スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

春は市場にやってくる@北京 

リアカーで果物を売っているおじさんの販売アイテムを見ていると、季節の旬がわかる。
彼らが一番季節に敏感なのかもしれない。

北京は黄砂が吹き始め、柳の輪郭がほんのり緑を帯びて来て、リアカーのおじさんたちが近郊で採れた桑の実と、南で採れたマンゴを売り始めた。

桑の実を見ると、「春が来た!」と思う。
そこで、春の味覚を探しに、三源里菜市場に行ってみた。

100326_haru(3).jpg 
 
あったあった!朝採りらしきフレッシュな筍!

1斤(500g)10元(約140円)で、これは小さめの350g程度だったので、8.2元。

日本人的には、春と言えば筍!なんだけど、中国人はあまりそういうのは無いのかな?
この市場でこそフレッシュな筍が山積みされているけれど、他の市場ではそうでもないし、ウチの近所の京客隆やBHGではまだ新筍はお目見えしていない。
そうかと思えば、夏の「え?今、筍?」というシーズンにスーパーで生の筍が売られていたりして、筍=春、というイメージが中国人にはあまりないような気がする。

去年何度も買いに通った白アスパラはまだお目見えしておらず。

100326_haru(1).jpg 
桑の実 (英語で「mulberry」、中国語だと「桑葚(sang1shen4)」)

 
桑の実もゲット。1箱10元。
リアカーのおじさんのだともっと安いけど、大量購入しないといけないので、ジャムなど作るのでなければこの程度で充分。

中国では蚕の幼虫をよく食べるので(少なくとも北京のスーパーでは普通に売られている)、蚕に食べさせるために桑の葉を育て、その副産物としてこの時期桑の実が出てくるのだと思う。

だとすると、どこで買っても無農薬品だからこれは生で食べても安心!(BHGで買うと、同じぐらいの量で18元!)


◆過去の関連記事;
桑の実でコンフィチュール@北京 

@@@

100326_haru(2).jpg 

 
春の味覚じゃないけど、この前作ったアボカド丼が美味しかったので、アボカドをついに購入!
すごく高いイメージがあったけど、市場で1個9元だった。
まぁ、高いと言えば高いけど、9元で2人分の丼になるなら、まぁいいか、と思って。
スーパーで買うと、もっと高い。(BHGだとこの約2倍の値段がする!)


@@@

家に帰ると、早速筍の下茹で開始!

100326_haru(4).jpg 
米のとぎ汁+唐辛子を入れた水を筍が浸かるぐらい入れ、
落とし蓋をして沸騰してから1時間、コトコト茹でる。
茹でたら湯が冷めるまでそのまま入れておき、
冷めたら筍をカット。

買った時には350gあった筍も、皮を剥いで、茹でて食べられるところだけにしたら意外とちょっとだけ。
なので、今回は土佐煮までは作らず、筍御飯と筍の澄まし汁で春ご飯に。



100326_haru(8).jpg  
ゴロゴロ筍入り!
これが食べたかった~♪
Cpicon たけのこご飯 by とほほ

@@@

先日見ていた『ためしてガッテン!』で、グリーンピースの美味しい食べ方をやっていた。
わたしはグリーンピースが苦手で、食べられないほどではないけれど自分からは調理はしない。
これって少数派かと思っていたら、『ガッテン!』で特集を組むほど多数派のようで、この放送はガッツリメモ取りながら見た。

『ためしてガッテン!」今が旬!豆ご飯革命:

で、試してみたのが、グリーンピースの天麩羅。

100326_haru(7).jpg  
奥がグリーンピースの天麩羅。
手前はトウモロコシの天麩羅。

グリーンピースを美味しく食べるコツは、フードプロセッサーなどで豆をまず米粒大に砕くことらしい。(包丁でも可。米粒より小さくすると食感が無くなるので注意らしい)
 
その後は、その“みじんピース”に1センチに切ったエノキダケを入れ、小麦粉+水を入れて溶き、揚げればOK。
トウモロコシの方も同じ感じで、こちらは砕かず粒のまま。

これは映画『歩いても、歩いても』の冒頭で希木樹林が作っているのが美味しそうで真似したものだけど、映画のように生トウモロコシの実を剥いで作ると、北京のトウモロコシは甘みが薄く、モチモチした食感があまり天麩羅に合わないので、今回はコーン缶を使用。

コーン缶から出したトウモロコシの粒に小麦粉+水+卵半個を溶いて混ぜ、ちょっと塩コショウを振って揚げたもの。


小麦粉の濃度が薄いとトウモロコシが揚げ油の中でバラバラになるし、濃いと小麦粉の味の方が前面に出てしまうので、小麦粉の量に注意することだけがコツ。
この天麩羅は甘くて美味しい。

みじんピースの天麩羅は、知らないで食べたらグリーンピースと思わないかも…というぐらい、あの独特の青臭さは消えていて、ほんのり野菜っぽい甘さが残る。
正直言って、思ったほど劇的に美味しくならなかったのだけど、この調理方法は面白いので、下味の付け方とか揚げ油の温度調整とかで、もっと美味しくなる可能性大。
色が綺麗なので、もう少し研究してみたい。

100326_haru(9).jpg  
市場で秋刀魚が美味しそうだったので、焼き魚+筍御飯定食に。
秋刀魚は1斤8元で、大き目を2本買って5元だった!
澄まし汁には余ったエノキダケを入れたら多すぎて、筍が見えなくなった・・・。

@@@

100326_haru(5).jpg 
桑の実はそのまま市販のヨーグルトに投入。

カップのまま、中にポイっ!
酸味も甘みも強くは無いが、プチプチした食感が好き。

100326_haru(10).jpg  
ストロベリー&桑の実(マルベリー)で、ダブルベリーのヨーグルトかけ。
これだけでも春のスイーツに♪

次の“春ご飯”はホワイトアスパラだな♪

+++

 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 
※種字林@北京 営業時間;(10時~19時) 土日も同じ。

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif    

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++   


[PR] 中国語留学のサポートなら

スポンサーサイト

アボカド丼とアボカドパスタと、相棒の手料理。 

ここしばらく体調がすぐれず、長時間PCに向かっていることができなかったため、ブログ更新が停まっておりました。

毎日クリックしてくれていた皆様、ありがとうございます。更新されていなくてすみませんでした。

もうだいぶ良くなったので、「ほぼ毎日」ぐらいのペースにもうすぐ戻れそうです。

北京の皆様、いろいろな会に誘って頂いていたのに、不義理を重ねておりすみませんでした。

もう大丈夫そうです。

@@@

ちょうど、一番外出がキツかったとき。

その頃、買い物は相棒に頼んでいたので生活にそれほど不自由は無かったとは言え、できるだけ冷蔵庫にあるものを使いまわして料理をしていたのだが、肝心の1品が足りなくて、「今日の夕ご飯、どうしよう・・・」と思っていたその時!

