpg


071023_02.jpg
ケトリング
タネを1回茹でるのがベーグルの特徴。
これ、やってみたかったんだよね!


071023_03.jpg
焼くと膨らむ!


071023_04.jpg
初回にしてはまぁまぁの出来!
味はしっかりベーグルでした。


2.ぶどうパン


071023_05.jpg
新疆のぶどうと松の実のパン
ぶどうの甘さと松の実の香ばしさが美味しかった。


3.きゅうり漬け


071030_01.jpg
ぬかみそからクレゾール臭とやらが発生したので、
水を入れたり、ぬかを部分的に入れ替えたりして蘇生した。
前よりも美味しくなった。


4.りんごのクッキー


071029_10.jpg
COOKPADを見て作ってみた。
新疆のぶどう(←たくさんあるので)を入れてみたら、ぶどうがこげた!
でもこれ、簡単で美味しかったよ!
http://cookpad.com/mykitchen/recipe/434754/


071030_03.jpg
りんごのブリザーブ(ぶどう入り)のカスピ海ヨーグルトかけ
これ、めちゃ美味しかった!
上のクッキーの具の余りです。
新疆のぶどうが美味しかったのかな?
レンジで作れて、簡単です☆


5.ピーマン餃子


071029_11.jpg
餃子ピーマン
これも超簡単だよ!
中国のピーマン、デカすぎ!
でも、しっかりと味があって美味しいね♪
COOKPAD「つくれぽ」に載ったよ♪
http://cookpad.com/ami/recipe/371235/



[PR] 中国語留学のサポートなら

繋がる土曜日 

●昼食はラッキーストリートの北海道ラーメンへ。(もちろん朝食兼)

●その後、散歩がてらふらふらと近所を歩き、そうだ!il soleが龍宝にオープンしたのにまだ行ってなかった!ということで、コーヒー&神奇杏仁豆腐を食べにil soleへ。

相変わらず杏仁豆腐、美味しかったです。

苗(ミャオ)族の草木染で作ったエコバックを売っていたので、購入。これ、紙っぽいけど布です。ミャオの民族衣装は藍染めをした布を叩いて叩いて目を潰して、撥水性が出るようにするんだそうです。彼らが住んでいる貴州省は雨が多いので、工夫して撥水性のある布が作られるようになったとか。それに細かい刺繍をして布を強くするんだそうです。(むかし、《世界ふしぎ発見》で見た。)


071028_08.jpg 
ミャオの草木染のエコバック


071028_09.jpg
売られている姿。可愛い♪


●夜は蟹づくしを食べに《MANZO》1号店2周年記念イベントへ。
やっぱ、海蟹は身が甘い!
相棒の友人のお店なので、この日はお客さんも相棒の知っている人がいっぱい。
面識はあったのですがなかなかゆっくり話すことができなかった人たちと話ができて楽しかった!(しかも、ゲームでウィスキーをゲット!)
 


071028_01.jpg
毛蟹!
蟹サラダから始まって、茹でた蟹、蟹鍋、蟹ごはんと毛蟹を堪能させていただきました!


●その後、デザイナーの土屋さんがDJをされているハロウィンのイベントへ。
双井橋から東へ。東四環超えてまだ東へ。

タクシーで1回通って、場所わかんなくてUターンして戻って、もう1回通ったときに看板発見!


071028_02.jpg
発見!近いぞ!


ここからさらに20分ほど歩くと、路地に入るところに看板発見!


071028_03.jpg
今度こそ、近いぞ!


工事中エリアみたいな暗い道を入っていく。折りしも雨の後。靴、どろんこ。わくわく。


071028_04.jpg
あと一息!


071028_05.jpg
矢印の先の風景。この先だ!


071028_06.jpg
あった!ここだ!


会場は建築中のバー。仮想した日本人や中国人や欧米人、つまりいろんな人が踊っている。バーカウンターでは《一蔵》でバーテンをされているHさんがカクテルを作ってくれている。裏で焼いている羊肉串の煙が食欲をそそる。

建築中のレンガの建物の中にソファーやら照明やらが入っていて、楽しい!
ここにも相棒の知り合いがたくさんいて、話をさせてもらった。楽しかった!寒かったけど、楽しかった!