偶然近所までいらしたTさんより、アボカドのお土産を頂く。

100320_abo(2).jpg 
しかも、珍しいアフリカ産のアボカド。
普通見かけるメキシコ産とは外見が違うけど、
皮が薄くて食べやすかった!

北京でもメキシコ産のアボカドは売っているけど、どえらく高いので、好きなんだけど買ったことは無い。

*アボカドは中国語で、「牛油果[niu3you2guo3]」(←近所のスーパーにはこれで表記されていた)、或いは「鰐梨[e4li2]」「油梨[you2li2]」。
“果”“梨”ってことは、果物ってことなのね。でも、実際は、これ、野菜的に使うことの方が多いよね。

なので、普通の時でも高価なアボカドは大変に大変に嬉しいのに加え、この我が家的食糧難の時に頂いたのは何とも有難かった。

日本にいるときは、わさび醤油で刺身風にして食べていたのだけど、おかず難のこの日はもっとちゃんとした“一皿”になるものが作りたかった。

早速いつものクックパッドで検索してみると、何とも美味しそうなアボカド丼のレシピ発見!

ってことで、夕食はアボカド丼に決定♪

100320_abo(3).jpg 

「アボカドは果物」

と思っていた相棒は、最初はちょっと及び腰だったが、一口食べて、

「これ、ウメーーーーー!」

と絶賛。

作り方は超簡単☆(2人分;アボカド1個使用)

1.アボカドは皮をむいて1センチ角に。

2.調味料(醤油・砂糖・コチジャン・酢/各大さじ半分;にんにくすりおろし2分の1片;ゴマ油大さじ1;炒りゴマ大さじ2分の1~)を混ぜる。

3.2に1を混ぜて、温かいご飯に乗せる♪

Cpicon 簡単ランチ♡激うま!アボカドdeユッケ丼 by るるみこ 

+++

アボカドって脂っぽいから、丼っていっても、それほどたくさん食べられないので、1人半個で充分。

カフェ飯っぽくて、これ、イケる!

@@@

もう1個アボカドがあるので、こちらは数日後、パスタに♪

100320_abo(1).jpg 

これも、作り方は超簡単☆(2人分;アボカド1個使用) 

1.アボカドは皮をむいて1センチ角に。

2.調味料(マヨネーズ大さじ3;牛乳大さじ1;めんつゆ[3倍濃縮]大さじ1.5;かつおぶしひとつまみ)を混ぜる。
※めんつゆが無ければ多分醤油+だし汁でも大丈夫。塩加減を見て量を調節してください。

3.2に1を混ぜ、マッシャーでアボカドの食感が残る程度に潰したあと、茹であがったパスタを混ぜる。

4.刻みのりをトッピングして完成☆

Cpicon アボカド♪和風クリームパスタ♪ by Blue-Island

+++

アボカドの脂っぽさがウニを彷彿とさせる。ウニパスタっぽい。

味付けにめんつゆを使用し、かつおぶしも入っているので、全体のテーストがざるそばを思い出させるため、トッピングの海苔が非常に合う。海苔があると無いとでは大違いなので、これは海苔必須。

みなさん、いろいろと面白いレシピを考えるよね~。

クックパッド、本当に有難い。

そして、アボカドを下さったTさんに、心から感謝!

お陰さまで2食生き延びました。

@@@

引きこもっていたのだけれども、ずっと寝込んでいたわけでもなく家の中での最低限の家事はやっていた。

でも、数日だけ医師から「今日は安静に!」と言われていた日があり、そんな日は、相棒がご飯を作ってくれた。

100302_ninshin(1).jpg  
相棒作;カレーラス
レシピを見ながら丁寧に作ってくれるので、美味しかった。
人が作ってくれるものって、+@美味しいよね~♪

100320_food.jpg 
相棒作;ハンバーグ
(注;付け合わせとサラダとコーンクリームスープはわたし作)

相棒が得意とする料理はカレーとハンバーグなのだけど、特にハンバーグは絶品!

捏ねる時に入る力が違うのか、出来上がったハンバーグの肉のキメの細かさがわたしが作った時と全然違う。
焼く前の段階で、既に肉の見た目が異なるのだが、食べるとまた食感が全く違う。
言ってみれば、「お店の味」がする。

料理は男性の力で作ると美味しいんだなぁ、と改めて思う。

@@@

実はこの1カ月、医師から刺激物の摂取も禁止されており、なんと!!!
お茶が飲めないでいた。

2005年に赴任してから、1ヶ月間もお茶を飲まない生活は初めてだ。

とにかく、カフェインがNGだというので、カフェインフリーのハーブティーや蕎麦茶、麦茶を飲んで凌いでいた。

なので、誘って頂いたお茶会も参加できず、すみませんでした!

先日、やっとお茶が解禁となった。

その日、頭痛もしていたので、本当に1カ月ぶりに岩茶を淹れた。

100320_tea.jpg 
あ~・・・1カ月ぶりの岩茶!
美味しい・・・☆

やはり岩茶はわたしの身体に合うのか、頭痛はしばらくするとスーっと消えた。

もうそろそろ緑茶の新茶シーズンが始まる。

春だなぁ・・・。

@@@

100320.jpg 
今日は強風+黄砂がスゴイ。
日本にも来週あたり、黄砂がお邪魔するのかも・・・。
明日は春分だもんなぁ。

 

+++

 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 
※種字林@北京 営業時間;(10時~19時) 土日も同じ。

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif    

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++   

[PR] 中国語留学のサポートなら

自家製ドライトマト、再び。@北京 

以前作ってみた自家製ドライトマトが思いのほか便利だったため、再度市場でミニトマトを大量買いし、ドライトマトを作った。

簡単で美味☆自家製ドライトマト@北京 

前回は、半分オリーブオイル漬にしたのだけど、単に冷凍保存しただけのタイプが一番使い勝手が良かったので、今回は全て冷凍保存にすることにした。

ドライトマトの作り方は前回と同じ。

*電子レンジバージョンもやってみたけど、こちらはあまり上手くいかなかった。

Cpicon レンジで簡単だよ♪セミドライトマト by ここあママ


100212_tomato(3).jpg
半分に切って電子レンジへ。

100212_tomato(1).jpg 
水分がちゃんと飛ばなくて、ベチャッっとした感じに。

なので、今回もオーブンバージョン。
(作り方は前回と同じ)

100212_tomato(2).jpg 
トマトを1kg弱購入。
30元(420円)ちょっとだったかな?
 
市場で買うと安いのが嬉しい。

0.事前準備
・オーブンを140度で予熱しておく。
・オリ-ブオイル漬にして瓶詰めにする場合は、瓶を煮沸消毒しておく。
 

1.トマトを切って鉄板に並べる。
トマトの切り方は、写真のように種が出るような方向で切るのがポイント。


100212_tomato(4).jpg 

2.鉄板にトマトを並べたら、軽く塩を振る。(塩分で水分を出すため)
*今回の場合、全体で4つまみぐらいかな?
 

3.オーブンで焼く。
140度で1時間半~2時間。(トマトの様子を見ながら)
 

4.30分経ったら一旦出し、トマトの表面をペーパータオルで拭いて余分な水分を取る。
これを30分ごとに行う。
(必須作業ではないけど、これをした方が早く乾燥する)

100212_tomato(8).jpg 

100212_tomato(7).jpg 
出来上がったセミドライトマト。
これだけ食べてもすごく甘い!


@@@

冷めたら、そのままジップロップに入れて冷凍庫へ。

サラダに彩りが欲しいな、とか、パスタにもう1品、などというときに、そのまま使えるのですごく便利!

最近引きこもり気味のわたしは、家にあるもので何か作って食事を済まそう・・・というときに、これがすごく重宝している。

@@@

調理例;(←って、たいしたモノ作ってないんだけど・・・)


100302_(6).jpg
ブロッコリーとベーコンとドライトマトのパスタ

炒めたブロッコリーとベーコンの中に、凍ったままのトマトを入れてサクっと炒めるだけ。

すぐに解凍されるので大丈夫。

トマトが無いと、このパスタ、ちょっと寂しい。


+++



100310_bred(1).jpg 
ドライトマト入りベーグル

日本で食べたパンにドライトマトが入っていたので、真似してベーグル生地に練り込んでみた。

これは微妙だった・・・。

完全にドライトマトだったら良かったんだけど、セミドライなので、どうしても水分が出てしまい、生地に溶け込んで、成形が難しかった。

まぁ、自分で食べる分には問題ない程度には焼けたけど。

これは更に研究が必要だな。

100310_bred(2).jpg 
ドライトマト入りベーグルにクリームチーズをたっぷりつけて食べる
シアワセ・・・!

090911_drytomato(10).jpg 
これは前回ご紹介した生ズッキーニのサラダ
生ズッキーニもイケるよ!

ミニトマトがたくさんあったら、ドライトマトに加工してしまったほうが、保存も利くし、味も濃くなって甘くなるので、使い道が広がってGood!

+++

 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 
※種字林@北京 営業時間;(10時~19時) 土日も同じ。

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif    

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++   

  

 

[PR] 中国語留学のサポートなら

サーモン三昧@北京 

春節前に三源里の市場で買ったデカいサーモン

7枚に切って、塩を軽く振り1日置いた後、すぐに食べない感じだったので冷凍しておいた。

というのも、ここのサーモン、かなり脂が多くて、魚の脂が苦手なわたしはホイル焼き程度だとちょっと食べ辛いのだ。
(トロも苦手。中トロもダメ。寿司屋では赤身しか食べないから、安いよ~。)

100212(3).jpg  
市場で買ったサーモン
1斤(500g)34元で、これは61元分(855円)

味噌漬にしたら食べやすいんじゃないか、ということで、味噌ダレに1日漬けた後、焼いて見た。

味噌ダレの中身は・・・赤味噌(大さじ3)/みりん(大さじ7)/酒(大さじ3)/砂糖(大さじ1)

詳細はこちらのレシピ参照↓

Cpicon 鮭が高級に感じる味噌漬のたれレシピ by どんげのすけ

 

100222_samon(2).jpg 
半日かけて常温解凍した後、味噌ダレに漬けて
1日冷蔵庫に入れておいた。

100222_samon(1).jpg
フライパンで焼くと焦げ付きそうだったので、
ホイルを敷き、蓋をして蒸し焼き状態で焼いた。

100222_samon(3).jpg
少し焦げ目が付いたら出来上がり!

これ、まぢ旨い!

北京で手作りの味噌漬けが食べられるとは思わなかった。

脂っこいサーモンも、これだと食べやすい。

身も分厚いし、贅沢な気分を楽しめた。

@@@

サーモンが美味しかったので、他の魚でも応用が利くのでは?ということで、ヨーカ堂で売っていた、冷凍の銀鱈で
同じく味噌漬を作ってみた。

100222_samon(4).jpg 
2切れで14元(約196円) 

結論:サーモンほど美味しくない・・・。

もともとが冷凍だったからか、一応常温解凍してから味噌に漬けたものの、焼いた後も水っぽかった。

でも、確か銀鱈も味噌漬などにする魚だと思うので、やっぱり冷凍物で作ったのが良くなかったのだと思う。
やっぱ、冷凍の鱈は鍋かなぁ。

まぁ、不味くはなかったけどね。サーモンほどではなかった、という感じ。

@@@

サーモンは他の味とmixしたほうが脂っぽさを感じないのでは?と思ったので、またもやクックパッドを検索し、「サーモンのポテト焼き」という、どう考えても美味しそうなレシピを発見!