このイベント名?グループ命?《CONNECT》の名前のとおり、今日はいろいろと繋がった日だった。
北京は繋がるから、面白い☆


071028_07.jpg
この場所、今は工事中だけど将来的には大山子みたいな芸術区になるらしい。
面白そうな倉庫とかあって、完成が楽しみ!


071028_10.jpg

[PR] 中国語留学のサポートなら

仕事の総量 

「これをしたらどうなる」
ということを以前はよく考えたが、
「これをしなかったらどうなる」
ということを最近は更に考えるようになった。

「今日仕事を休んだらどうなる?」
ということを考えた後、、
「今日仕事を休まなかったら明日どうなる?(もっと迷惑をかけることにはならないか?)」
という視点と比べてみるのだ。

職場でインフルエンザの集団接種があった。希望者のみなので、受ける人もいれば受けない人もいる。
個人的には、集団で仕事をしていて「受けない」という選択肢は「無い」んじゃないか、と思うのだが、受けない人が結構いる。
それぞれに体質とか事情があるのかもしれないが、表面的に出てくる言葉は
「注射を受けても(インフルエンザの)“型”が違えば罹るんでしょ?」
というもの。

それは違うんじゃないか、と思うんですよね。
これは100%かからないために受けるものじゃなく、一種の保険でしょ?
もし、予防接種を受けていて、それでも違う型のインフルエンザにかかってしまって1週間職場を休んでも、それはそれで「仕方が無い」ということになる。

でも、もし、予防接種を受けていない人だけインフルエンザにかかったら?職場の仕事の総量は変わらない。1人欠けたら、その仕事は誰かが代わりにしなければならなくなる。予防接種を受けた人が、余計に仕事をしなくちゃいけなくなってしまうのだ。それって、子供っぽい言い方をすれば「不公平」じゃない?

予防接種は、自分の為にするものじゃないと思う。
他の人に迷惑をかけないためにするんだと思う。
1人で生活していて、自分がゴホゴホ嫌な咳をしても、1週間寝込んでも、誰にも迷惑がかからない立場の人だったら構わない。
でも、殆どの人は「全体でいくら」という仕事の総量の中の一部分を担当しているのだから、自分が欠けたら誰かがその部分を担わなければならなくなる。(主婦/主夫だって家事のなかには絶対的な仕事の総量があるはずだ)

そういう意味で、「注射をして、その日ちょっと具合悪くなっちゃうし、100%の予防率じゃないんだから、受けたって無駄じゃん?」
という理屈は成り立たないと思うのだ。そうじゃなくて、「自分が注射を受けなかったら、どれだけの迷惑を周囲にかけるのか?」という計算をすべきなのだと思う。

もう一つ。
職場で悲しい出来事があった。
そのために、ある担当者が職場でご家族の方にお渡しするメッセージを集めていた。
うちの職場は日中併せて約50名のスタッフがいるのだが、締め切りと言われた日までにメッセージを提出したのはわたしを含めた2名だけだった。

出さなかった人は
「直接ご家族に渡せるのなら良いが、途中で担当者に読まれるのが嫌だ」
ということだった。
気持ちをダイレクトに伝えたい、という感情も理解できないことはない。
しかし、職場で集めて綺麗にファイルして、写真などとともに製本してお渡ししよう、と決めている。
メッセージの意図は、故人の海外での生活をご存じないご家族に伝えるため、ということも周知されている。
ご家族の気持ちを考えたら、少しでも自分の知っていることを書いてあげるのが誠意なんじゃないだろうか。

そのために担当になった人がいる。
その人はたった2通しかメッセージが集まらなかったら、どうしたら良いのだろう?
50人もいる職場なのに、メッセージが2通しかなかったら、ご家族はどう思うだろう?
「途中で担当者に読まれるのが嫌だ」という気持ちはご家族には伝わらないのだ。
伝わるのは、メッセージを書いたのは2人だけ、という事実だ。

自分の感情、というものがあるのはわかる。
しかし、それ以上に集団の中の一員、という立場を逃れられない、という事実もある。
全体の仕事の総量を考えようよ、って思う。
誰かがやらなければ、誰かがその分を補わなくてはならないことがたくさんある。
やらない、ということがすべて効率化に繋がるわけではない。