Cpicon とろうまっ♪サーモンのとろとろポテト焼き by りゅうちゃんママ

 これは、脂が多いトラウトサーモンが適しているとのことで、正にウチにあるサーモンにピッタリ!

100222_samon(5).jpg 

100222_samon(6).jpg 
ポテトの下からサーモンが!
これが旨いっ!

これ、サーモンの上にマッシュポテトとパン粉を乗っけて、オーブンで焼くだけ。(オーブントースターでも良いみたい)
それだけで、どっかのお上品なお店のランチに出てきそうな味になる。

これは大当たり!

サーモン、使える!

+++

 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 
※種字林@北京は、20日から通常営業(10時~19時)をしています。

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++   

[PR] 中国語留学のサポートなら

復帰後(?)第一弾はアワビ!@北京 

北京に戻ってきたところで、台所を見渡すと・・・米が無い!
春節を米なしで過ごすことはできない・・・買いに行かなくては。

できれば南湖綜合市場のお米屋さんの黒竜江省の米を買いたいが、春節前なので帰省してるかも・・・。無駄足を踏まないためにも電話してみたところ、まだいるよ~とのことなので、急いで市場へ向かう。

米を買い、キムチ・韓国海苔・カットわかめ等買い物を済ませたあと、アイテムチェックのため海鮮コーナーを覗いていると、前回松葉蟹と毛蟹を買ったお店のお兄ちゃんが、

「今日は蟹、買わないの?」

と声をかけてきた。

「今日は要らない

と言ったら、

「じゃ、アワビはどう?」

と大連産のアワビをお勧めされた。
アワビなど殆ど食べたことが無いため、これはこの機会に食べておかなくては・・・!ということで購入。
1個8元。

100209_awabi(3).jpg 
活きが宜しく、想像以上に気持ちの悪い動きをするため、
以後の調理は相棒にお任せ。
(左の2個はひっくり返ろうと思いっきり貝が伸びている)

100209_awabi(4).jpg 
1個7~8センチと小ぶり。

まずは活きている貝を良く洗った後、塩をすりこみ5分ほど放置。

100209_awabi(6).jpg 
流水で裏側まで良く洗う。
*相棒がやっています。

100209_awabi(5).jpg
塩を大量に刷り込まれ、硬くなってしまった貝。
拷問をしてるようで、申し訳ない気持ちに・・・。

放置後、再度洗って塩を流す。

調理方法を検索してみると、この後、先に貝を貝殻から切り離し、肝を取り除く、という調理方法と、蒸してから取り除く、という2つの方法が出てきたので、まず活きている段階で取り除こうとしたのだが、貝もがんばるのでこれがなかなか綺麗にできない。

1つだけ活きている状態で切り離し、あとの3つは蒸してから作業を行うことにして、貝の上に酒をたっぷりとかけ、蒸し上がった蒸し器に入れる。
蒸し時間は、今回は2分半。

蒸した後の貝は貝殻から切り離すのも簡単で、肝もつぶさずに綺麗に取れた。

緑色の肝を上に貝を置くと、下側に赤色っぽい貝の口が見えるので、口の周囲に切り込みを入れ、口と肝を貝から切り離す。
口の部分は捨て、肝は細かく切り、おろし生姜と醤油を混ぜて肝醤油に。

100209_awabi(8).jpg 
酒蒸しアワビの肝醤油添え

アワビちゃん、小さいながらも旨い!

わたしは魚介類の肝はあまり好きではないので、肝醤油もダメかな・・・と思いながらも食べてみたところ、生姜が効いていて、全然OK!
逆に、肝好きな相棒は、生姜がもっと少なくても良かった・・・と言っていたので、肝のみじん切り+醤油を混ぜたものを作り、生姜は自分でお好みのブレンドにする、というスタイルでも良かったかも。
ちなみに、今回は、肝4つに対し、生姜は小さじ1杯半程度、醤油は適量。

蒸し時間も、1分程度と書かれているものから2~3分、と幅があったので、試しに2分半蒸してみたが、もっと短くても良かったかも。(貝が小さかったので。)

小さかったけど、とりあえず1人16元でゼイタク気分を堪能できたので良かった。

この倍ぐらいの大きなアワビ、手に入らないかなぁ。(廉価で。)

実は、貝を買うにあたり、以前北京の某市場(南湖ではない)でアサリを買い、酒蒸しにしたところ、食中毒になり一晩七転八倒の苦しみを体験した我々は、アワビは大丈夫かな・・・と調べてみたところ、食中毒になりやすいのは、プランクトンを食べている2枚貝で、アワビは水草を食べている1枚貝なので、食中毒には殆どならないとのこと。
それを読んで、安心して2分半という超短い蒸し時間でも食べる気になった。
貝の食中毒は本当に怖いので、皆さんも気を付けてください。(見ても食べてもわからないから怖いんだけどね・・・)

@@@

100209_awabi(1).jpg 
市場で買った、ちょっとシックなトマト。
これで一応食べられる状態らしい。
お味はフルーツトマトよりあっさりと甘みが薄く、皮もしっかりと硬めなので、
生食より、タイカレーやパスタなどの料理で、
軽く火を通すのに向いているかも。

+++
 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 
※種字林@北京は、2月13日~17日は春節休み、18・19日は10時~16時の短縮営業、20日から通常営業になります。