こういうのって、ひどく日本人的な考えなんだろうか。
日本人的でもいいんだけどね。
しなくてもいい苦労をしている人を見るのが嫌なだけなのだ。(自分だってしたくないし)


071027_01.jpg


 

[PR] 中国語留学のサポートなら

内蒙古出張 

10月25日(木)

内蒙古出張から帰ってきました・・・。

白酒を恐れていたのですが、先方との食事会が昼だったこと、またホスト側が糖尿病のため酒が飲めなかったことから酒ナシ宴会に。
超ラッキー。

仕事のほうも想像以上によく進み、事前にいろいろ心配していたことも杞憂となり、上々の出来に。

この場所、フフホトから車で2時間弱に位置している小さな県なのですが、つい3ヶ月前にオープンしたという真新しい空港を出たとたん、《大地の子》そのままの市場やら民家が点在する街並みを走っていく。北京にいると中国はすごい速さで進化している、と思いがちだけど、フフホトだってあの大きくて綺麗な空港のすぐそばはまだ《大地の子》の時代そのままなんだ、と改めて思う。

その後は、防風林に挟まれた1本道。
広葉樹が黄色く色づいている。両脇には草原。羊や牛が草を食んでいる。なんだ、この景色は!映画の中みたいじゃないか!

途中、小さな町を通り過ぎる。
牛や豚が車の通行を妨げる。
仕事が早く終わったので4時過ぎに先方を出発した。
小さな町を通り過ぎたのは丁度下校の時刻。
小学生達が学校から飛び出してくる。
大きな広葉樹の木の下の落ち葉を踏みながらレンガの家の前を歩いていく。
こんな映画のシーンを見たことがあるような気がする。

中国はすごいと思うのは、こういうとき。
どんな景色もフォトジェニックなのだ。
この風景、誰がシャッターを切っても絵になる。
誰がフィルムをまわしてもせつない映画の1シーンになる。
中国を好きな人は、どこを切り取っても絵になるこの国の素材の良さを知ってしまった人なんじゃないだろうか。

+++
国慶節以降ずっとなんとなくハードスケジュールだった。
平日の夜も土日も予定でいっぱいだった。
そのツケがまわったのか、今回の出張、酒は出なかったのに車酔いをしまくった。そして、今日は朝から水も飲めない状態に。
午後は自宅で休養し、脱水症状にならないようにポカリ的なもので水分補給。
午後ずっと寝ていたおかげで、今頃やっと復活。

もう少し若いときには、どんなに疲れても土日までは粘れたのに、最近は木曜日あたりで息絶えてしまう。
年なんだ~・・・。体力なくなった。
今の体力に見合った動き方をしないと。
は~・・・。

071025_02.jpg
昼の食事会で出された魚。「吉魚」と言っていましたが、フナっぽいです。なんか、生々しいですね。魚って中国ではどこでも上等な料理でおもてなし料理なので、きちんと頂きました。味は・・・。


071025_01.jpg
川蟹。蟹味噌をいただきます。美味しかったです。
これ、ポンと皿の上に置かれて、例えば欧米の人だったりしたらそのままお腹んところ割ってかに味噌食べる、って抵抗なくできるんだろうか、なんて考えちゃいました。


071025_03.jpg
行った町の特産の「莜面(ヨウミエン)」という麺です。きゅうりなどの野菜を千切りにして酢で和えた具にこれを混ぜて食べます。雑穀系麺の味がして、好みでした。健康食品だそうですが、たしかに高血圧とかに効果ありそう。中国の食の安全が大きく報道されていますが、地方に行けばこういう健康食品(緑色食品)がたくさんあって、地元の人は安くて美味しくて健康的なこういう雑穀系緑色食品を食べているから健康なんですよね。こういうこと、日本には伝わってないなぁ。

071025_04.jpg
フフホト在住関係者と食事した際にに入った焼肉屋にて。綺麗なお店で安くて美味しかったのですが。
客が減り始めると店員が掃除を開始。
排気管を綺麗にするのはいいんですけど、テーブルを土足で上がるのはどうか、と。
そういうの、店の指導以前に自分的におかしい、とか思わないんでしょうかね。あとで消毒した布巾で拭けば良いと思ってるのでしょうか。
こういう感覚が不思議。