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++  
 

[PR] 中国語留学のサポートなら

太刀魚ととん汁@北京の食卓 

海鮮好きの相棒。

しかし、新鮮な海鮮がなかなか手に入らない北京では、肉料理が中心になってしまう。

ある日。

無言でクックパッドやら何やらを検索していた相棒、一言、

「太刀魚を料理する。」

と。

近所のスーパーに買い物に行き、太刀魚(中国語で「帯魚」)を購入してくる。

1斤(500g)19元のもので、16元ほどの大きさのものを1匹購入。

何を作る気なのかわからないので、そのままキッチンに相棒を放置。

100112_tachiuo(2).jpg 

小一時間後。
キッチンから、

「失敗!しっぱ~~~~いっ!」

の声が。

行って見ると、ちゃんとムニエルになった太刀魚ができている。

「できてるじゃん。」

と言うと、

「最初に牛乳で下処理する、というのを忘れたから生臭いんだよ。」

とのこと。

一口食べてみるが、言われてみれば若干生臭い気もするが、北京のあまりちゃんとしていない日本料理屋で食べる魚料理程度の生臭さで、食べられないほどじゃない。

「生から自分で調理していたから、そう思うだけじゃないの?気になるんだったら、あんかけにしたら?」

ということで、甘酢あんを作ってかけたら、普通にイケた。

100112_tachiuo(4).jpg
太刀魚の甘酢あんかけ
甘酢あんを作り過ぎて、太刀魚が沈んでいますが。

100112_tachiuo(1).jpg 
こんな感じ。
普通に美味しかった。
魚食べるの久しぶりだったし。

太刀魚が生臭かったのは、下処理のせいもあるかもしれないし、近所のスーパーで買ったので鮮度の問題もあったかも。ちゃんとした海鮮市場などで買えば、もっと美味しくできたと思う。

何故だか、急に相棒が料理(但し、海鮮限定)に目覚めてくれたので、事あるごとに海鮮市場に連れて行き、モチベーションを持続してもらおうと思う。

100112_tachiuo(3).jpg 
とても寒い日だったので、わたしはとん汁を作った。
とん汁、あったまるね~。

+++レシピ+++

《甘酢あん》

だし汁 150cc
塩    少々
醤油  大さじ2
酢    大さじ2
砂糖  大さじ2


ニンジン 4分の1本ぐらい
タマネギ 4分の1個ぐらい


水溶き片栗粉 適量

1.だし汁に千切りにしたニンジン・薄くスライスしたタマネギを入れて煮る。

2.ニンジン・タマネギに火が通ったら、塩以下の調味料を入れる。

3.煮立ったら、水溶き片栗粉を入れてよく混ぜる。

☆料理が変な味になったら、甘酢あんをかけて誤魔化そう♪

※太刀魚のムニエルは、相棒が作ったので、作り方不明。
ニンニクとか唐辛子がたっぷり入っていた。

《とん汁》

・具材(冷蔵庫の整理的に)
今回入れたのは、ニンジン・サトイモ・ジャガイモ・ごぼう・油揚げ

・豚肉(日本だったら豚バラ)
・白ネギ
・ゴマ油
・砂糖  大さじ1
・だしの素 (或いはだし汁)
・味噌

1.熱した鍋にゴマ油を入れて、豚肉を炒める。
ここで、砂糖を入れると肉が柔らかくて美味しくなる、と聞き、砂糖大さじ1を投入。

2.豚肉が白くなったら、野菜を入れて軽く炒める。

3.ひたひた程度に水を入れ、だしの素を入れる。 (或いはだし汁)

4.野菜に火が通るまで煮る。

5.野菜が煮えたら、味噌を溶かす。

6.最後に白ネギのみじん切りを乗せて。七味もがんがんぶっかけちゃおう~。

※前日大根を食べてしまったので、大根が無かったが、入れた方が良かった。
※北京では牛蒡を売っていないことが多いのだけど、久しぶりにとん汁を食べて、牛蒡と大根は必須だと感じた。

牛蒡は、わたしの個人的な感覚だと、北京では(中国では?)‟野菜”というより漢方薬として認知されているように思う。食材としてあまり一般的ではなく、スーパーでも基本食材としては扱っていないと思うし、中華料理にも使われているのを見たことが無い。

一方、同仁堂のような漢方薬の薬局だと、「牛蒡[niu2bang4]」或いは「牛蒡子[niu2bang4zi]」という名前で、漢方薬材として乾燥させたものが売られている。これはそのまんま「ドライ牛蒡」で、お湯に入れて牛蒡茶などにして飲むのだそうだ。
確かに、牛蒡の味は、食材として親しんでいないと食べにくく、野菜とは思えないのかもしれない。
和食ではスタンダードな食材で、日本人はあのにおいを「香り」と認識して、香ばしく美味しい、と思うのだけど、慣れていないと「薬」と思えるのかもしれない。

+++

【おまけ画像】

100112_cook (3) 
ごはんに・・・スヌーピーが混入!!!
(スヌーピーふりかけに入っていた、ミニスヌーピー。
これ、食べられます。可愛い!)

+++
 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++  
 

[PR] 中国語留学のサポートなら

冬は風呂吹き大根@北京の食卓 

春はあけぼの。冬は大根。 (←そんなこと言ってないって?!)
 

・・・ということで、“風呂吹き大根”を良く作っている。
 

これ、圧力鍋で作ると超簡単!
  

Cpicon 【圧力鍋】ふろふき大根 by あこ425
 
 

材料(水・酒・大根・米・だしの素)を鍋に入れて火にかけておくだけで良いので、手間もかからない。
圧力を15分かけておくだけ。
クックパッドバンザイ!
 
 

100108_daikon.jpg 
 

味噌も、材料を耐熱皿に入れて、チンするだけなので、簡単!
ここに、ちょっとひと手間加えて、ゆずごしょうをほんの少しいれると、ゆず風味の味噌になって、ワンランク上な感じに。

「ゆずの無い北京で、なんでゆず味噌ができるの~?」

と、ちょっと技アリを演出できる。まぁ、ゆずごしょう自体が日本でないとなかなか入手できませんが。
(香りを強くしようと量を多めに入れると辛くなってしまうので注意!)
 

作るのが簡単で、材料も少なくて済んで、結構お腹に貯まるし、立派な1品になるので、「今日、何作ろう…」というときは、こればかり作っている。
(大根を1本買っても、これを作ると3分の2ぐらいはすぐに使いきれるのも嬉しい。面取りがちょっと面倒だけど、これもピーラーを使うと意外と早くできる。あ、みんなピーラーでやってるって?面取りで出た大根の細長いのは、そのまま味噌汁の具にGO!あぁ、小市民。)
 

大根、美味しいもんね~。
 

ちなみに、なんで“風呂吹き大根”て言うんだろう・・・と、ふと疑問に思い、調べてみた。
 

昔の風呂は蒸し風呂で、熱くなった体に息を吹きかけて垢をこすり取る者がいて、その行為やそういうことをしている人を指して「風呂吹き」と呼んでいた。
この料理を食べる時に息を吹きかける様子が似ていることから、「風呂吹き」と呼ばれるようになった、という説。
 

大根は身体にも良く、安くて経済的であることから、「不老富貴(ふろうふき)」の意味から、「風呂吹き」に転じたという説。
 

ある僧から、「大根の茹で汁を漆貯蔵室の風呂に吹き込むと、漆の乾きが早くなる」と聞いた漆職人が、その通りにしてみると大変効果があったので、大根の茹で汁を大量に作ったが、茹でた大根が残るため、近所の人に配ったことから「風呂吹き大根」と呼ばれるようになったという説。
 

しかし、元々この料理はカブで作られており、単に「風呂吹き」と呼ばれていたため「不老富貴」説と漆職人説は考えられない。
 

大根を使った風呂吹きが作られるようになったのは、江戸初期頃と考えられている。
 

語源由来辞典より

@@@
 

“風呂吹き大根”ももともとはカブ料理だったんだ!
 

ためしてガッテンでカブの特集をやっていたのだけど、カブって料理の仕方次第では、めちゃくちゃ甘くて美味しくなるらしい。
番組冒頭の実験では、おでんも大根よりカブで作った方が美味しいって言っていた。
“風呂吹きカブ”、美味しそうだな。
 

たった50秒!旬のカブ激うま大作戦
 

あ~・・・カブ、食べたい・・・。
 

北京って、カブは売って無くないですか?
 

ラディッシュ系の生で食べるようなカブ以外、カブ料理って、思いつかないですよね?新たな疑問…。辞書を引くと、中国語では「蕪菁[wu2jing1]」「蔓菁[man2jing]」というらしい。

wikiによると、「中国では詩経に記載され」とあるので、中国にもあるらしいけど、あの煮たり漬けものにしたりする日本の白い蕪と一緒なのかな?
 

+++
 

種字林さんでのお茶販売について、『コンシェルジュ』さんに掲載していただきました!(現在配布されている1・2月合併号13ページ)
 

100108_tea.jpg
 

『コンシェルジュ』さん、ありがとうございます!
 

 

+++
 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++   

[PR] 中国語留学のサポートなら

10元ウナギでひつまぶし@北京・南湖綜合市場 

《お知らせ》

11月30日~12月6日の期間、所用により北京を離れるため、ブログのUPができなくなると思われます。

ネット環境の問題でメールの返信等もできなくなるかもしれませんので、御了承ください。

+++

米、キムチ、焼き肉用のカルビなどの供給にちょくちょく行くようになった望京の南湖綜合市場


お米屋さんについて…2010年1月に
お店が移転するそうです。
市場内のもう少し手前になるとか。新しい店番号がわかり次第、UPします。
お店の人は変わらないので、リピーターの方は同じおねえさんを探すと新しいお店の場所がわかるかと思います。

最近はこんな食材も定期的に購入。

091128_nanhu(1).jpg 
左;韓国海苔 10パック入り 8元
右;乾燥わかめ 1パック5元

韓国海苔は主に相棒のおつまみ用。
ゴマ油と塩がついていて、このままでも美味しいんだよね。

乾燥わかめは今までは日本で買ったのを持って来ていたのだけど、リケンのはわかめが肉厚で美味しいんだけど、大量買いすると結構高い。
安いメーカーのはわかめが薄くてボロボロで美味しく無い。

う~む・・・と思っていたところ、韓国製のわかめが肉厚で美味しいことを発見!
市場内を見たところ、これ以外のものは切っていないで大きく、このタイプのものがそのまま使えて便利そう。
1パック5元と安い上、わかめの質はなかなかOK。
最近はこれをまとめ買いして味噌汁・スープの具や酢の物などに惜しげなく使っている。

@@@

091128_nanhu(8).jpg 
冷凍うなぎのかば焼き 10元

綜合市場の入口から入って一番左手の食料品ゾーンに1軒、業務用日本食材を扱っている店がある。たくあんとか、業務用キューピーマヨネーズ、焼き肉のたれ、バラン(!)、蕎麦、冷凍食材等売っている。

調味料系は2リットル程度の業務用大型パックだけど、食材は家庭用でも使える大きさのものもある。

で、10元うなぎ、買ってみた。

どの程度かというと、中国人経営の微妙な日本料理屋で出てきそうなうなぎって感じ。
うなぎ自体はそれほど肉厚でもないが、安いから仕方ないか、という感じでギリギリ許容範囲。だが、タレがいけない。スーパーのパンコーナーで売っている安いみたらし団子のタレみたいなのがかかっている。これをご飯の上に乗せたらマズそう・・・。

ということで、パックから出してうなぎを一旦洗い、みたらし団子風のタレを洗い流した。
その後、アルミホイルを敷いたフライパンに皮を下にして乗せ、日本酒をちょっとかけた後、フライパンに蓋をして蒸らし焼き。

タレは別途、酒(大さじ1)+醤油・みりん(各4分の1カップ)+黒砂糖(大さじ3~4)を煮立たせて作成。
※砂糖でも良いけど、黒砂糖を使った方がコクが出る。中国製の「紅糖」でOK。
出来たタレはあらかじめアツアツご飯にまぶしておく。

うなぎがしょぼいため、うな丼にするにはキビしいので、だし汁をかけてひつまぶしに。
昆布(望京で購入)とかつおぶしで取っただしを別途作成。

うなぎに火が通ったら、細く切ってタレをまぶしたご飯に乗っける。

*写真は前回作ったひつまぶしのものを再利用・・・。

090719_doyou(3).jpg
タレご飯にうなぎ・のり・わさびを乗せて。
これでも結構イケる。

090719_doyou(1).jpg 
次はダシをかけて・・・。

 ひつまぶしにすると、10元のうなぎを2人で食せるので非常に経済的。(いやん!ビンボー?!)

スレンダーなうなぎであるため、そのままの姿ではちょっと寂しいので、何らかの調理方法で切ってしまったほうがうなぎ気分を楽しめる。う巻き卵なんてのもいいね!