[PR] 中国語留学のサポートなら

毎年この季節になると買うもの 

毎年この季節になると買うもの。

焼き芋・・・うん、そうそう。北京の焼き芋は美味しい。そのままスイートポテトみたい♪

生のナツメ・・・これも美味しい。リンゴみたいにカリカリで。鉄分豊富らしいよ。

たんふーるー・・・サンザシの飴がけ。イチゴ(ちょっと高い!)やぶどうやみかんのが美味しいけど、秋に最初に食べるのはやっぱりサンザシのがいい。


071023_06.jpg


そして。

ほぼ日手帖。
http://nekobaka3.blog56.fc2.com/

今年も購入しました!去年(今年?)は赤と白のチェック柄にしたので、今年(来年?)は黒地に白のドットにしました。

この手帖、毎年改良点があって楽しい。ちょっと高いけど、でも1年使うことや作っている人の顔が見えるから手作り感が好ましくて毎年使っている。


071021_hobo_01.jpg


同じほぼ日ストアで本も買えるので、せっかく送料かけて送ってもらうならついでに本も・・・ということで、本も届きました!本が届くの、嬉しい☆


071021_hobo_02.jpg谷川俊太郎質問箱 / 谷川俊太郎


071021_hobo_03.jpg


こういう本はすこしずつ、ゆっくりと読みたい。



[PR] 中国語留学のサポートなら

島耕作とインド 

先日、インド旅行に行かれたマイミクさんが「インドの会」を開催されたので、参加させていただきました。

実は、このちょっと前、わたしの勤め先の入っているビルが《常務島耕作》に出てくる!と聞き、《常務島耕作》を読んでいたのです。(前から聞いていたのですが、実物が入手できていなくて読んでいませんでした)



071021_21.jpg
《常務島耕作》より。
ビルの名前は変わっていますが、この外観に見覚えのある北京在住日本人は多いはず。


このストーリー、北京が舞台かと思いきや、インドが半分くらい舞台になっています。これからはインドやね、という話なんです。
で、前々からインドに行きたい病はあったのですが、これを読んでインド行きたーい!インド見たーい!という気持ちが今、かなりMAXなわけです。

そんなときに「インドの会」のお誘い。
インドの話が聞けるなんて、なんてタイムリー。

お宅にお伺いすると、ほのかにインド香の香り。
ホステスのマイミクさんはインドで作ったサリー地のドレスを着て出迎えてくださいました。
お食事はインドカレーやタンドリーチキンなどインド料理満載。
カルダモン入りのご飯、とっても美味しかった!

10代の頃から行きたかったのに、計画するたびにテロだのなんだのと危険情報が出ていて断念していたインド。
そろそろわたしの中で熟してきました。


071020_01.jpg
ご自宅で準備してくださったインド料理の数々。どれもとても美味しかった!
今回は10人以上の参加でしたが、マイミクさんの見事なホステスぶりに学ぶものは多かったです。わたしもいつか、ホームパーティーをしてみたい!


071020_02.jpg
マサラティー用ドロップ。
ミルクティーの中にこの液体を1,2滴たらすだけで、
(味も香りも)見事なマサラティーになります。
この中のマサラ度はどんだけ高い?!もう一つはカルダモンエキス。
インドへの想いがますます高まるアイテム。


[PR] 中国語留学のサポートなら

北京国際マラソン 完走記 

ANA北京国際マラソンに参加してきました。

走るなんて全く縁遠い人生だったのですが、職場のうちの班4人のうち3人(つまりわたし以外の全員!)が申し込んだというので申し込んでしまった、という全く小学生の習い事レベルの流れの結果です。

練習しなきゃ!とは言っても、結局ジムで4Kmを1回走っただけ。

しかも、申し込んだ時点では8Kmコースだったはずなのに、共産党大会のせいで天安門出発のコースが変更され、8Kmコースが消えて10Kmコースになっていた。勝手に。

ということで、人生初の10Kmマラソン。ぶっつけ本番です。走れるんでしょうか、わたし。

当日。

一応寝坊もせずに早起きし、会場へ。
我々は参加料が無料になるということで、全日空チームという枠で申し込んだので、なんとなく日本人がうじゃうじゃ。というイメージだったのですが、(当然のことながら)中国人ばっか。

入り口で警備の人が立っていたので、上着の下に来ていた大会公式シャツをチラッと見せたら入れてくれたのが我ながらカッコよくて、テンション上がる。



071021_19.jpg
こんなヘタレな像がある時点で凹みますが・・・。


トイレに並んでたりしたら大会開始の8時15分になっちゃって、そのときにはまだ4Kmコースのスタート地点にいたので、実質15分遅れでマラソン開始! 