ポイントは、うなぎに絡まっているタレを使わないことだと思う。
ひと手間加えれば、結構使える食材なのではないか、と。

《黄記日餐綜合調料批発商行》
南湖綜合市場調料35号

※市場左手の調味料ゾーンの後半付近。
小さな店なので、うなぎを置いていない日もあるかも。

+++

南湖綜合市場の様子。

091128_nanhu(3).jpg 


全北京で最も甘いみかん

いやいや、強気でんなー・・・と思ったら・・・

091128_nanhu(2).jpg 

全宇宙で最も甘いみかん

甘いのはわかったから・・・

つか、ここまで言われると「本当に甘いの~?!」と疑いたくなる。

ちなみに、「全北京」と「全宇宙」は同じお店。

(みかんは買わなかったけど、リンゴを購入。リンゴは美味しかった。)

091128_nanhu(5).jpg
焼き芋屋

何が画期的って、量り売りのイモに値札が付いていること。
普通は、手にとってから量ってもらうのだけど、これだと手に取った後すぐに買えるので、量る時間を待たなくて良い。
焼き芋屋って意外と混んでて、量ってもらう時間、待つんだよね。

091128_nanhu(6).jpg
北京の焼き芋は中がそのままスイートポテト状態で、旨い!

091128_nanhu(4).jpg
クリスマスグッズ屋

シャビーではあるけれど、こんな場所にもクリスマスの波が・・・。

クリスマスグッズ市場と言えば、女人街かな。
特設店舗がたくさん並んで、大賑わい。

@@@

091128_nanhu(7).jpg
友人が誕生日プレゼント物資として送ってくれた食材。

チャーハンの素、パスタソース、全て切れかかっていたので、ジャストタイミング!
かゆい所に手が届くセレクトに感激!

日本の季節限定お菓子って進化してるのねー。あぁ、美味しい・・・。
パッケージも工夫されていて、ホント、日本の製品って芸が細かいね。

誕生日は10月ですが、何か?

+++

今日の《週刊中国的生活》は何位かな?
クリックしていただけると、ランキングが見られます!

tag_green.gif  

+++ 
 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++  

 

[PR] 中国語留学のサポートなら

シナモンロールとベーグルを作った/北京の小麦粉事情 

相棒の帰りが遅いので、ウチは夕食は結構遅め(PM9時~10時)なのだが、昨夜は6時半ごろ仕事を終えて帰ってきたため、7時には夕食となった。

ということで、7時半ごろには食べ終わった。

早っ。

・・・となると、何か甘いものが食べたくなった。
ところが、我が家には甘いものの買い置きが、無い。

時間は(ウチ的には)まだ早い。

ってことで、前々から気になっていたヤミ―さんレシピのシナモンロールを作ってみた。
これ、フライパンで作れるっていうのが面倒くさく無くて嬉しい。
(炊飯器でも作れるらしい)

レシピと作り方はこちらから→フライパンで!ふんわりやわらか~いシナモンロール。

091030_pan (2) 
生地をこねて、板状に延ばして、
シナモン&砂糖&バターを混ぜたものを塗って、くるくる巻いて
切ってフライパンに並べた状態。

091030_pan (3)
シナモンシュガーが溶けて、焦げてしまった!
ところで、上にかけている白いやつ、「グレーズ」とか「アイシング」
って言ってるけど、この2つは同じもの?
厳密に言うと、違いがある?

所要時間は、生地を寝かす60分含めて90分程度。
実際に手を動かしている時間は30分ぐらい、と相変わらず簡単デス。

お味の方は・・・旨いっ!
シナモンたっぷり、甘さたっぷりのシナモンロール~~~!
出来たてはアツアツで、これも旨い。

シナモンロールと言えば、お台場で良く「シナボン」食べたけど、あれ、大きいので1個500円ぐらいしていなかったっけ?
アツアツフワフワで美味しかったけど、でも高いなぁ~って思ってた。
2人だったら1000円だもんね。
(今、「シナボン」で検索してみたら、今年2月で日本撤退していたのね・・・あれも一時のブームだったのか。)

今回のは、「シナボン」よりは生地は固めだけど、粉の分量や発酵のさせ方、そして今回はフライパンで焼いたけどちゃんとオーブンで焼けば柔らかめもできると思う。

シナモンロールは初めてだったので、こうやって作るのね、というのがわかったので、良かった。

9時ごろ出来上がって、アツアツがこれまた旨かったので、2人でバクバク食べますた。
6個できたけど、5個食べちゃったよ。
デブの素だな。

+++

シナモンロールを作っていたら、ベーグルも食べたくなり、翌朝(厳密には昼だけど)はベーグルを作ってみた。

去年は良くパンを作っていたけど、パンって作り始めると意外と簡単。
パンも凝りだすときりが無い分野だけど、素人的に自分用に作るだけだと、粉をこねて→1次発酵→成形→2次発酵→焼く、このバリエーションで、雑穀入れたり、ドライフルーツ入れたりでいろいろ出来るから、楽しい。
わたしはフワフワパンではなくて、どちらかといとどっしり、モッチリ系、ハード系が好きなのだけど、北京ではあまりそういうパンは売っていない上、売っていても高いので、作ってしまった方が安くてたくさん食べられる♪

ヤミ―さんのレシピ本だと、パン部門の人気1位は発酵なしベーグルなので、これを作ってみたかったのだ。

レシピと作り方はこちらから→出来ちゃった!発酵なしで、もちもちベーグル。

091030_pan (5) 
モッチリ・ドッシリ系のベーグル!
焼きたては旨い!
粉状態から「いただきまーす☆」まで30分!
ヤミ―さんレシピはオーブンを使わないのも人気の理由。