071021_01.jpg
ぞろぞろぞろぞろ・・・


071021_02.jpg
赤いユニフォームは4Kmコースの人。
青いのは大会おそろいリュック。


071021_03.jpg
スターーーーーート!


「馬~拉松!馬~拉松!(マ~ラソン!マ~ラソン!)」というノーテンキなイケてない音楽が鳴り響く中、超ハイテンションな群集とともにスタートを切る。

沿道の人たちが「加油!(がんばれ!)」なんて応援してくれるので、なんかとっても楽しい気分になる。


マラソン、楽しい!!!


071021_04.jpg
出てすぐのところに民族園(だっけ?)
中国のミニチュアテーマパークがある。
ここまだ行ってないので、今度行こう。


071021_05.jpg
普段着で走る人も。
北京らしい。


071021_06.jpg
オレンジのTシャツが10Kmコースの人たち。
ずっと前の橋もランナーでびっしり!


071021_07.jpg
オリンピック会場の鳥の巣を横目に走ります。
これ、最高に気持ちE!


071021_08.jpg
オリンピック施設を作っている民工も見に来る。
わたしのオリンピック写真作品集《鳥の巣と工人》に入れておこう。


071021_09.jpg
PG大廈
北京には奇妙な建造物が多い。


071021_10.jpg
5Km地点でドリンクの補給がある。
ポカリをゲット。(被写体は相棒ですので、お間違いの無いように)


071021_11.jpg
5Km地点 記念撮影


071021_12.jpg
途中から交通制限が解除されたのか、ガンガンバスが入ってくる。
バスの横を走るランナー。


071021_13.jpg
交差点では信号待ちも。
え?国際マラソンなんですけど。
信号待ちのバスも。


071021_14.jpg
へばるとバスが拾ってくれます。
しかも、途中バスに乗って、途中で降りてまた走り出す人も。アリなのか?!


071021_15.jpg
7Km時点ぐらい。
走っているバスはヘタレの人を拾うバスです。
邪魔だから!!!


071021_16.jpg
フルマラソンのコースを警備する人々。


ジムで走っている時には、2Kmぐらいまではすっごく辛くて、それを越えると何キロでも走れそうな状態に入るのだけど、今回は興奮してはしゃいだり、喋りながら走っていたせいで調子が出るのに4Kmかかった。
水を補給した5Km時点から急に走れるようになり、足が自動的に動いていく。
オートマティック走法に入るとすごく気持ちいい。
どこまでも走れるような気持ちになる。
途中、相棒が話しかけてきたが、喋るとオートマティックな状態が崩れるため、完無視でひたすら走った。
結局、その勢いで5Kmから10Kmまでほぼ止まらずに制覇。

制限時間よりちょっと越えたけど、実際は15分遅れで走ったので、10KMを1時間20分ぐらいで走った計算。初めてにしては、まぁまぁの出来?!


071021_17.jpg
ゴーーーーーール!!!
超へばってます。


071021_18.jpg
完走記念。
全日空さん、チームANAのTシャツ着ていなくてごめんなさい。
(NIKEの大会Tシャツの方が発汗性が良かったものだから・・・)


走れないなぁ、と思っていたのですが、途中でオートマティック走法の境地に入り込めたため、無事に10Km完走できました!

初マラソンの感想は・・・


楽しい~~~~~~~353


超~~~~~楽しい353


マラソンがこんなに楽しいなんて想像もしませんでした!

北京の天気は良く、完成しつつあるオリンピック施設を見ながら走る。

途中で飲み物ももらえるし、知らない人から応援してもらえるし、これ、イベントですね。祭りだ!