091030_pan.jpg 
小麦粉がむっちり☆
ベーグルにはクリームチーズだよね☆
ドリンクには雲南紅茶の滇紅を淹れてみた。

粉は日本から持ってきていた北海道産「はるゆたか」を使用。
粉の味がしっかりとしていて、これも美味しかった理由かな。

「あ~・・・美味しい!」

と、心から思って、じっくりと噛みしめながら食べた。

北京のスーパーで売っている中国製の粉で生地を作ると、餃子っぽい味になっちゃうんだよね。
小麦粉文化圏と言っているけれど、市販されている小麦粉の種類はとても少ない。
というか、全部餃子用など用途別にブレンドされていて、小麦粉そのものがなかなか手に入らない。
なので、マントウとか餃子など中華粉物を作るときには困らないけど、他のものを作りたいとき、“ただの粉”が無いのでとても不便なのだ。
(一見たくさん並んでいるように見えるが、「カルシウム強化型餃子粉」とか「棗入りマントウ粉」とかのバリエーションが多い)

ジェニー・ルーなどの欧米人御用達スーパーに行けばパン用の粉=強力粉が入手できるのだけど、これもまた独特の味がするんだよね。

弟の奥さんが小麦粉関係の仕事をしていたこともあり、小麦粉にとても詳しいのだけど、やはり小麦粉は種類がとても多く、国が違うと性質も全然違うらしい。同じ分量で作っても、粉が違うと全く違う味や食感になってしまうのだとか。

わたしは日本で育っているので、やはり一番“くせが無い”と思えるのは、日本で最もポピュラーな日清の小麦粉。
美味しいと思うのは、前述の「はるゆたか」などのちょっと高めの小麦粉だけど、北京では日清のが手に入れば十分だと思っている。
欧米系のは粉の味がまた違って、不味いというのじゃないけど、独特な気がする。

手に入りやすい順番から言うと、

中国系>欧米系>日系

*用途*
中国系・・・マントウ、パオズ、餃子など。
欧米系・・・強力粉が多いので、パンなど。
日系・・・天麩羅、ケーキなどスイーツ系。

過去の小麦粉に関するエントリーより;新光天地デパ地下/巨大棗/ドライトマト 

英語では「Bread flour」が強力粉(タンパク質含有量11.5~12.5%)、「All purpos flour」が中力粉(同じく8~9%)、「Cake and Pastry flour」が薄力粉(同じく6.5~8%)に相当するらしい。しかしながら、「Bread flour」と「All purpos flour」は良く見かけるが、「Cake and Pastry flour」は見たことが無い。お菓子系でよく見かけるのは、「チョコレートケーキミックス」など既に用途別にブレンドされたタイプだ。(わたしが見逃しているだけかもしれないけど)

一方、日本ではレシピにただ「小麦粉」と書いてあれば、それは「薄力粉」を指す。
天麩羅などに使うのは薄力粉だし、一般家庭にある小麦粉は薄力粉だろう。
・・・という状況を考えると、日本では薄力粉が一般的だけど、中国や欧米(←大きい括りだけど)では強力粉が一般的、ってことなのかな?

今度、弟の奥さんに聞いてみよう。

+++

ヤミ―さんの料理本。

全部3ステップ!早くできるのが嬉しい。
台湾でも翻訳バージョンが発売されたらしい。
大陸にも来るかな?


+++

今日の《週刊中国的生活》は何位かな?
クリックしていただけると、ランキングが見られます!

tag_green.gif  

+++ 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++  



 

 

 

 

 


 


 

 

 

[PR] 中国語留学のサポートなら

ダシダでお粥&吉野家の牛丼を再現@北京 

わたしは朝起きてすぐに岩茶を飲むと身体がビッとするのだが、一方、相棒はそのままキッチンに直行し、プゴクを作って飲んでいる。
普段、全く料理をしない相棒が、唯一自主的に作るのがプゴクだ。
よっぽど二日酔いに効くらしい。

過去のプゴク関連エントリー;5分でできる!韓流お肌ぷるぷるスープ! 

わたしも出来上がったプゴクを貰い、そこにご飯を入れて雑炊風にして食べていたところ、ふと思った。

「お粥にしたらいいジャン☆」

そこで、炊飯器で前の晩にプゴク粥を仕込み、翌日の朝ご飯に。

091026_pugoku(5).jpg 

これがなかなかグッド。

お腹が温まるし、朝は胃が重たくて食欲が無いわたしでも食べられる。
相棒も内臓に効くのか、これがあると必ず食べている。

以下、作り方とも言えないような作り方。

091026_pugoku(2).jpg 
1.炊飯器に米と水を入れ、そこにプゴクを入れる。
ウチの場合、米半合に水はお粥の規定量(米の約5倍)、そこにプゴクを大さじ1杯。

091026_pugoku(3).jpg 
2.干し鱈も入れる。適量。
わたしはこれぐらい(裂いてあるもので2本程度)。
あとは、お粥タイマーを入れるだけ。

091026_pugoku(4).jpg
翌朝にはプゴク粥が待っている!

+++

忙しい朝はたった5分でも惜しい。

これから寒くなる朝、お粥は胃が温まります♪

+++

「プゴク」で作り方の検索をかけると、意外とヒットするのが「吉野家の味の牛丼」。

プゴクを使うと、吉野家の牛丼の味が再現できるらしい。

で、作ってみた。

作り方はクックパッド参照。

Cpicon 吉野家の牛丼を完全舌コピー 4/15改訂 by 順のダンナ

091026_pugoku(1).jpg 

いや~、まぢで吉野家の味!

作っている段階ではプゴクの香りがしていたのだけど、出来上がったものを食べるとプゴクの味は感じられない。
吉野家の吉野家たるゆえんは、牛肉を調味するときに、牛肉調味料を入れているというのがポイント、ということだろう。

ダシダを使うと吉野家の味、というのは有名みたいだけど、最初に発見した人、誰だろう。
結構大きな発見だと思う。

我が家もダシダで久しぶりに吉野家を堪能した。
食べながら、「吉野家~!」と言って、何故か笑ってしまう。
何故だろう。


※北京だと、 「ダシダ」は京客隆やカルフールなど普通のスーパーでも売っています。(京客隆よりもカルフールのほうが若干安かった!一番小さいパックで6元程度。)
干し鱈は南湖綜合市場で売ってます。
*南湖綜合市場 関連エントリー;美味しいお米を求めて@北京 

+++

今日の《週刊中国的生活》は何位かな?
クリックしていただけると、ランキングが見られます!

tag_green.gif  

+++ 
 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++ 
 
 

 

 

 

[PR] 中国語留学のサポートなら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。