ホノルルマラソンに参加する友人を見ていて、「楽しいかな」と思っていたけど、今、わかりました!楽しい!

帰り道、テンション上がりまくった2人は「次はホノルル行こうか?」とやる気満々なのでした。
(あ、フルマラソンは絶対に無理ね)

ま、相変わらず問題山積みだったらしいですが・・・
《北京マラソンまた反省 距離不足・客乱入・カメラ車故障》
http://www.asahi.com/sports/update/1021/TKY200710210164.html

+++


帰宅後、10Km走ったのにまだ12時前という事実に驚愕しつつ、超お腹空いたので、自分たちへのご褒美として『松岡』のランチへ。走ったあとは、!!!



071021_20.jpg
58元の焼肉ランチ。
これはお肉がちょい上等の98元のほう。
でも、58元のほうが量が多いよ。


+++


昼までは元気よかったけど、食事したら急に足がだるくなり動けなくなる。

+++


そして、翌日の今日。

朝、足・腰・背中・お腹が全面的に筋肉痛。

靴も合っていなかったのか、足の指の先10本全部マメが出来ている状態で、歩行困難に。
場に行くと4Km参加の1人以外、フルマラソン、ハーフマラソンの各1人、歩行困難に。フルの人はもともと練習していたのでそうでもなかったけど、ハーフの方は急に20Km走ったため、本日本当に歩けずタクシー通勤した始末。3人でヨチヨチ歩いていて、中国人スタッフに笑われていました。

でも、本当に楽しかった!いい体験をしました!


[PR] 中国語留学のサポートなら

2007.鳥の巣体育場(国家体育場) 

友人のリクエストにより、国家体育場鳥の巣)を見に行きました。

北京に住んでいると、たまに北四環からチラっと見えるだけで、「あ。見えた!」と満足してしまうので、こういう機会に近くで見れて、良かったです。

今は、だいたいこんな感じです。

写真のテーマは《「鳥の巣」と工人》
来年、オリンピックが開幕したら、この民工の人たちがこれを作ったことなんてみんな忘れてしまうでしょう。

民工の彼らは故郷に帰り、「あの会場は俺が作ったんだ!」と妻や子供に自慢するのでしょうか。 


そんなことを考えながら、今、この時の写真を撮りました。


0710bj_torinosu_001.jpg


0710bj_torinosu_002.jpg


0710bj_torinosu_003.jpg


0710bj_torinosu_004.jpg


0710bj_torinosu_005.jpg


0710bj_torinosu_006.jpg


0710bj_torinosu_007.jpg


0710bj_torinosu_008.jpg





 

[PR] 中国語留学のサポートなら

雑技&買い物篇 

雑技・買い物篇】


朝陽劇場雑技。正直、馬鹿にしてたんですよ。
むかし見たときには、体柔らかいのわかったけど、音楽も衣装も演出もなんだかなー・・・って感じだったので。

今回行ってみて、驚きました。
そりゃ、上海の雑技と比べるとナンですけど、《カンフー伝説》に負けないようにがんばっているのか、音楽も演出もそれなりに進歩してました!(衣装のセンスは仕方ないのかね・・・)

時間的にも1時間というコンパクトな時間で飽きもせず、面白かったです。

これは、「アリ」ですね!


0710bj_zatsugi_001.jpg


0710bj_zatsugi_002.jpg


0710bj_zatsugi_003.jpg


+++


【買い物篇】



アテンドしてるんですけど、わたしも普段買い物する機会が無いので、ついつい自分のものも買っちゃいました!(@紅橋市場


0710bj_goods_001.jpg
少数民族の衣装のシルバーアクセサリー
左2つがペンダントヘッド 右がピアス(ズボンバージョンもありました)
こういうの、何で今まで無かったんだろう・・・。


0710bj_goods_002.jpg
茶匙
お茶の葉を掬うもの
干支がついているものを購入。
(お。歳がバレますな)


0710bj_goods_003.jpg
組み立て式携帯箸
エコグッズとして。

0710bj_goods_004.jpg
箸を組み立てるとこうなります。
金属製ですが、先に滑り止めの切り込みが入っています





[PR] 中国語留学のサポートなら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。